お部屋を北欧風にコーディネート!「北欧インテリア」の特徴&基本を解説

アースカラーでまとめる北欧風インテリア

家の中にいながら自然の温もりを感じられる、北欧インテリア。
大胆な北欧テイストのテキスタイル1布製品における生地や柄を指す。やビビットカラーの使い方がおしゃれで憧れますよね。

けれど「そもそも、どんなテイストを指すのだろう」「実際に部屋に取り入れるのは何だか難しそう」という人も多いはず。

そこで今回は、北欧インテリアの具体的な特徴や、実際に取り入れるときのポイントをテイスト別に詳しくご紹介します。

コツさえ押さえれば理想のお部屋が手に入るので、ぜひチェックしてみてくださいね。

北欧インテリアの特色

北欧の風景
インテリアジャンルでいう「北欧」とは一般的に、スカンジナビア諸国であるスウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマークの4か国を指します。
どの国も森や湖など自然に恵まれており、冬が長いことが大きな特徴です。

そのため家の中で家族といかに快適に過ごせるかが重視されており、その考え方はインテリアにも色濃く反映されています。
北欧スタイルの部屋

たとえば室内でも自然の温もりを感じられるよう無垢材の家具をメインに取り入れたり、色鮮やかなテキスタイルをポイントにしたりするなど、明るい気分で過ごせるよう考えられているのです。

北欧インテリアに欠かせない5つのポイント

明るい北欧のイメージ

お部屋を北欧テイストに仕上げるためには、具体的に何を意識すれば良いのでしょうか?
ポイントは5つあります。

  1. メインカラーはホワイトを選ぶ
  2. 木製の家具を選ぶ
  3. テキスタイルを取り入れる
  4. 照明選びにもこだわる
  5. 対照的な素材を取り入れる

コツを押さえれば手軽に取り入れられるので、できそうなところからトライしてみてくださいね。

北欧インテリアのポイント【1】メインカラーはホワイトを選ぶ

ホワイトをメインにした北欧インテリア

インテリアのベースとなるカラーは、ホワイトがおすすめです。
床や壁、天井といった面積の広い部分に取り入れれば、部屋全体が明るい雰囲気に仕上がります。

また北欧インテリアに欠かせないテキスタイルの色や柄も引き立ちますよ。

北欧インテリアのポイント【2】木製の家具を選ぶ

北欧風の無垢材の家具

北欧インテリアでは木製家具をメインに取り入れるのが基本です。
家にいながら自然の温もりを感じることができます。

薄くスライスした木を重ね合わせた「プライウッド」や、落ち着いた印象の「ヴィンテージ」など種類豊富です。
木の色の濃さによって部屋全体の雰囲気が大きく変わるので、好みに合わせて選びましょう。

デザインは直線的な脚付きタイプがベスト。
ナチュラルな中にモダンな雰囲気が漂い、より北欧らしい雰囲気に仕上がります。

北欧インテリアのポイント【3】北欧テイストのテキスタイルを取り入れる

お部屋を北欧風に仕上げたいときに欠かせないのが、北欧テイストのテキスタイルをうまく取り入れること。

家の中でも自然を感じられるよう、植物や動物などのモチーフを選ぶのが定番です。
植物の柄のクッション
ファブリックパネルやクッションカバー、ブランケット、ランチョンマットといった小物なら、北欧インテリア初心者さんもトライしやすいでしょう。

コーディネートのポイントは、各テキスタイルのトーンを揃えること。
目が覚めるようなビビットカラーでまとめるのか、優しい印象のパステル調に統一するのかを先に決めておくと選びやすいですよ。

