在宅勤務の効率UP!最適な椅子を選ぶポイントと快適テレワークのアドバイス

テレワーク(在宅勤務)の機会が増えたことで、家で長時間椅子に座ることも多くなりましたね。

家での仕事という慣れない環境から、首・肩・腰など体の節々の痛みに悩まされてはいませんか?
そのお悩み、お家のテレワーク環境や、テレワーク用に使っている椅子を整えてみると改善できるかもしれません。

今回は、テレワーク(在宅勤務)で特に重要なアイテムである、テレワーク用チェアの選び方をご紹介します。

長時間座っていても体が痛くならない椅子を選ぶには?

今現在、テレワーク・在宅勤務時に使っているのはどんな椅子でしょうか。
ダイニングチェアや座椅子、床に直座りという方もいるのでは?

急な環境の変化ですぐに対応できず、結局そのままズルズルと同じ椅子に座り続けている……なんて方も多いでしょう。
慣れないテレワークで起こる腰痛
ダイニングチェアやオシャレなスツールなどは、あくまで食事など短時間の使用目的で作られているため、長時間座りっぱなしの仕事やパソコン作業の姿勢に向いていません

仕事には仕事用の、長時間座っても体が痛くならない椅子というものがあります。
まずは、長時間の作業でも体が痛くならない椅子を選ぶポイントについて解説します。

テレワークに最適な椅子を選ぶポイント4つ
  1. 身長・テーブルの高さに合わせる
  2. 幅・奥行などのサイズ感も確かめる
  3. 背もたれにこだわる
  4. 椅子の素材はファブリック・メッシュから選ぶ

ポイント【1】身長・テーブルの高さに合わせる

まず大切なことは、使っているテーブルと椅子の座面との正しい距離を測ること

テーブルと椅子の座面との正しい距離(差尺さしゃくと呼ばれます)に関しては、「日本オフィス家具協会」という団体から人間工学的に優れた適切な高さを求める計算式が公開されています。

その計算式とは、自分の身長÷6をするだけです。
差尺の計算方法
例えば、身長170cmの方にとってテーブルと座面との最適な高さは、

170÷6=28.333……
つまり28.3cm
となります。

お持ちのテーブル天板の高さが70cmだった場合、最適な椅子の高さは、

70-28.3=41.7
つまり41.7cm
座面がこの高さの椅子が、自分にとって最適と言うことができます。

反対に、椅子に合わせてテーブルを揃える際は、椅子の高さ+28.3cmで最適な高さのテーブルが分かります。

座面の高さはどのくらいがちょうどいい?

ちなみに、椅子の座面の高さも重要です。
座面に深く座った状態で足裏全体が床にべったりとつく高さ」が理想と言われています。

細かく距離を測ったり計算せずとも、きちんと足が床についているかで判断することも可能です。
座面が低すぎても高すぎても、腰が丸まったり首をすくめる姿勢になってしまうため要注意!

ディスプレイとの間隔も要チェック
ついでに、パソコン作業をする時はディスプレイとの間隔を40cm以上開け、画面は首を曲げずとも自然と視界に入る角度(水平よりやや下向き)が良いとされています。
こちらも注意してみましょう。

参考資料
※一般社団法人日本オフィス家具協会「安心・安全なイスの選び方」検索日2021/5/27

ポイント【2】幅・奥行などのサイズ感も確かめる

テレワーク用の椅子の幅
座面の高さの次は椅子の、「広さ(幅)」や「奥行き」も考えてみましょう。

横幅に関しては、両手の肘掛けに自然と腕を乗せられる大きさにしましょう
腕が宙ぶらりんだと腕の重さを支えるものがなく、肩凝りや痛みの原因となることもあります。

奥行きは、背もたれに体を預けたとき、足がきちんと床につく大きさがベストです。

座面は硬すぎず柔らかすぎないものを

座面の硬さは好みによりますが、硬すぎると血液の流れが悪くなるためお尻が痛くなったり足が痺れてしまいます。

反対に、柔らかすぎても集中出来なかったり正しい姿勢を取れなくなります。
硬すぎず、それでいて姿勢が崩れない程度の柔らかさを選びましょう。

ポイント【3】背もたれにこだわる

テレワーク用の椅子の背もたれ
背中も、背もたれに体を預けた方が楽です。
その体勢がすでに苦しいと感じる方は体が歪んでいるかもしれません。

背筋をピンと伸ばしすぎると、背中の筋肉を使い続けることになるので、疲れが溜まりやすくなります。
腰と椅子の間に隙間を開けて座るのは、猫背や腰痛の原因になるので気をつけましょう。

