【完全版】窓の結露取りに便利なワイパーや結露吸収テープの効果を徹底比較・検証

結露対策グッズ集合

寒くなると気になるのが、毎朝窓に発生する結露。
窓際のフローリングに窓の結露が伝って黒カビ発生!なんてことも。
・・・本当困っちゃいますよね!

冬の大敵、「結露」を楽しくやっつけよう ♪
というわけで今回は、結露取りワイパー・回転スキージー(スクイジー)・強力結露吸水テープという気になる3タイプの結露対策グッズを実際に使ってみながら、その効果を検証していきます。

結露が発生する理由とその対策方法とは?

結露は、カビの原因にもなり、健康にも良くないといわれています。
窓ガラスの結露は、簡単にいうと、室内の暖かい空気がつめたーい窓ガラスに冷やされて、空気中の水蒸気が水となったもの
窓の結露
だから、室内外の温度差が大きくなる冬は、よく窓ガラスが曇るんですね。
きっと、多くの皆さんが悩まれているはず…

お安く気軽に、そして楽しく結露対策したい!

結露の発生自体を食い止めるためには、実は色々な方法があります。
換気や除湿が、比較的簡単に実践できそうなことでしょうか。

二重サッシにするなど、窓の断熱性能を向上させるという方法もあるそうです。
でも、それは費用がかなりかかりますね。

出来ればお安く気軽に、そして楽しく結露対策したい!
というわけで。結露自体が発生しないという方向性は諦めつつ。

とにかく「結露が発生したよー」という人のために。
その結露発生後の対策グッズについて、まずはご紹介したいと思います。

目指せ、快適冬生活♪

どんな結露対策グッズがあるの?

結露対策グッズ集合
今回の結露対策シリーズでは、 1. 結露取りワイパー、2. 回転スキージー、3. 強力結露吸収テープを実際に使ってみてレポートしていきます。
「これいいよ!」とか、「ここはちょっと…」とか。
実際使ってみないとわからないですからね。

結露水を拭き取ってボトルにためられる「ワイパー」

まずは、一番気になっていたこのグッズ!
結露取りワイパー
それは、この 1. 結露取りワイパー
なんだか、いい働きをしてくれそうなフォルム。

結露取りワイパーの吸い込み口
この穴を通って、ボトルへ水を集めていくのですね。

ワイパー部アップ
青いワイパー部分がどんな働きを見せてくれるのか。
当社内の窓で使ってみました。

では、レッツトライ!
結露拭き取りスタート
ボトル部分は握りやすそう。
結露がワイパーにごっそり拭き取られていきます。

どんどん拭き取る
水滴がワイパー部分をつたい、ボトルの中へ。
どんどんいきます~。

結露水が溜まったところ
この日は、流れ落ちるほどの結露ではなかったものの、こんな感じにボトルに水が溜まりました。
ボトル部分が外せて、水をそのまま捨てられ、洗えるので便利 ♪

「こんなに取れるんだー」
何でしょう。このスッキリ感。

ちょっと、大げさですが、結露がボトルに溜まるということを実際に目にするので、達成感が得られるような気がします。

その後、たまたま100円ショップで見つけた結露取りワイパーに飛びついてしまった私。
早速、家で使ってみると、子供たちが興味津々で集まってきて…。

100均の結露取りワイパーは、すこ~しワイパー部分がかたかったですが、しっかり結露を取ってくれました。

お手伝いツールとしても一役買ってくれそうです。
なんだか楽しくなってきましたね。

くわしい使い方はこちらを ↓↓ ご覧ください。


ペットボトルも取り付けできる!

