在宅でも快適に!テレワークに最適な昇降テーブルの選び方とおすすめアイテム

テレワークをし始めたことによって、長時間座りっぱなしになっていませんか?

これまでは通勤やオフィス内・外での打ち合わせなど、意外と席を立つことも多かったように思います。
移動時間という負担が減ったことにより、快適になったかと思えば、首肩腰が凝るようになったり、集中力が続かなかったり…体の調子が変になってしまったという声も聞きます。

事実、「座り続ける」というのは疲労蓄積や血行不良など、昔から体に良くないとされています。
適度にストレッチを取るのも効果的ですが、テレワークを快適にするためにもテーブルを変えてみてはいかがでしょうか

今回は、テレワークにオススメの昇降テーブルをご紹介いたします。

テレワークに最適なデスク環境にするために気を付けること

テレワークに最適なデスク環境に必要するために必要なことは、「ある程度の大きさのデスク」「余計なものを置かない」の2つです。

 テレワークに最適なデスクのサイズ

テレワークに最適なデスクのサイズ
オフィスで使われるデスクは横幅120cm・奥行き70cm前後が多く、自宅に置くには思ったよりも大きいと感じるかもしれません。

しかし、オフィスに取り入れられるだけあって、パソコン、ノート、資料などを広げても十分な大きさで、快適に仕事をするのに必要な面積の基準がこちらになるのです。

 テレワークに最適なデスク周り

また、なるべくオフィスと環境を近づけるというのも集中力を高める上で大切なことです。
したがって、2つ目の「余計なものを置かない」ことも重要なのです。

テレビや本など、自宅には誘惑が多く、近くにあるとつい目移りしてしまうでしょう。
仕事をする時だけでも、テーブル上は綺麗に片付けると集中してテレワークに挑めるようになります。
壁に向かってテーブルを配置する
ちなみに、テーブルを配置する際は、可能な限り壁面に向かって設置するのがオススメです。
壁が前にあることで、視界に余計なものが入らないようになります。
どうしても難しい場合は、布やパーテーションで簡単に視界を仕切るだけでも随分と変わるでしょう。


テレワークにおけるお部屋の環境作りについては、こちらの記事で詳しく解説していますので、併せてご覧ください。
テレワークがはかどる部屋とは?オン・オフを切り替えて快適な在宅勤務を

テレワークで昇降テーブルを使うメリット

テレワークで昇降テーブルを使う大きなメリットは、「立って仕事ができるようになる」ということ。

冒頭でお伝えしたように、座りっぱなしというのは健康に悪いとされています。
かといって、立ちっぱなしで仕事というのもまた辛いもの。

適度に座り、適度に立つ
そんな人目が気になるオフィスでは難しかった自由な仕事スタイルを確立できるのが、テレワークで昇降テーブルを使う最大のメリットです。

自宅のイスに合わせて高さが変えられる

自宅のイスに合わせて高さが変えられる昇降テーブル
種類にもよりますが、昇降テーブルは手軽に細かい高さ調整ができるのが魅力です。

お家のあらゆるイスに合わせて、時には立ちながら、自分が楽だと感じる高さに設定して仕事が出来ます。
こういった新しい仕事の進め方で、体だけでなく精神も健康になりますね。

テレワークに最適な椅子について見る
在宅勤務の効率UP!最適な椅子を選ぶポイントと快適テレワークのアドバイス

気分転換できて集中力がアップする

立って仕事をする
また、立って仕事をすることは気分転換にもなり、集中力が増すと言われています。
昇降テーブルを使って立ちながら仕事をすることで、ダラダラせずに効率よく業務をこなせるようになるでしょう。

さらに、デザイナーや物書きなどクリエイティブな仕事をする人は、立ったり歩いている時に思わぬアイデアが浮かぶことが多いそうです。

今までやったことがなかった人も、初めて立ちながら仕事をしてみることで、新たなアイデアや仕事の可能性が見えてくるかもしれません。

¥20,240 (2021/10/18 21:55:52時点 楽天市場調べ-詳細)

テレワークの天敵「眠気」を感じにくくなる

テレワークの天敵「眠気」
座って仕事をしている時に集中力が切れたり眠気が訪れた時に、立って仕事をするスタイルに変えられるのもメリットでしょう。

立って仕事をするスタイルは適度に体が動くことにより、血行が巡り眠気も感じにくくなるようです。

ただでさえリラックスできる自宅で、周りに同僚も上司もいないテレワークでの最大の障害は眠気かもしれません。
コーヒーを飲んだり顔を洗ってみても、眠気というのはなかなか消えませんよね。

そのような時に立って仕事をするスタイルに変えてみることで、眠いけど立って居るから眠れない、という状況が作り出せます。


立って仕事をするのは、こんなにもメリットが豊富。

テレワークを始めてから「集中できない」、「体が痛い」とお悩みの方はぜひ昇降テーブルを取り入れてみましょう!