背もたれの大きさは自分の背中より大きく、背中全体を支えてくれるもので。
背中全体を預けられるためパソコン作業時の適切な姿勢が取りやすくなります。

リクライニング機能がある場合はリラックス出来ますね。

「あそび」がある背もたれを選ぼう

背もたれで注意すべきは「あそび」があるかどうか

あそびがないと、背中を預けても自然な角度に倒れず、預けた背中と背もたれで反発してしまうので腰痛の原因となります。

反対に、あそびがありすぎると背もたれが倒れすぎてしまい、パソコンの適正姿勢を保てません。
背中を預けたときに反発している感覚がなく、抵抗なく預けられる柔らかさが理想です。

ポイント【4】椅子の素材はファブリック・メッシュから選ぶ

テレワーク用の椅子のメッシュ素材
椅子の素材は、主に木・レザー・布(ファブリック)・メッシュがあります。

木とレザーはどんなインテリアにも抜群にマッチしますが、長時間座るとなるとやや不向き。
そのため、ファブリックかメッシュ素材から選びましょう。

理想はメッシュ素材です。
通気性が良いため蒸れにくく、適度な弾力で座り心地も快適

ただ、メッシュ素材はオフィス感が強まってしまいます。
どうしてもおうちのインテリアと合わせたくない!という方はファブリックで代用しましょう。

ファブリックを選ぶ時は、布の厚みにご注意ください。
座面の上に薄い布を貼っているだけのものだと、座った時に結局硬い感触になり体も痛んでしまいます。

テレワーク用の椅子におすすめの機能とおすすめアイテム

先ほどの項目でご紹介した、テレワーク用の椅子の選び方を元に、さらにテレワーク用の椅子におすすめの機能をご紹介します。

おすすめの機能を備えたおすすめアイテムもいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

座面の高さや奥行き、背もたれの角度調整が可能

椅子の高さや背もたれのあそびが大切だとお伝えしましたが、これらが自由に調整可能なチェアがあります。

基本を全て抑えた高性能な椅子「セイルチェア」

¥83,600 (2021/06/22 18:48:32時点 楽天市場調べ-詳細)
オフィスチェアの最高峰とも呼ばれるアーロンチェアを開発した、ハーマンミラー社のセイルチェアです。

アーロンチェアの半額程度の下位モデルでありながら、その性能の高さは変わらないとされています。
エルゴノミクス(人間工学)に基づいた設計で、人間が座る姿勢に最適化された椅子です。

およそ8万円以上と値は張りますが、この先もテレワークが長く続くようなら、購入しても損のない椅子です。
座面・アームレストの高さ、リクライニングの硬さ調整のみならず、座面の奥行き調整や前傾チルト1前屈みになると背もたれも前に倒れ、背もたれと腰の間のすき間を埋めて安定感を保つ機能のこと。も付いておりどんな方にもオススメです。

ヘッドレスト・フットレスト付きの椅子

ヘッドレスト・フットレスト付きの椅子
基本機能にプラスして、ヘッドレストやフットレスト付きの椅子もおすすめです。

人の頭の重さはボーリング玉ぐらいの重さと言われるほどで、それを体(首)で支えています。
そのため、少しでも前傾姿勢を取ると頭の重さで自然と首や腰が曲がってしまい猫背の原因に。