ペットボトル取付
なんと、この結露取りワイパー、ペットボトルが取り付けられるんです。

たとえば、こーんなにひどい結露の時は…
自宅の結露
1Lや1.5Lのペットボトルを付けちゃいましょうか?
(ペットボトルの種類によっては取り付けられない場合もあります。)
使用後、洗えるとはいうものの、何度も使っていると汚れも気になるし、ペットボトルが取り付けられるのはうれしいポイント。

一番気になっていた1. 結露取りワイパーは、毎回作業が必要ですが、想像以上にいい働きをしてくれました。

回転スキージ-と結露取りワイパーの違いをチェック

続いては、2. 回転スキージー(スクイジー)を使って、結露に戦いを挑みます!
その前に少ーし気になるのは1. 結露取りワイパーとの違い。
2. 回転スキージーは、回転ヘッドでタテヨコどちらもOK!ということなんですが…
「回転ヘッドって?」
・・・ムムム。
回転スキージー全体
ヘッド部分が90度回転するんですね。
回転スキージー横向き
とってもスリムになった印象♪
幅の小さな窓でも作業しやすそうだし、おかたづけの時も場所を取らない感じ。

そして、さらにカーブのネックが、お掃除をとてもラクにしてくれるんだとか。
持ち手のこのカーブに注目!
回転スキージー全体
先ほどの1. 結露取りワイパーは持ち手は真っ直ぐ、持ち手とヘッドの接合部分も真っ直ぐでしたね。

丈夫そうなスキージー部分の厚みは約5ミリ。(一番厚みのあるところ)
回転スキージーアップ
さてさて、特徴をとらえたところで、実験スタート!

弊社のビルの窓にて、結露を除去できるか実験

「今日は、結露でてるよ~。実験できるんじゃない」
今回の企画を初めてから、制作室スタッフのみんなが、結露のことを気にかけてくれるようになりました。

この日の気温は8度。制作室内の温度は21度、湿度が52%でした。

縦方向の作業はカーブネックが威力を発揮

雑巾を片手に、窓の上から下へと回転スキージーを滑らせていきます。
回転スキージー縦作業
スキージーの幅が約28.2cm
結露取りワイパーは、21cmだったので、グッと拭き幅がアップ!!

縦作業途中
流れ落ちる水滴を雑巾で受けながら…という作業は、前回の結露取りワイパーと比べると、煩わしいなと思ってしまいました。

また、窓の下の方は、しゃがんだり、手首を曲げたり、どうしても、つらい姿勢での作業になりがち。
おっーと!カーブネックが、ここで威力を発揮!
縦作業終了
持ち手がカーブしていることで、比較的ラクな姿勢で作業することができました。
なるほど…

横方向の作業はさらにラクラク

次は、ヘッドを回転させて、横方向に回転スキージーを動かしていきます。
回転スキージー横作業
横方向の作業は、体勢を変えなくていいので負担が少ないですね。

幅の小さな窓は、横方向がオススメです。
横作業途中
ここで、軽くまとめ♪

雑巾は必須だけど、無理のない姿勢で結露取りができる!

結露は、冬場は毎日のことだし、ラクにささっと終わらせたいものです。

窓だけじゃない!結露対策グッズの広がる使い道

結露取りワイパーと、回転スキージーは窓の結露取り以外に、お風呂の水滴取りとしても使えるとの情報が!!

水滴をサッととっておくだけで、お風呂のカビ予防!!

結露対策だけではなく、毎日の暮らしに役立つグッズなんですね。
お風呂掃除用ですが、こんな商品もあります。

天井カビとりワイパーです。
かびとりワイパー

¥828 (2020/12/03 09:28:51時点 楽天市場調べ-詳細)

ワイパー部分は水滴取り、スポンジはカビをとってくれる優れもの。
柄を取り外してハンディでも使えます。

こちらは、窓拭きワイパー。
窓拭き ワイパー 激落ち
『雪が積もった日に、車のガラスに、使用しました』との、当店お客様レビュー。
そういえば、私の親戚(山形在住)が、「一車に一本」といって、よく似たグッズを積んでいました……

さてさて。
ここまでの結露取りワイパー回転スキージーは、すでに発生してしまった結露を除去するという目的で使ってきました。
でも、もっとラクに結露対策できると嬉しいですよね。

というわけで、最後は『一度貼っておけば放ったらかし?』の3. 強力結露吸水テープについてレポートします♪

窓に貼るだけでOKってホント?『結露吸収テープ』の実際の効果・実力

冬の時期、ホームセンターでは結露対策グッズコーナーが設けられていますよねー。
いろんなグッズの中で、貼るだけで結露を吸い取ってくれるというところに惹かれ、この3. 強力結露吸収テープをチョイス。
こちら、私も実際に使ったことがあります。
結露テープ

¥618 (2020/12/03 09:28:51時点 楽天市場調べ-詳細)

テープが結露水の吸収、蒸発を繰り返す?

