【部屋別】間接照明でお部屋をオシャレに見せる!間接照明の置き方&選び方を徹底解説

インテリア雑誌やテレビ、インターネットなどでふと見かけた、とても好みの素敵なお部屋。
「自分の部屋もこんな雰囲気にしたい!」と意気込んでソファやテーブルなどを真似てみたけれど、どうも雰囲気が違う。
そんな経験はないでしょうか。

オシャレなインテリアを揃えているのに、なぜか垢抜けない・しっくりこないといった感覚の大半の原因は、じつは『光』にあるのです

確かに、大きくて存在感のあるインテリアを重要視するのは大切なこと。
しかし、それと同じくらい光を作り出す照明器具は重要なアイテムなのです

今回の記事では、お部屋をオシャレな空間にしてくれる間接照明の重要性や利便性について解説します。
シーンに合わせた間接照明の選び方もご紹介するので、「いいな」と思ったアイデアやアイテムがあればぜひお家に取り入れてくださいね。

間接照明とは?普通の照明器具との役割の違い

まずは、間接照明について簡単にご説明します。
 
おそらく、ほとんどのお家では天井にシーリングライトを設置して、部屋全体を均等に照らしていますよね。
シーリングライトがあれば普段の生活で明るさに困ることはないでしょう。
 
反対に、間接照明とは、お部屋や家具などの一部だけを照らす照明を指します。
美術館で、スポットライトを一つの絵画に向けて焦点を充てるイメージですね。
カウンターテーブルを照らす間接照明

▲カウンターテーブルを照らす間接照明。

 
間接照明の器具そのもので明るさを確保すると言うよりも、その器具が発した光が壁や家具などに反射した明かりを活用します。
部屋の広さにもよりますが、間接照明1つでは生活で必要な明かりは足りません。

ではどうして、シーリングライトだけで明るさは十分なのに、わざわざ間接照明を追加するのでしょうか。
その理由こそが、オシャレな部屋と垢抜けない部屋との大きな差になるのです

続いて、間接照明を使うとお部屋がオシャレに感じる仕組みについて解説していきましょう。

間接照明を使うとお部屋がオシャレに感じるワケ

人の目というのは、光と陰の具合でモノを認識しています。
したがって、真っ暗闇では何も見えず、反対に眩しすぎても何も見えなくなるのです。
写真撮影が上手な人は、光を意識していますよね。
これは、光の当たり方によって出来る陰も変化し、それがモノの印象を決定するためです。

要するに、人の目は光と陰のバランスによってインテリアのオシャレ・ダサいを判断します
これだけでも、照明器具がいかに重要なアイテムかが伺えますね。

明かりで差がつく「一室一灯」と「一室多灯」の見え方の違い

さて、先ほども説明した通り、シーリングライトは天井から部屋全体を均等に照らします。
つまり、陰も全体的に均等に出来るということ。

するとどうなるのでしょうか?

部屋の照明がシーリングライト1つだけだと、光と陰による陰影は全体的に均一で、1つ1つの家具が目立たずにのっぺりとした雰囲気が出来上がります。
これが、オシャレなインテリアを揃えているのにお部屋が垢抜けない原因となっているのです
オシャレな空間と間接照明


さぁ!ここで、間接照明の出番です。

全体を均一に照らしてしまうと、せっかくこだわった家具たちもぼんやりとした印象になるのであれば、明るさを調整して光と陰の強弱を付けてあげれば良いのです

例えば、部屋の隅に間接照明を置けば、そこから近い家具は強調され、離れるほど暗くなりますね。
これが、お部屋の立体感、つまりお部屋のメリハリとなります。
あなたが理想としたお部屋では、このメリハリを上手に付けているため、雰囲気が良いと感じるのです。

間接照明のオシャレな使い方【リビング・ダイニング編】

間接照明がお部屋の雰囲気に与える影響について、知っていただけたかと思います。
それでは、実際にどのような場所に間接照明を設置すれば雰囲気が引き締まるのか、シーン別に解説していきましょう。

まずは、家族全員が集まる場所「リビング・ダイニング」です。

お住まいのメインエリアとなるリビング・ダイニングでは、多くのご家庭でシーリングライトが設置されていることでしょう。
光が必要な時は手間も不便もなく使える便利なアイテムですが、間接照明を使う際はあえて消してみて下さい