テレワークに最適な昇降テーブルを選ぶときのポイント

昇降テーブルにはいくつかの種類がありますが、ここではテレワークをするときに最適な昇降テーブルを選ぶポイントを解説します。

ご自宅の広さや予算、テレワークの頻度と考慮して最適なテーブルを選びましょう。

昇降テーブル選びのポイント【1】テーブルサイズ

テレワークにおすすめのテーブルサイズ
オフィス環境に近づける・仕事のしやすさという観点から、最低でも横幅100cm・奥行き70cm以上は欲しいところ

もし、「部屋が狭くてそれは大きすぎる」という方は、仕事用のデスクを新調するのではなく、ダイニングテーブルや作業台、調理台や飾り棚といったマルチに使うテーブルとして導入を考えてみてはいかがでしょうか。

小さいテーブルや棚を複数個置くよりも、大き目のテーブルを1つ用意し、あとは使用用途によって高さを調整すればOK。
昇降テーブルならではの使い方なのでオススメです。

昇降テーブル選びのポイント【2】昇降方式

昇降テーブルの高さ調整方法は、主に以下の3つに分類されます。

昇降テーブルの高さ調整方法
  • 手動式
  • ガス圧式
  • 電動式

■手動式

手動式のリフティングテーブル
1つ目は、手で高さを調整する手動式。
手動式昇降テーブルはデザインにもよりますが、だいたい2万円台から販売されています。

ストッパーを差し込んで足の高さを調整させるタイプと、ハンドルレバーを回転させることで任意の高さに調整させるタイプがあります。

ストッパータイプは昇降テーブルの中でもっとも値段が安い傾向のため、とりあえずの一時しのぎで費用を安く抑えたい方向けです。
それよりも長く使うけれど、昇降テーブルがどのようなものか体験したい方は回転タイプを選ぶと良いでしょう。

要チェックポイント
回転タイプの場合、ハンドルレバーが収納できるタイプかの確認は必須
収納出来ないと設置場所が限られたり、ハンドルが邪魔で煩わしい思いをすることになってしまいます。

■ガス圧式

ガス圧式のリフティングテーブル
2つ目はガス圧で調整するタイプ。安いものなら2万円台から4万円程度が相場です。

オフィスチェアなどと同じ要領で、レバーを引くことで高さを自由に調整できます。
手動式よりは値が張りますが、その分高さの調整はずっと楽です。

テレワークの期間が伸びるほど、手動での高さ調整が億劫おっくうになってしまう可能性がありますので、自宅での仕事時間が多い方はガス圧式を選びましょう。

¥49,800 (2021/10/18 21:55:52時点 楽天市場調べ-詳細)

■電動式

そして3つ目は電動式です。
その名の通り、コントローラーを使って電動で高さ調整が可能です。

昇降テーブルの中ではもっとも値段が高い傾向があり、4万円程度から販売されています。
重量もあり、電源が必要になりますので色々な場所で使いたいという方には向かないでしょう。
ただし、種類によっては足にローラーが付いているタイプもあります。

高さの段階がないため細かく任意の高さを選べること、そして何より労力をかけずに調整できることがメリットです。
このメリットは大変大きく、せっかくの昇降テーブルなのに高さ調整が面倒という理由から、その機能を使わなくなる心配がありません。

頻繁に高さを調整する予定の方は電動式を選ぶと、作業が楽になりより仕事に集中できます。

■卓上タイプも

リフトアップする小さなテーブル
以上の3種類のほかに、卓上タイプというものがあります。
これは、リフトアップする小さなテーブルを他のテーブルの上に設置して使います。

他のテーブルの高さをカサ増しするイメージですので、本や箱などで代用可能ですが、しっかりと作られたテーブルのため代用品とは使用感が圧倒的に違います。

今自宅にあるテーブルを利用したい、費用を最小限に抑えたい、といった方は検討してみてはいかがでしょうか。

また、昇降テーブルに好みのデザインがなく部屋の雰囲気が壊れてしまうという方も、卓上タイプならば使わないときは畳んで仕舞っておけるのでオススメです。

テレワークにおすすめの昇降テーブル8選

最後に、テレワークにオススメの昇降テーブルをいくつかご紹介します。
先ほど解説した全タイプをご紹介しますので、ご自身の環境や予算に合ったアイテムを選びましょう。

【手動式】高さ調整が楽にできる昇降テーブル

シンプルながらしっかりした作りものをお探しの方には、サンワダイレクトの昇降テーブルがおすすめです。

オフィス製品に強いメーカーのもののため、作りもしっかりとしています。
ハンドル1回転あたりの昇降幅が多いため、グルグルと何度も回さずとも楽に高さ調整が可能です。

¥29,800 (2021/10/18 21:55:53時点 楽天市場調べ-詳細)