幅は3センチ、テープの厚みは、4.5ミリ。
手芸用フェルトみたいに、ふわふわ。
結露テープ吸水面
このフェルトみたいなテープが、どれだけ結露水を吸い取ってくれるのでしょう?楽しみです!!

では、検証スタート!

弊社のビルの窓に貼ってみました

結露企画では、すっかりおなじみの制作室の窓。

まずは、窓の幅に合わせてテープをカット。
窓のホコリや油分、水分をきれいに拭き取って、いざ、作業開始。

剥離紙を剥がし……
結露テープの粘着面

窓枠に沿って貼っていきます。
結露テープを貼る

最後は、もう一度おさえながら、全体をよく密着させます。
結露テープ貼り付け

テープのカラーがブロンズなので、サッシにうま~く馴染んでいます。
さりげなく結露対策できるかも。
テープのカラーは、シルバーなど、他のカラーも何色かあるので、窓枠の色に合わせて選べます。

こちらの商品は、長さ4m巻。
家中の窓に貼るなら、途中で「あっ、、テープが足りない」なんてことにならないように、大体の長さを想定してから購入したほうがよさそうです。

室内外の温度差が広がり…結露発生

この日は、雨模様で湿気も多い日でした。
当社制作室の窓はこのような状態。
窓の結露
ガラスだけでなく、アルミの窓枠部分にも結露が発生。
流れ落ちる結露をしっかり吸い取ってくれてる~ ♪っと言いたかったのですが…

ガラス面に発生した結露は吸い取れたようですが、窓枠にも結露が発生。
床を結露から守るためには、窓枠にもテープを貼ったほうがいいですね。

結露吸水テープ+@

一方、我が家のキッチンの勝手口扉は、こんな状態……
ガラス面にも、窓枠にもテープを貼りました。
結露とハギレ
キッチンは特に結露がひどいです。
煮炊きして、水蒸気が上がりっぱなしだからでしょうね。
換気扇は回しているのですが…テープはぐっしょり。

結露水が溢れてフローリングまで侵入してくるので、こんなハギレをおいて、時々、絞ることにしました。

結露吸水テープのバリエーション

結露吸水テープは、バリエーションが豊富なんです。

結露水の量に合わせて選んだり、インテリアの一部として窓をデコるという楽しみ方も出来ます。

例えばこちらは、結露水の量にあわせて、6センチ幅でも、切り取って3センチ幅でも使えます。
デコレーションテープ
 

¥768 (2020/12/03 09:28:51時点 楽天市場調べ-詳細)

こちらはオシャレな結露テープ。
デコレーションテープ2
家に閉じこもりがちな寒い冬。窓をデコレーションしたら、気分も明るくなりますね?

ただ、弊社の運営ショップのバイヤーによると、検証で使用した、シンプルでお手頃価格の3. 強力結露吸収テープが一番売れ筋だそう。

貼ってしまえば、ワンシーズンそのままで。
何といっても、毎日のお手間がかからないのがいいですね。

3つの結露対策グッズを使ってみた感想とまとめ

3つの結露対策グッズを使ってくらべる企画、いかがでしたか?
結露対策グッズまとめ
私は、使ったことのなかった結露取りワイパー、回転スキージーにも愛情が。
家の中でも、場所によって使い分けてみようと思っています。
結露の発生が少しでも減るように、換気や除湿の心がけも忘れずに!っと言い聞かせて…。

ホームセンターで、断熱、結露対策で紹介されていた、半透明プラスチック製のダンボール。
プラ段アップ
これも実は・・・窓に貼ると、ダンボールの層が熱を遮断し、結露発生を軽減してくれるそうです!

グッズ + ひと工夫で、楽しく結露対策していきたいですね。
皆さんも是非、ライフスタイルやお好みに合わせて、選んでみてください♪

スクイージーの選び方浴室のカビ対策・窓掃除・結露対策に便利!スクイージーの使い方とオススメ10選窓サッシのレール掃除はペンキの刷毛がおすすめ!すみずみまで簡単キレイにするコツ