これを防ぐためには椅子に深く腰掛け、背もたれに体を預けることが大切です。
ヘッドレストがあれば頭を委ねられるため、一層楽な姿勢をキープできるようになります。

また、フットレストが備わっていれば、休憩時にゆったりと足を伸ばしてリラックスが可能です。

最大130度にリクライニングできるデスクチェア

¥21,480 (2021/06/22 18:48:33時点 楽天市場調べ-詳細)
こちらはヘッドレストとフットレストが両方備わっていて、最大130度にリクライニングできる「ロッキング機能」も付いています。
椅子に座ったまま、時々背もたれを倒して休息をとるのに便利なチェアです。

ゲーミングチェアという選択肢も

ゲーミングチェアをテレワークに使う
オフィスチェアやデスクチェアと呼ばれる椅子以外に、ゲーミングチェアという種類の椅子も候補に加えてみてください。

そもそもゲーミングチェアは、1日に何十時間と座り続けてゲーム練習をするプロゲーマーのために開発されました。
長時間ゲームに集中出来るよう、オフィスチェア同様、長時間座っても疲れにくい設計になっています。

ゲーミングチェアと一般的なオフィスチェアとの違いは2つ。

ゲーミングチェアとオフィスチェアの違い
  • クッション性
  • リクライニング角度・アームレストの可動域
1つ目は、ゲーミングチェアの方がクッション性が高いこと。

足腰周りを包み込むような構造になっているため、体が固定されて姿勢をキープできます。
背もたれはあそびが少ない分、クッションで支えることになります。

2つ目は、リクライニングとアームレストの可動域が広いことです。

オフィスチェアのリクライニングが120~160度までだとすると、ゲーミングチェアは最大180度まで倒せるものがあります。
つまり、椅子に座った状態でもリクライニングを倒し切ることで寝転んだ姿勢を取ることが可能です。

アームレストは高さ調整のみならず、前後左右など広い範囲に動かせます。
姿勢がすぐに崩れてしまいがちな方はゲーミングチェアがオススメです。

包み込むような構造が特徴的な「NITROシリーズ」

¥43,593 (2021/06/22 18:48:33時点 楽天市場調べ-詳細)
こちらの椅子はゲーミングチェアですが、仕事用としても最適。
レザー素材ですが、ファブリックに比べるとお手入れが簡単で耐久性があります。

「E-WIN」のファブリックゲーミングチェア

¥29,990 (2021/06/22 22:01:57時点 楽天市場調べ-詳細)
ゲーミングチェアには珍しい、ファブリック素材のものも。
先ほどご紹介した前傾チルト機能も付いており、背もたれと腰の間にすき間ができにくく正しい姿勢を保つことができます。

健康に気を使いたい方はバランスチェア一択!

バランスチェアをテレワークに使う
すでに体が痛い・歪みがひどい・健康に気を使いたいという方には、バランスチェアという手も。
変わった形ですが、テレワークなら人目を気にせず座れます。

バランスチェアは座面と膝置きの2点で体を支え、座ると自然と背筋を伸ばす姿勢になるため体への負担が少ないのが特徴です。

「サンワダイレクト」の背筋が伸びるバランスチェア

¥9,980 (2021/06/22 22:01:58時点 楽天市場調べ-詳細)
中でも、こちらのバランスチェアは背もたれと高さ調整レバーがついているため、長時間の利用でも疲れにくいとされています。

バランスボールを椅子代わりに使うのもアリ?
ちなみに、テレワークが増えてからバランスボールを椅子代わりに仕事をする人が増えたそうです。
バランスボールは体重のかかり方をキープしなければ座れないため、自然に背筋が伸びます。
この機会にバランスボールに乗ってみるのもアリかもしれませんね。

置く場所がないならコンパクトサイズを

お部屋の面積やインテリアの関係から、「どうしてもオフィスチェアを置けない…」という方もいるでしょう。
そんな時は、小ぶりなサイズのチェアがおすすめです。

インテリアに溶け込むおしゃれなデスクチェア

¥15,800 (2021/06/22 22:01:58時点 楽天市場調べ-詳細)
こちらの椅子は背もたれや肘掛も付いており、もちろん高さ調整も可能。

曲木で作られた独特のデザインにファブリックが合わさった上品な印象の椅子は、お部屋の雰囲気をそのまま残したい方にピッタリ。
コンパクトだけれど確かな存在感のある素敵な椅子です。

