キッチンの棚をDIY!2×4(ツーバイフォー)材でおしゃれな棚を作る方法

キッチンを「より機能的に」「おしゃれに」「もっと自分らしく」カスタマイズしたい!
そう考えている方もいるのではないでしょうか。

大型家具専門店やネットで商品を探しても、なかなか欲しいサイズや機能に出会えないもの。
そこで今回は、キッチンに機能的でおしゃれな棚を作るDIYアイデアをご紹介します。

DIYなら、料理の動線上に食器棚やスパイスラックを作ったり、作業台にぴったり収まる棚を作ったりできます。
実際にDIYした手順を写真と一緒にご紹介しますので、自分好みのキッチンを作る参考にしてくださいね。

初心者でもできる!壁に穴を開けないDIY方法

カフェみたいにおしゃれなキッチンで料理できれば、毎日をさらに楽しめるはず…。
著者もそう考える一人でした。
DIYする前のキッチン
DIY以前のキッチンには、吊り戸棚や飾り棚などの収納はなく、壁には耐火性のあるボードが取り付けられているだけで、おしゃれや機能性とはほど遠い状態。

どうにかして、壁に穴をあけず、機能的でおしゃれなキッチンにできないものか…

とWEBを検索する日々でした。

そこで見つけたのが、2×4(ツーバイフォー)と呼ばれる角材を使ったキッチン棚のDIY。
壁に穴をあけることなく設置できるので、DIY初心者の私でも「これならできそう!」と思い、早速アイデアを練ることにしました。

2×4(ツーバイフォー)材とは

2×4(ツーバイフォー)材
2×4(ツーバイフォー)とは、2×4インチの角材のこと。
家を建てるときに使われる一般的な角材の規格サイズを指します。
乾燥させた状態の角材をセンチメートル法に直すと、38mm×89mmになります。

2×4(ツーバイフォー)材に取り付け可能なDIY用の部品はいくつもあり、DIY初心者でも扱いやすいところが特徴です。
ホームセンターやネット販売で手軽に手に入れることができるので、これからDIYを考えている方はぜひチェックしてくださいね。

初めてのDIYなら要チェック!DIY前にやっておくこと

おしゃれなキッチンのイメージ
資材を購入する前に、完成したキッチンでの使用シーンを「具体的にイメージすること」が大切です。

料理中の動線や調理中の動きに合わせてサイズを決める、完成した棚に何を置くのか、どれくらいの重さに耐える棚を作るのか考慮するなど、イメージが具体的であればあるほど失敗を防げます。

やっておくこと|置きたいものの重さやサイズを測る

棚を作ってから「思ったより重い(大きい)から置けない…」とならないよう、実際に置くものの重さやサイズに合わせた設計を考えましょう。

特にガラス製の瓶や食器など、重さがある割れ物を置く場合は、ケガにつながる危険があるので注意が必要です。

やっておくこと|動線を考えて全体の形を決める

調理中の邪魔にならないよう、動線などの使い勝手を考えて棚全体の形を決めましょう。
単純に形状を決めるだけでなく、

  • 棚幅
  • 奥行
  • 棚間の高さ
  • 棚の段数
など、具体的に決めます。

注意するのは、十分な作業スペースが確保できるか、シンク周り(蛇口や食器棚など)への動作がスムーズか、後片付け時に邪魔にならないか、という点です。

やっておくこと|木材の色合い・壁紙などのデザインを考える

DIYの範囲にもよりますが、棚を付けることでキッチンの印象はがらりと変わります。
木材はそのまま見せるインテリアになるので、色味や木目などに注目しておきましょう。

特に壁紙を変えるDIYの場合は、さまざまな柄が販売されていますので、イメージに合うものを選んでおくことが大切です。

  • 男前なインテリアにしたいなら…ダークな色合いの木材×寒色系壁紙
  • ナチュラルキッチンにしたいなら…明るい色合いの木材×暖色系壁紙
など、木材と壁紙を組み合わせたときのイメージも考えておきましょう。

【実例】キッチンの棚をDIY|準備編

ここからは、キッチンの壁面全体に棚を付けるDIYのアイデアを、実際に棚が完成するまでの流れ・手順と一緒にご紹介していきます。
まずは計画を練って必要な資材を購入する準備段階から。

