離乳食や食事補助にも!料理を食べやすく小分けに切れる「カトラリーハサミ」の魅力

カトラリーはさみ

ベビー用フードカッターやヌードルカッター、離乳食ハサミなど、さまざまな名称で呼ばれている「お食事ハサミ」。
食事の際におかずを食べやすく小さく切れるため、子ども連れでの外食を楽にしてくれる便利グッズの一つでもあります。

……と言ってしまうと必要なシーンが限定されてしまいそうですが、離乳食ハサミは実は幼児期以降も必要になるケースも
それに、使い勝手の良いお食事ハサミは、歯の弱ったご高齢の方の食事補助や、ホームパーティーやアウトドアなどでの食事シーンなどにも重宝しますよ。

今回は、離乳食ハサミ選びの重要性とステンレス製の「カトラリーハサミ(EAトCO)」を使って気づいた、普通のキッチンバサミにはない「お食事ハサミ」としての魅力について詳しくご紹介します。

離乳食だけじゃない!「お食事ハサミ」が幼児期以降にも便利な理由

離乳食ハサミ
育児雑誌などに載っていて「あると便利そう」くらいの感覚で買った、離乳食ハサミ
どのくらい使うか分からないし……と、とりあえずプラスチック製の可愛いデザインのものを選びました。

離乳食の頃は具材自体を柔らかく調理しているので、プラスチック製でも十分使えます。
うどんやパスタを細かく切ったり、柔らかく煮た野菜などを一口サイズに切ったりくらいで、そもそも離乳食ハサミで切れないものを食べさせる機会なんてなかったです。

洗いやすさやデザインは気に入ってましたが、正直使い勝手に関しては「100均で買っても良かったかも」くらいに思っていました。

子どもがおかずを食べてくれない!?原因は「具材の大きさ」

幼児の食事
子どもの少し年齢が上がり、食事の内容が幼児食に切り替わって間もない頃のこと。
わが子は、保育園の給食はおかわりするほどよく食べるのに、家では常に小食でした。

特に、ご飯や野菜、豆腐などはよく食べるけど、肉は全く食べてくれないなどの偏食に悩んでいました。

ちょうどそのとき、保育園の行事で親子で一緒に給食を食べる機会がありました。とても驚いたのが、給食の「具材の細かさ」

家でも一口サイズになるように気をつけていたつもりでしたが、給食のおかずは想像以上の細かさで、子どもの半口サイズよりも小さく刻まれていました。

保育士さんに聞いた食事の工夫

保育士さんによると、例えば薄切り肉の場合、繊維を断ち切るように1~2cmの細切りにされているそう。

食べやすく切ってあげると、きっと家でも食べてくれますよ。もう少し大きくなって3~5歳くらいに乳歯が生えそろってきても、やっぱりおかずの固さや大きさには気を配ってあげてくださいね

との話でした。

家での調理が原因で食べれなかったのかと、すごく反省しました。

子連れでの外食は予想以上にハードルがいっぱい

お子さまランチ
それからは、家では具材の大きさや固さに気をつけるようになったのですが、そうもいかないのが外での食事。
大人のおかずを取り分ける時はもちろんですが、お子様ランチなどでもやっぱり幼児が食べるには大きめのサイズのものが多いように感じます。

というわけで「離乳食ハサミ」を持ち歩いてみたものの、離乳食メニューとは違って普通のおかずはなかなかお箸やプラスチック製のハサミでは切れないことが多かったです。

幼児向け食器は小さく深みがあるので切り分けしにくい

家で使っている幼児向けの食器もそうなのですが、お店で出してもらう食器も小さくて深さがあるものが多いです。

実際この構造だと子どもが食べる時にはこぼれにくくて良いなと思うのですが、その食器の中でナイフなどで具材を切り分けようとすると、意外と大変!
ハサミの方が深みのある皿の場合は使い勝手がいいなと思います。

あとは「切れ味」さえ良ければ、離乳食ハサミがこういうシーンでもかなり重宝するはず……!