【手動式】天板の広さも変えられる昇降テーブル

天板の広さも変えられる昇降テーブル
デザイン性の高いものをお探しの方は、こちらの昇降テーブルはいかがでしょうか。
インテリアに人気の3色の天板があるため、お部屋に馴染むものを選べます。

このテーブルの魅力は、高さの調整だけでなく、天板の大きさが2パターンに変形することにあります。
一人で作業したいときはデスクサイズのまま、友人などを招いた際には広げてダイニングテーブルとし活用可能。

また、キャスター付きのためお部屋の中の移動も容易です。
テーブル一台で仕事も食事も全て完結させたい方は、多少値が張ってもこちらを選べば間違いありません。

【ガス圧式】幅広タイプの昇降テーブル

こちらは幅140cmの広々サイズ。仕事で使うものが多い方やゆったり作業したい方にオススメです。

レバーを引くだけで高さ調整が可能です。
乱雑になりがちなコード類を通してまとめられる穴や移動できるキャスター、天板にお腹が当たる部分がゆるく湾曲していたりと嬉しい機能が豊富で、まさにテレワーク向けの昇降テーブルです。

テーブルを置くスペースが十分にあり、どれにしようか迷っている方はこちらを選べば間違いなし!

【ガス圧式】ダイニングテーブルとしても使える

天板の大きさを変えられる昇降テーブ
デスク以外にもダイニングとして活用したい方は、こちらのガス圧式昇降テーブルがベスト。

手動式でご紹介したタイプと同じく、こちらも高さだけでなく天板の大きさを変えられます。
長方形の状態から広げると半円・円形と形が変わるため、壁沿いやお部屋の真ん中など、どこに置いても素敵なテーブルです。

¥50,800 (2021/10/19 01:53:20時点 楽天市場調べ-詳細)

【電動式】ダイニングテーブルとしても使える

オフィスで使い勝手の良い家具を厳選して販売しているGOLDSPACEの電動昇降テーブル。
サイズやカラー展開が豊富でどんなお部屋にも合わせやすいのが嬉しいですね。

そして1番の魅力がポジションボタンという機能。なんと高さを4つまで登録出来るんです!

自分好みの高さがを登録しておけば、ボタン1つで自動で高さ調整してくれるため、貴重な時間の節約が可能に。

その他にも、自動で電源オフにしてくれる省エネ機能、配線用ホールおよび収納トレーなどなど、嬉しい機能が盛りだくさん。

テレワーク頻度が高い方はぜひ、こちらの昇降テーブルがオススメです。

【電動式】家具をニトリで揃えている人にもおすすめ

もう1点は、ニトリの電動昇降テーブルです。

シンプルなデザインに一目でわかりやすい機能でテレワークにピッタリ。
ニトリという大手家具メーカーの製品という点も安心感がありますね。

ニトリ 電動昇降デスク(マーフィー2 120)

【電動式】費用を抑えたい人におすすめ

少しでも費用を抑えたい!という方にはタンスのゲンの製品も良いですね。

4万円程で3つの高さを登録できる機能付き。
ダブルモーターのため調整時の振動音も気になりません。

【卓上タイプ】どこにでも持ち運んで使える

最後に、卓上タイプの昇降テーブルもご紹介。
卓上タイプを選んだ方は、コストを抑えたい、場所を取りたくないといった理由からでしょう。
そうであれば、FITUEYESのスタンディングデスクがオススメです。

卓上タイプの昇降テーブルとしての最低限の機能を全て取り入れたシンプルな製品です。
サイズはかなり小さめですが、ノートパソコンで少し作業するには十分。

また、スマートフォンや文房具を入れておける収納も嬉しいですね。
折りたたみ時はかなりコンパクトになるので、移動も収納も簡単で便利なアイテムです。

FITUEYES スタンディングデスク

快適なテレワークのカギは昇降テーブル

寝室のリフティングテーブル
以上が、テレワークに便利な昇降テーブルの選び方、オススメの昇降テーブルでした。

立って仕事をするのは体の凝りも血行も改善され、集中力も高まります。
テレワークが思ったよりも長引いたり、これから本格的に始まるという方は、ぜひ昇降テーブルを取り入れてみてはいかがでしょうか。

やはりオススメは手間いらずの電動昇降テーブルですが、予算とテレワークの頻度と相談し、3種類の中からピッタリのタイプを探してみてくださいね。

自宅家具を自由に使えるというテレワークならではの魅力を最大限に活かしましょう!

ノートパソコン台正しい姿勢で作業効率UP!「ノートパソコンスタンド」の選び方とおすすめ8選 在宅勤務の効率UP!最適な椅子を選ぶポイントと快適テレワークのアドバイス