【1】全体像と細かいサイズを書き出す

まずは、キッチンで設置したい場所のサイズを測り、簡単な設計図を描きます。
設計図といっても本格的なものではなく、全体像が分かるイラスト程度でOKです。

設置する2×4(ツーバイフォー)の長さや本数、棚の横幅・奥行きや枚数、そのほかの必要な部品類を合わせて細かく記入しておきます。

【2】必要な資材を購入する

1で書き出した設計図を基に、ホームセンターやWEBストアなどから必要な資材を集めます。
今回購入したのは以下の資材です。

DIYに必要な資材

購入した資材
  • 2×4(ツーバイフォー)×4本
  • 棚板×3枚
  • L字金具×12個
  • ビス×必要数
  • 電動ドライバー穴あけ用アタッチメント
  • 2×4(ツーバイフォー)用天井の固定部品×4個
  • 壁紙×2枚
  • フック金具×2個
主にはホームセンターで、2×4(ツーバイフォー)用の固定部品と壁紙はWEBストア、フック金具は100均で購入しました。

木材はホームセンターのカットサービスを利用し、あらかじめ決めておいたサイズにカットしてもらいました。

今回は1枚だけサイズの違う棚板を設置するので、必要な分だけのこぎりでカットしておきます。

【実例】キッチンの棚をDIY|作業編

必要な資材がそろったら作業開始です。

【3】壁紙を貼る

はじめに壁紙を貼りつけます。
今回使用した壁紙は、リメイクシート「Hatte me! (ハッテミー)」のモザイクタイル・ターコイズ。
壁紙屋本舗のHatte me!
細かいタイル状のデザインで、光に当てたタイルの陰影まで表現されたリアルさが魅力です。
何度も貼り直せるので、壁紙初心者でもトライしやすいですよ。賃貸にもおすすめです。

¥2,640 (2022/05/24 21:55:27時点 楽天市場調べ-詳細)
壁紙を貼る準備
壁紙を貼る前に、壁面の汚れやほこりを拭き取ります。
濡れているとシール面がつきにくいので、濡れた布できれいにする場合は必ず乾拭きで仕上げてくださいね。

壁紙は、貼る面より大きめにハサミでカットします。
裏のシートを少しだけ剥(は)がして、貼るときに邪魔にならないよう折り返しておきます。
壁紙を貼る
壁のボードに合わせて上から空気を抜きながら貼っていきます。
(※別売りのスムーサーがあると便利です。)
壁紙をカットする
下まで貼り終えたら、余分な壁紙部分をカッターナイフでカットします。
カット面が直線になるよう、硬くてまっすぐなものを当てながらカットするときれいに仕上がりますよ。
壁紙を貼る
1枚完成しました。もう1枚も同じように貼っていきます。

【4】柱を設置する

次に棚部分を組み上げていきます。
今回は2×4(ツーバイフォー)に専用の金具を取り付け、天井と床で突っ張ることで固定して柱にします。
LABRICO iron2×4 アジャスター
使用した金具は「LABRICO iron」の2×4 アジャスターのブラック。

¥1,040 (2022/05/24 21:55:27時点 楽天市場調べ-詳細)
木材にラブリコを取り付ける
まずは、付属のクッションを角材と金具が当たる部分に貼りつけて、2×4(ツーバイフォー)を押し込みます。
木材にラブリコを取り付ける
付属のネジと電動ドライバーを使って固定します。
4本とも片側だけ金具を固定し、アジャスターを短くした状態で柱の下準備は完成です。
キッチンの壁に木材を取り付ける
金具がついていない部分を下にして、設置場所に立てかけます。

天井柱を垂直に立てたら、金具の穴にドライバーなどを差し込み、柱が動かなくなるまで回して固定します。
(※あまりやりすぎると天井に穴が開く場合もあるようです。少しでもメキメキと音がしたら力加減を調整しましょう。)
キッチンの壁に木材を取り付ける
残りの3本も同じように天井と床で固定します。
これで棚板を取り付けられる支柱が完成しました。