それぞれの家具が強調されたり、はっきりと陰が出来ていたり、その光景はあなたが思い描いていた空間のはず。
全体的な明るさが下がる為、ゆったりとした雰囲気で非常にリラックスできますよ。

MEMO
自然光の入りが弱いお部屋ならば、日中から間接照明を付けるのもアリです。

リビングでおすすめの間接照明と使い方

リビングでの間接照明の設置場所ですが、まずはお部屋に入るドアと反対側のコーナー・なるべく低い位置に間接照明を設置してみましょう

ここでは、背の低いフロアライトテーブルライトがおすすめ。
高さの目安は20cm〜60cm前後の足元を照らすようなライトです。
すると、部屋に入った時の視界が、奥は明るく入り口に近づくにつれ暗くなるため、奥行きが広がります。
リビングでおすすめの間接照明


ソファに座った時に見える壁側やテレビの横・後ろに設置しても同様の効果が得られるでしょう。
自分の目線の始まりから、できる限り離れた低い場所にしておくと設置に困りません。
 
MEMO
光量が足りないと感じた時は、間接照明の光を壁や家具に反射させるように設置してみましょう。間接照明自体を追加してもOK!

ダイニングでおすすめの間接照明と使い方

ダイニングで重要なことは、ダイニングテーブルの上などを明るく照らすことです。
 
天井からスポットライトペンダントライトを吊るし、テーブルの上にだけ光が降り注ぐように照らしたり、テーブルライトをテーブルの上に置くのもアリです。
ダイニングでおすすめの間接照明


テーブル上だけを照らすことにより料理に陰影が生まれ、より食事が美味しそうに映えるでしょう。
これは、人気のレストランなどでも採用されている間接照明の使い方で、ほぼ必ずと言っても良いほどテーブルの1つ1つに間接照明の光が当てられています。
機会があれば観察してみると、インテリアの参考になりますよ!
 
テーブルサイズが大きく光が足りなければ、ペンダントライトをよりテーブルに近づけてみたり、照明の数を2つ3つと増やせば解決です。
照明の数を後から付け足したり、写真のようにコードの長さが調節できるものは便利ですよ。
ダイニングテーブルを照らす間接照明
上から吊るしたペンダントライトと、テーブルライトの組み合わせもオシャレですね。
また、大きめの観葉植物を飾っているお家では、背の低いテーブルライトを床に直置きしたりして、植物の後ろから光を上向きをに当ててみてください。
植物を下から照らすことにより立体感が強調されてお部屋の雰囲気がグっと引き締まります。
観葉植物と間接照明
小さい観葉植物の近くにさりげなく間接照明を取り入れるのもGOOD。
丸いシンプルなライトを植物の周りに転がしておくだけでも、植物と照明の調和を感じ取れるでしょう。
丈夫な植物たちお部屋でグリーンを楽しもう♪観葉植物の育て方・おすすめの種類と便利グッズ

リビングでの書き物・読み物におすすめの間接照明と使い方

最後に、リビング・ダイニングで書き物や勉強・読書をされる方へ。
書き物や読み物をするには、これまでにご紹介した間接照明だけでは光量が足りないと感じる場合があるかもしれません。
そんな時は、100cm以上の背の高いフロアライトを隣に置いてみましょう。
リビングでの書き物・読み物におすすめの間接照明


光の向きが調整出来ればなお良いです。
シーリングライトに頼らずとも光量が十分に確保でき、他の間接照明との相性も良く、リラックス空間を壊さずに光量を確保出来ます。

リビング・ダイニングはくつろぐ時間がもっとも長い場所になります。
そのため、普通の照明器具と間接照明を使い分けると良いでしょう

間接照明の使い分け
  • 普段の生活中…自然光やシーリングライトを活用して負担を減らす。
  • 来客時やリラックスしたい時…シーリングライトから間接照明に切り替える。
  • あえて使うタイミングを限定することで、「特別な時間」になり、生活も豊かになるハズです!