EAトCOのカトラリーハサミは切れ味抜群!外出時にも大活躍

EAトCOのカトラリーハサミ
今回、ステンレス製のお食事ハサミである「カトラリーハサミ (EAトCO)」を使う機会をいただいたので、さっそく普段の食事シーンでの使い勝手を検証してみたいと思います!

ちなみに。
『EAトCO』というのは、知る人ぞ知るステンレス製キッチンツールの人気ブランドの名前。
金属加工品で有名な地域で作られているだけあってどれも品質が素晴らしく、細やかなところまで使い勝手に配慮された優秀なキッチンツールが色々あります。

・・・となると「カトラリーハサミ」にも、かなりの期待感が!?

「カトラリーハサミ」を実際に使ってみて、特に気に入っているのは下記の5つのポイントです。

カトラリーハサミの5つの魅力
  • 特殊なカーブで使いやすい
  • 切れ味抜群!食べやすく切り分けられる
  • 落ち着きのあるデザイン
  • 持ち運びやすい
  • 分解して洗える
おしゃれ×便利なキッチンツール「EAトCO(イイトコ)」の秘密とおすすめアイテム

小さいけど手になじむ!切りやすさの秘密は特殊なカーブ

キッチンバサミとの比較
キッチンバサミと比べると、かなりの小ささ。
でも、一般的な離乳食ハサミに比べると十分なサイズで持ちやすいです。

私はわりと女性の平均的なサイズより手が大きめ。普段から小さいハサミは扱いにくいなと思っているのですが、これは大丈夫です。
夫にも使ってもらいましたが、問題なく使えました。

編集部Uchida

なお、切れ味が素晴らしすぎるため、小さな子どもの手には触れさせないようにしています。

特殊なカーブがあるから、深みのある器でも使いやすい

横から見ると分かりやすいのですが、「カトラリーハサミ」は持ち手の部分が真っすぐではなく少し角度をもたせた形状になっています。

この特殊な形状のおかげで、器の中の料理も楽に切ることができます。
試しに、普段から「切り分けしにくい」と思っていた幼児用の食器の中で使ってみました。

カトラリーハサミはミニトマトもスパッと切れます
▲深くて小さな仕切りのあるお子様用ワンプレート皿でもハサミなら便利

 
↑こんな感じで、ストレスなく切れます。

ミニトマトのようなつるつるした丸みのあるものって、他の食材より切りにくいイメージありますよね。
カトラリーハサミの刃
この「カトラリーハサミ」は、ギザギザが付いた刃なので滑りやすいものはもちろん、固い食材から柔らかい食材までスムーズにカットすることができます。

テーブルに置いても雰囲気を壊さない落ち着きのあるデザイン

子どもが食べやすいようにとは思いつつ、せっかく調理して下さったお料理を刻むとなると少し気が引けることもあります(※一応、ファミレスなど子供連れがメインの客層のカジュアルなお店での使用を想定しています)

「お食事ハサミ」には色々なデザインがありますが、お店などで卓上に置きたい場合にはちょっと悪目立ちしてしまうことも……。

「カトラリーハサミ」はハサミ本体もケースも、とてもシンプルなデザインなので卓上に出していても雰囲気を壊しません。
スタイリッシュなカトラリーハサミ
そっとさりげなくテーブルの端に置いていた時は、私物と気づかずに同席していた人から「あれ?それ便利そう。このお店、気が利くね」と言われたほどです。

持ち運びやすい

ケース付きのカトラリーハサミ
お食事ハサミにはあってキッチンバサミには無い、魅力の一つ「持ち運びやすさ」。
「カトラリーハサミ」は、安全に持ち歩けるケース付きなので、外出時にも便利です。

使用後はサッと紙ナプキンなどでぬぐってケースに入れれば、そのまま鞄にしまえます。
(油分などは取りきれないと思うので、後で忘れずになるべく早く洗いましょう)
プラスチック製なので、ケース自体が汚れに強いのも嬉しいポイント。

とても小さく軽いので、ほとんど荷物になりません。
ハンドバッグ一つでお出かけしたい場合でも気軽に持っていけますよ。

分解して洗えるので、とても清潔

継ぎ目のないカトラリーハサミ
キッチンバサミやお食事ハサミなどの分解できないタイプって、継ぎ目の重なった刃の部分が綺麗に洗えなかったりしますよね。
この「カトラリーハサミ」は分解できる構造なので、細かい部分までスッキリと洗えます。