【5】棚板の準備

続いて、支柱に取り付ける棚板の準備です。

L字金具の上に棚板を置くだけだと耐久性に問題があるので、柱の中央にL字金具がくるように棚板裏面に印をつけて、ビスで金具を固定します。
キッチンの棚のDIYに使用するL字金具
L字金具の大きさや形状で耐荷重が変わってきますので、実際に置くものの重さに合わせて金具を選びましょう。
今回は果実酒の入った重い瓶などを置くため、やや大きめのサイズ違いを2種類チョイス。

購入したL字金具にはビスが付属していましたが、なければ穴の大きさにあったビスを用意して取りつけます。
DIYするキッチンの棚板
耐荷重・柱の位置を考慮して、1か所だけ横向きに設置、棚の奥側に3か所取りつけたら完成です。

今回は3段の棚板を付けるので、3段分準備しておきます。

【6】支柱に棚板を取り付ける

棚板に金具を取り付けたら、支柱に棚板をあてがい、水平器を使って柱に印をつけます。
柱にビスを取り付け
印にそって柱にビスを3分の2ほど埋め込みます。
柱にビスを取り付け
ビスを打ち込む前に、ビスより少し小さい穴を開けておくと、スムーズにビスを打てますよ。
棚板をビスで固定
今回はしっかりとした強度と耐荷重が欲しいので、レンジフードにも固定することにしました。
こちらも同様に穴を開けてビスを2/3ほど打ち込みます。
棚板をビスで固定
L字金具のビス穴に2/3ほど打ち込んだビスを通し、棚板が真っすぐに設置できることを確認したら、ビスを最後までしっかりと締めていきます。
キッチンの棚をDIY
1段目が完成!
同じ工程で3段の棚板を設置したら、ひとまずキッチンの棚のDIYは完了です。

【7】付属品を追加で設置

より機能的なキッチンにするために、付属品を取り付けていくのもアリ。
今回は、洗った後のまな板やお玉などのツールをシンク上に吊るしておけるように、フックを取り付けることにしました。

ダイソーで購入した「アイアンウォールバー アンティーク調」を使用して、フックを取り付けるバーを設置します。
ダイソーのアイアンウォールバー
吊るした水がシンクに落ちるよう、位置を調整してビスで取りつけます。
棚板をビスで固定
自宅にあったフック(100均で購入)を引っ掛けて完成です。

もうひとつのホルダーは、ペンチで片側を切り、やすりをかけて写真のような形に曲げておきます。
アイアンウォールバーをホルダーに
手で曲げるには割と力がいるので、もし曲げられない場合は真っすぐのままでもOKです。
これを短い棚板の下に設置します。設置するときはL字金具に当たらないよう、少し斜めにするのがコツ。
自作のキッチンペーパーホルダー
これでキッチンペーパーホルダーも完成しました。

キッチンに棚を設置して反省したこと

今回は柱に防水加工などは施さずに組み立てましたが、シンク回りの木材にはカビが生える場合もあります。
私の場合は既に設置してから気づいたので、後からスプレーや防水テープで防水を試みましたが、柱と壁の間の手が入りにくい隙間は作業しにくく、しっかりとした対策はできませんでした。

私のような失敗をしないためにも、2×4(ツーバイフォー)を使ってキッチンでDIYをする場合は、できるだけ設置前に防水・防カビ加工を施しておくことをおすすめします。

せっかく自分好みの棚を作るなら、長くきれいに使えるキッチン棚に仕上げてくださいね。

おわりに

キッチンにおしゃれな棚を付けるDIYアイデアについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?
今回のDIYにかかった費用は、装飾品などを合わせても2万円~3万円くらいでした。
オーダーメイドで作ると10万円を超える場合もあるので、大幅にコストカットできたことになりますね。

必要な機能やデザインを考え、自分の手で作り上げる楽しみはDIYならでは。
とても満足のいく仕上がりで、これからキッチンでの調理が楽しくなりそうです。

これからDIYに挑戦しようとしている方は、ぜひ参考にしてください。

調味料ラックのDIY実例!コンロの隙間や壁面を使って入りきらない調味料もおしゃれに収納 賃貸でも簡単取り付け!有孔ボードの活用術&DIYアレンジアイデア