    間接照明のオシャレな使い方【寝室編】

    寝室で間接照明を上手に扱えるかというのは、心地よい眠りに直結します
    寝室は、間接照明だけで生活するくらいが一番リラックスできますので、眩しい光はNG。
    必要最低限の光量にしておくのがベストです

    寝室での照明の選び方は、暗めが良いのか本を読んだり出来る程度の灯りが欲しいのかなどによって変わります。

    小さめのテーブルライトを床に数個並べて足元を照らすと、ベッドが浮き上がったように見えて軽やかな雰囲気を演出できます。
    足元のぼんやりとした灯りは安心感やぬくもりを感じられるでしょう。
    寝室に置かれたテーブルライト


    部屋全体が比較的暗めになるため、心地よい眠りを追求する上ではもっともリラックス効果が期待出来ます。
    眠る時にしか寝室を利用されない方には、この方法で設置するのがおすすめです。
     
    反対に、光を上向きにすると、壁と天井に反射した灯りが寝室に広がって寝室全体が明るくなります。
    床の間接照明だけでは暗すぎると感じる方にはこちらがおすすめです。
    寝室に置かれた間接照明
    コツとしては、自分がベッドに腰掛けた時の目線よりも上に光源を持って行くこと
    寝室では、自分の活動範囲(立つ・座る・寝る)に光源が近づくほど明るく感じる為、高さによっては眩しく感じるかもしれません。
    したがって、高さが120cm以上フロアライトがおすすめ。
    高さ調整ができる照明を選んだ方が生活パターンによって光の照り具合を変えられるので便利です。
     
    そしてやはり、ベッド脇に1つ照明を用意しておくと良いでしょう。
    ほのかな光の中で家族と会話を楽しんだり、本を読んだり…寝る前のリラックスタイムには必須ですね。
    サイドテーブルに置かれたテーブルライト
    サイドテーブルがあればその上にテーブルライトを。なければフロアライトで代用可能です。
     
    何度も言うように、寝室では必要最低限の光に留めておくことがおすすめです。
    なるべく「眩しい」と感じないようにするためには、以下のポイントをおさえるようにしてみてください。
    寝室の間接照明選びのポイント
  • 光源の見えないデザインの照明を使う
  • 弱い電球を使う
  • 光の向きを調整する
  • 寝室での関節照明の上手な使い方は、ホテルや旅館などを参考にするのも良いですね。
    きっと、自宅の寝室にも取り入れたいと思えるアイデアに出会えると思います。

    間接照明のオシャレな使い方【ワンルーム編】

    最後にご紹介するシーンは、ワンルームにお住まいの方の間接照明の使い方。
    面積の少ないワンルームならば、思い切って間接照明だけで生活するのもアリです。
     
    光量にもよりますが、6~8畳ほどのワンルームの場合は、ペンダントライトもしくは100cm以上の高めのフロアライト1つ、小~中サイズテーブルライトを1~3つほどでも十分生活に必要な光を確保出来ます。
    ワンルームで使う間接照明

    ▲家具に取り付けやすいクリップ式の間接照明も便利。

     
    使い方は、これまでの解説と変わらず、ドアから離れたコーナー、テレビ横や後ろ、ベッドの脇などにテーブルライトを。
    書き物や読書をするスペースに光が届くようにフロアライトを設置しましょう。
    ペンダントライトであれば弱い光量の電球を点けて吊るします。
     
    部屋が狭いからと言ってモノを減らすよりも、あえて間接照明を複数個設置する方が部屋が広く感じることもあるでしょう。

    理想の間接照明選びのポイントとおすすめアイテム

    間接照明はそのモノ自体が光源のため、否応無しに目を引いてしまいます。
    とにかく光を優先する時は、家具の裏や隙間に照明を隠したり、シンプルなもので限りなく存在感を減らしましょう。
     
    しかし、あえてデザイン性の高い間接照明で、照明と光をインテリアのメインに持ってくるのも1つの手です。
    著名なインテリアコーディネーターや建築家の中には、まずは光の具合から考える人も多いほど、照明は大切なアイテム。
    そんな重要アイテムである間接照明の選び方を解説していきます。

    間接照明選びのポイント

    まずは、自分が照明を「見せたい」のか「隠したい」のかを考えましょう。
    それぞれの場合の間接照明選びのポイントをまとめてみました。

    間接照明選びのポイント
  • 照明を「見せたい」時…素材感の分かる間接照明を選ぶ
  • 照明を「隠したい」時…光量が強めの照明を壁に当てるイメージで選ぶ
  • 見せたい時は、なるべく素材感の分かる間接照明を選びます。
    例えば、和紙の照明は一見和風になるかと思いきや、比較的どんなインテリアにも馴染む為おすすめです。
    近年は外国人旅行客へのおもてなしとして、ホテルなどでも積極的に取り入れられていますね。
    和紙の間接照明
    一方で、照明を隠したい時は、比較的光量が強めの照明・電球を選び、それらを家具の裏などに設置します。
    そして、光を壁に当てるようなイメージでコーディネートしてみてください。