北欧インテリアのポイント【4】照明選びにもこだわる

北欧風の照明
家具や雑貨に比べて後回しになりがちな照明。
備え付けのものをチェンジするだけで部屋全体が北欧風に仕上がるので、ぜひこだわって欲しいアイテムです。

すぐに照明を取り替えるのが難しい場合は、光の色をオレンジにするだけでも北欧らしい温もりをプラスできます。

また北欧では、いくつかの照明を組み合わせるのが一般的。
部屋全体を明るく照らすのではなく、目的に応じて使い分けます。

食事をするときはペンダントライト、読書をするときはテーブルランプ、ソファでくつろぐときはフロアライトなど、必要な場所を照らせばOK。
空間に奥行きが生まれ、一気にインテリアがあか抜けます。

北欧インテリアのポイント【5】対照的な素材を取り入れる

対照的な素材を取り入れる

北欧インテリアをセンスアップさせるためには、対照的な特徴をもつ素材をミックスすると良いでしょう。

コットン・リネン・ウール・陶器など温もりを感じるアイテムと、スチール・ガラス・プラスチックなどスタイリッシュな雰囲気のアイテムを組み合わせるのです。

素材の質感を統一するよりもそれぞれの良さが引き立ち、おしゃれに仕上がります。

テイスト別に紹介!北欧風インテリアに仕上げるコツ

一口に「北欧風インテリア」いってもテイストはさまざま。
大きく分けて「ナチュラル」「モダン」「カラフル」の3種類があります。

ここからは、取り入れるときのポイントや北欧風インテリアに仕上げるコツを、テイスト別に詳しくご紹介します。

【ナチュラル】北欧風インテリアに仕上げるコツ

アースカラーでまとめる北欧風インテリア
ナチュラルな北欧風インテリアは日本の住宅にも取り入れやすいので、インテリア初心者さんにもおすすめ。

無垢材や天然木など木製の家具をメインに使用し、温もりを意識するのがポイントです。
照明や雑貨、収納グッズも自然素材のアイテムを選ぶと統一感がアップします。

とはいえ、シンプルなデザインばかりだとインテリアが単調になりがち。デザインに特徴があるペンダントライトをプラスすると、メリハリあるコーディネートが完成しますよ。
特徴的なデザインの北欧風ペンダントライト
小物や雑貨はベージュ、ブラウン、グリーンなどアースカラーでまとめると、柔らかい印象に仕上がります。
ファブリックも森や草花、動物など自然を連想するモチーフがおすすめです。

インテリアのアクセントに観葉植物を複数取り入れても良いでしょう。
北欧インテリアにはウンベラータやパキラ、オリーブなどが似合います。

グリーンのお手入れに自信がない場合はフェイクを選ぶのも一つの方法です。
丈夫な植物たちお部屋でグリーンを楽しもう♪観葉植物の育て方・おすすめの種類と便利グッズ

【モダン】北欧風インテリアに仕上げるコツ

北欧モダンのインテリア
スタイリッシュな雰囲気が好きなら、北欧モダンスタイルがぴったり。

木製の家具をメインに、ブラックやメタル、ステンレスなどの小物でアクセントをプラスします。
椅子の脚で黒を取り入れたり、シルバーの家電を選んだりしても良いでしょう。

一般的なモダンインテリアと異なる点は、温もりを感じるところ。
白と黒だけでまとめると強い印象になるので、適度にグレーの小物を取り入れるのがおすすめです。
観葉植物を配置してバランスを取るのも良いですね。
北欧モダンな部屋
より北欧らしく仕上げるなら、アクセントカラーを活用しましょう。
モノトーンでまとめたモダンインテリアにはグリーンやレッド、イエローといった鮮やかな色が似合います。

ファブリックは幾何学模様を選ぶと、洗練された雰囲気を演出できるでしょう。

【カラフル】北欧風インテリアに仕上げるコツ

カラフルな北欧インテリア
カラフルなテキスタイルをアクセントに使ったインテリアは、家にいながら楽しい気分になれるのが魅力です。

大胆な柄やビビットカラーを組み合わせたコーディネートは一見難しそうなイメージですが、コツを押さえれば大丈夫。

床や壁、家具はホワイトや木で統一し、クッションカバーやファブリックパネルなどの小物で柄を取り入れましょう。

テーマカラーを3色程度に絞ると異なるテキスタイルを組み合わせても、すっきりまとまります。
照明も遊び心のあるデザインを選んで、ポップに仕上げてくださいね。

取り入れるだけで北欧風に仕上がるアイテム4選

「北欧インテリアに憧れているけれど、今すぐ部屋全体をコーディネートし直すのは難しい」という人は少なくないのでは?