水気も拭き取りやすいので、錆びにくそうなのもポイントが高いです!
錆の目立つキッチンバサミ
↑は普段から愛用しているキッチンバサミ。
デザインと切れ味が気に入って買ったのですが、よく見ると持ち手(ハンドル)部分と真ん中の接合部分に錆が目立ちます。
しっかりと水気を拭き取っているつもりでも、別の素材と組み合わさっているデザインのものは、こんなふうに錆びやすいというデメリットがあるんですよね……。

包丁やハサミは、なるべく継ぎ目がないデザインで分解して洗えるタイプの方が、清潔に長く使えるなと思います。

食べやすく切り分けられ、ストレスなく食事を楽しめる

「カトラリーハサミ」は、どんな料理でも上手く切り分けられるので、本当にストレスなく食事を楽しめます。
いくつか便利に使えるシーンをご紹介します。

たとえば・・・


回転寿司回転ずし

子ども向けのメニューによくある、ツナやコーン、ハンバーグなどの軍艦。

でも、あの海苔の切りにくさときたら……! 
このハサミだと、お寿司を崩さずにスパッと切ってくれました。

巻き寿司細い巻きずしをハサミで切る

スーパーなどに売っている細い巻き寿司。これも、スパッと。

ハサミ自体にご飯粒がついてないことにもびっくりでした。


BBQBBQ

キッチンバサミより小ぶりなので、熱いBBQコンロの上で直接お肉を切るなどの用途には向いてませんが、小さいからこそ何かと重宝するシーンも。

野菜などの下ごしらえも、ハサミが一つあれば包丁とまな板を使うより手早く調理できますし、洗い物も減らせます。
お皿の上でもサッと食べやすい大きさに切れるので、子どもと一緒にBBQをされる方には特におすすめですよ。


ステーキステーキをハサミで切る
ステンレス製のお食事ばさみを使っているよーという話をママ友さんにしたときに聞かれたのは「それって、ステーキ肉でも切れるの?」という質問。

キッチンバサミより小ぶりなので、やっぱり気になりますよね。

「切れ味いいから、大丈夫だよ」と言いつつ、私自身も厚切りのお肉なんて本当にハサミで切れるの?とドキドキしながら使ってみました。
が、本当に気持ちよいほどの切れ味でした!


カニカニ鍋
下ごしらえで、さばくときに使ってみました。
食べやすいように切り込みを入れるときにも便利です。

自分で調理しない場合も、卓上に一つハサミを置いておくだけで「からをうまく剥けない」という人も一緒にストレスなく食べられそうですね。
特に卓上で使う場合は、キッチンバサミより小型で扱いやすいのもポイントです。


皮付きのイカイカの煮つけ
煮物とかだと皮付きのまま調理されることもある、イカ。

イカの皮を喉に詰まらせたことがある人なら分かっていただけるかと思うのですが、本当あれは辛いです!
よくかめば大丈夫だとは思うのですが……それでも、子どもやご高齢の方は特に気をつけてあげてくださいね。

皮をむくのが苦手という方は、食べるときに細かく切ってしまうのも一つの手ですよ。

おわりに

カトラリーハサミ
卓上で食べやすい大きさにおかずの具材を切り分ける「お食事ハサミ」。
これから買われる方は是非、長く使えるステンレス製のしっかりしたものを選んで頂きたいと思います。

「カトラリーハサミ」はケースもおしゃれなので、プレゼントなどにもおすすめですよ♪

ハサミは、昔は「縁を切る」のイメージがあって贈り物にするには敬遠されてきたのですが、最近では「未来を切り開く」というプラスのイメージで捉えられることが多いです。
贈るときにそういったメッセージを添えてあげると、より喜んでもらえそうですね。
 
▼ご紹介したアイテム

おしゃれ×便利なキッチンツール「EAトCO(イイトコ)」の秘密とおすすめアイテム 美味しい卵かけご飯を作ろう!白身が苦手な人におすすめの卵専用マドラーとは?