    ダイニングにおすすめのペンダントライト

    ダイニングテーブル上からぶら下げるペンダントライトは目を引くアイテムになるため、ディテールにこだわりましょう。
    鉄・ガラス・木・紙といった素材感が感じられたり、独特な形の照明を選ぶと良いです。


    ダイニングにおすすめのペンダントライト

    八角形の個性的なライト

    小さな点と線の穴から光がこぼれるデザインです。

    ダイニングにおすすめのペンダントライト

    飽きが来ないシンプルなライト

    丸いデザインとパステルカラーがお部屋に優しい印象を与えます。

    ダイニングにおすすめのペンダントライト

    癒しの空間にできるグリーン照明

    CT触媒加工されたグリーンがお部屋の空気をクリーンにします。

    寝室におすすめのフロアライト・テーブルライト

    寝室用のフロアライト・テーブルライトは、電球が見えないデザインを選びましょう。
    電球が直接見えるものは光が強く、目が冴えたりリラックス効果が減ってしまいます。


    ぼんやりとした灯りもいいですが、影の形を楽しめる照明を選んでみるのも楽しいですね。
    アロマオイル対応のアロマランプなども寝室にぴったりの照明です。
    寝室におすすめのフロアライト

    消灯時でもオシャレなアロマランプ

    アロマオイルを垂らせば電球の熱で好きな香りがお部屋に広がります。

    寝室におすすめのフロアライト

    コンセントに直挿しできるアロマランプ

    邪魔なコードがないので玄関や廊下、階段など少しだけ明かりが欲しい場所で使いやすいです。

    一風変わった間接照明とおすすめの使い方

    間接照明は、その手軽さからさまざまな使い方が楽しめます。
    こちらでは一風変わった間接照明と、それらを使ってお部屋をオシャレに演出するアイデアをご紹介します。

    壁にLED照明付きステッカーなどを設置

    LED照明付きのウォールステッカー


    例えば、こちらのウォールステッカーにLED照明が飾り付けられたアイテム。

    壁が少し寂しいと感じている方にはピッタリかもしれません。
    何種類か並べて壁に設置すると、海外の路地裏やウォールアートのような雰囲気も作れそうです。
     
    その他にも壁掛けできるウォールライトなどもあります。
    ちょっとしたお部屋のアクセントにもなるアクセントカラーを選ぶとお部屋が引き締まりますよ。
    壁掛けライト


    ガーランドライトを散りばめる

    ガーランドライト


    こちらのガーランドライトは、乱雑に机に載せておくだけで雰囲気が作れます。
    廊下や寝室の壁に飾ってもムード演出が出来ますね。数を散りばめても素敵です。

    天井にスポットライトを設置

    すでに壁に絵や写真を飾られているオシャレ上級者さんには、天井からのスポットライトもおすすめです。
    アート作品にピンポイントでスポットライトを当てることで、美術館のような洗練された空間に早変わり。

    他にも、あえて全ての間接照明を家具や植物の後ろに隠してしまう、なんてことも面白いかもしれません。
    家具などの後ろから光だけが溢れ出ることにより、1つ1つの家具やインテリアがより立体的に映り、オシャレな雰囲気になります。
    デッドスペースも有効活用できるので、空間を持て余しているという方はぜひ試してみてくださいね。

    まとめ

    ここまで、空間をオシャレに演出してくれる間接照明について解説しました。
     
    あなたがオシャレと思う空間を真似ても、どこか違う雰囲気になってしまうのは照明・光に問題があるかもしれません。
    間接照明を用いることで、モノに立体感が生まれ、お部屋が格段にオシャレに生まれ変わります
     
    あまり難しく考えず、まずは好きなところに間接照明を複数個設置してみる所から始めてみてはいかがでしょうか。
     
    必要な時にだけ光を点けたり消したり、置く部屋を手軽に変えられるのも間接照明の魅力です。
    何から揃えたら良いかわからない方は、まずは小さめのスタンドライトを手に、自由に楽しんでみてください。
    きっと、間接照明の魅力に気づけるハズです。
     
    さっそく生活に間接照明を取り入れて、素敵なお部屋を作りましょう!
    リメイクシートを使った簡単DIYでキッチンやトイレを自分好みの空間に♪