ローテーブルでも使える座椅子タイプ

ローテーブルしか家になく、座椅子や床に座って作業しているという方には、座椅子タイプの椅子という選択肢も。

ロータイプのゲーミングチェア

¥50,600 (2021/06/22 23:06:05時点 楽天市場調べ-詳細)
こちらはロータイプのゲーミングチェアですが、通常タイプ同様の機能が備わっており、リクライニングは最大180度まで調整可能です。

座椅子には珍しくキャスターが付いているため、少しの移動にも体を使わず椅子ごと動けるのがありがたいですね。
もちろんキャスターは動かないように固定も可能です。

お家の椅子をテレワーク仕様にできる便利アイテム

テレワークにおすすめのクッション
いつまでテレワークが続くのかわからないし、新しい椅子を購入するのはちょっと……という方もご安心を。

今お家で使っている椅子に工夫を凝らせば、テレワーク仕様に早変わりです。

ポイントは、「座る姿勢が正しく取れるようになる」こと、「長時間座っても痛くならないようにすること」の2つです。
このポイントをおさえてくれる便利アイテムをいくつかご紹介します。

¥3,278 (2021/06/22 23:06:05時点 楽天市場調べ-詳細)

低反発素材の円座クッション

¥3,290 (2021/06/22 23:06:05時点 楽天市場調べ-詳細)
たとえば、こちらのクッションをお家の椅子に合わせて使うだけで、骨盤を支えてくれるため背中の曲がりを軽減します。

また、座面が硬い椅子でもクッションのおかげで長時間座り続けてもお尻が痛くなりにくいです。
オフィスチェア同様メッシュ素材で出来ているので、クッションに熱が篭りにくいのも嬉しいですね。

腰を支える腰用クッション

BEWALKER 腰クッション ランバーサポート
座面に敷くクッションと合わせて、背もたれになる腰用クッションも使うと、より良いテレワーク環境に近づきます。

きちんとした背もたれがないとついつい体は曲がりがち。
こちらの背もたれタイプのクッションは、背骨の形の理想とされるS字型にフィットして背中を支えてくれます。

クッションと背もたれが一体となったタイプも

¥8,580 (2021/06/23 01:59:16時点 楽天市場調べ-詳細)
クッションと背もたれが一体となったタイプもあります。
こちらは人体を型どった曲線で、腰を正しい姿勢で支えてくれます。

単体で使うもよし、椅子の上に乗せるもよしで使い勝手は抜群。
デザインも素敵でお部屋に合わせやすいですね。

椅子の高さを合わせられる踏み台

¥1,740 (2021/06/23 01:59:16時点 楽天市場調べ-詳細)
クッションを敷いたことで、椅子の高さが合わなくなってしまっても大丈夫。
このような小さいステップを足場にして高さを調整しましょう。

机の上に置いて高さ調節できる昇降テーブルも

椅子だけでなく、机の上に乗せて高さ調整できるタイプの昇降テーブルというアイテムもあります。
昇降テーブルについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。
在宅でも快適に!テレワークに最適な昇降テーブルの選び方とおすすめアイテム

テレワークの快適さの鍵は「椅子選び」にアリ!

以上がテレワークでオススメの椅子選びのポイントとおすすめアイテムのご紹介でした。

長時間座ったりパソコン作業をする姿勢には、それに適した椅子があります。
合わない椅子を使い続けると、慢性的な腰痛や肩こりの原因となることも。
この機会に仕事用の椅子をお家に取り入れて、効率アップを図ってみてはいかがでしょうか。

やはりオススメはオフィスチェアですが、予算やお家の雰囲気に合わせてピッタリの椅子を見つけましょう。

また、どんなに良い椅子を見つけても座り続けるのではなく、適度にストレッチしたり少し歩いたり、立ち上がって体を動かすこともお忘れなく!

テレワークがはかどる部屋とは?オン・オフを切り替えて快適な在宅勤務を 在宅でも快適に!テレワークに最適な昇降テーブルの選び方とおすすめアイテム