一つアイテムを取り入れるだけでも、北欧らしい雰囲気にチェンジすることは可能です。

ここからは、簡単に理想の空間を叶えるおすすめのアイテムを4つご紹介します。

お部屋を北欧っぽい雰囲気にするアイテム
  1. 温もりを感じる木のアイテム
  2. 眺めているだけで癒されるアニマル雑貨
  3. アクセントにぴったりなテキスタイルの小物
  4. 実用性もばっちりな天然素材のバスケット

【1】温もりを感じる木のアイテム

ヒンメリ
自然の温かみを感じる木製のアイテムは、北欧インテリアに欠かせないアイテムの一つ。

フィンランドの「ヒンメリ」は天井から吊るして楽しむ伝統的な飾りです。
麦わらのナチュラルな雰囲気は、どんなテイストのインテリアにも似合います。

場所を取らないので、部屋のスペースが限られている人にも最適。
陶器やガラスの雑貨のように、倒して割れることがないので、子供やペットがいるご家庭でも安心して飾ることができます。

【2】眺めているだけで癒されるアニマル雑貨

リサラーソンの置物
動物モチーフの雑貨も、北欧インテリアの定番アイテムです。

中でもおすすめは、スウェーデンのブランド「リサ・ラーソン」の陶器のオブジェ
丸みのあるフォルムと、あどけない表情は眺めているだけで心が和みます。

存在感があるので、単体で飾ってもアクセントになりますよ。

【3】アクセントにぴったりな北欧風テキスタイルの小物

テキスタイルの見本
北欧らしさを感じるテキスタイルの小物は、インテリアのアクセントに最適。
クッションカバーやティッシュカバー、ファブリックパネルなどで取り入れるのがおすすめです。

季節に合わせて、手軽に模様替えを楽しめるのも嬉しいですね。

ハンドメイドが得意な人は、お気に入りの生地を購入して手作りしても良いでしょう。

「ミシンを使って作るのは自信がない」という場合は、画像のようにペーパーナプキンをフォトフレームに入れるだけでも立派なインテリアアイテムに
お気に入りのテキスタイルを手軽に楽しんでくださいね。

【4】実用性もばっちりな天然素材のバスケット

北欧インテリアにおすすめのカゴ
天然素材のバスケットは、おしゃれな見た目だけでなく収納にも使えて便利なアイテム。

床やソファに散らかりやすい、リモコンや眼鏡などの一時置き場にもぴったりです。
ざっくり入れて上から北欧らしい柄の布をかければ、インテリアに馴染みます。
かご収納かごを使った収納でおしゃれに簡単お片付け!【蓋付きやラタン、ワイヤーなど】

温もりを意識して憧れの北欧インテリアを楽しもう

お部屋を北欧風に仕上げるには温もりを意識することがポイントです。

ベースとなるカラーや家具はシンプルなものを選び、北欧風のテキスタイルでアクセントをプラスすると初心者さんも手軽にトライできます。

またインテリアのテーマカラーやテイストを、具体的に決めておくこともセンス良く仕上げるコツです。

取り入れやすいところから実践し、北欧インテリアを楽しんでくださいね。
 
お花を生けたたくさんのフラワーベースフラワーベースの選び方|ガラスや陶器、北欧デザインなどのおすすめアイテムも紹介 ヒンメリに飾ったエアプランツエアプランツの上手な育て方は?初心者におすすめの飾り方もご紹介

▼記事内でご紹介した北欧照明

¥17,600 (2021/09/25 17:25:54時点 楽天市場調べ-詳細)