酸素系漂白剤が効くって本当?プラスチックの黄ばみをつけ置きで落とす方法

プラスチック製品の漂白

私たちの身の周りには、さまざまなプラスチック製品にあふれています。
プラスチック製品は黄ばみの変化が起きたり汚れがついたりしやすく、また年月が経つほどその汚れが目立ってくるという性質があります。

「新品の時はあんなに白かったのに」と思うと、どうにかして黄ばみや汚れを落としたくなりますよね。

今回は、SNSなどでも話題になっている、酸素系漂白剤を使ったプラスチック製品の黄ばみ落としの方法を実際に試し、効果を検証してみました。
Before Afterや気をつけたいポイント、黄ばみ落としの手順などについても、詳しくご紹介します。

気になる「プラスチックの黄ばみ」の主な原因と種類は?

プラスチックの黄ばみの種類としては、主に3つあります。

  • たばこや食品などによる汚れ
  • プラスチックに含まれている添加物の化学変化
  • 経年による劣化
などが挙げられます。

この3つのうち、「たばこや食品などによる汚れ」は汚れとして最も軽度のものです。
台所用洗剤やメラミンスポンジでこするなどすると、簡単に落とすことができます。

また、「経年劣化による黄ばみ」は落とすことができませんが、「化学変化による黄ばみ」は漂白剤によるつけ置きで落とすことができると言われています。

今回は「化学変化による黄ばみ」を落としていきたいと思います。
参考 プラスチックの黄ばみ、原因は何?落とし方と予防方法をご紹介KAJITAKU

黄ばみのあるプラスチック

こちらは我が家で3年近く使っている「アースノーマット電池式」です。

白い用紙に乗せてみるとよく見えるのですが、全体的に黄ばんできています。
ふたのみ外して、洗剤でつけ置きしてみることにしました。

プラスチックの黄ばみ落としに使う洗剤の種類は?


使用するのは、衣類用の酸素系漂白剤「ワイドハイターEX」。粉末タイプもありますが、今回使用するのは液体タイプです。

漂白剤と呼ばれるものには、「酸素系」と「塩素系」の2種類があります。
キッチンハイターやカビ取り剤などの塩素系漂白剤は、プラスチックの黄ばみ落としには効果はありません。
必ず、「酸素系」と書かれた漂白剤を選んでくださいね。

特にメーカーやブランドの指定はありませんが、とくに「過酸化水素水」、「漂白活性化剤」が含まれている洗剤が良いそうです。
今回の黄ばみ落としでは、ほぼ丸々ボトル1本分を使いました。

黄ばみ落としのためのつけ置き方法と手順

それでは、実際にプラスチックの黄ばみ落としをしていきたいと思います。
まずは、酸素系漂白剤以外にも必要なものがあるので、下記のものを準備してください。

準備するもの

  • 酸素系漂白剤(ワイドハイターEX)
  • つけ置きする容器
  • ラップ


つけ置きに使う容器は、ガラス製、プラスチック製など。
出来れば、↑の写真のように透明な容器の方が光が入りやすく、効率的に黄ばみ落としをするのにオススメです。

つけ置きの手順

手順1
ワイドハイターの原液を容器に入れる。
プラスチックの表面に油汚れなどがある場合は、あらかじめつけ置きをする前に食器用洗剤などで汚れを取り除いておきます。

手順2
ラップをする
蒸発しないようにラップをかけます。また、こうしておくと急な雨なども防げます。
ただし完全に密閉しないようにしてください。

手順3
日なたに置いて数日間おく
ラップはしていますが、雨の日は水が入らない場所へ避難します。
水が入ってしまうと濃度が薄くなり、効果も薄れてしまいます。

手順4
効果が出ているか経過を確認
通常は3~5日で白くなります。
ときどき途中で裏返して、プラスチックの様子を確認しましょう。
痛んでいたりひび割れなどがあれば、中止します。

今回の実験では、3日で白くなりました。

手順5
きれいにすすぐ
つけ置きが終わったら、水でしっかりすすぎます。
残った漂白剤はそのまま洗濯に使っています。

つけ置き後の様子

それでは、どのくらい漂白効果があったかBefore Afterを見てみましょう。
黄ばんだプラスチック製品と漂白後の比較
ちなみに、↓の画像は新品のアイテムとの比較です。左側が新品で、右側はつけ置き後。
新品と漂白したプラスチック製品の白さの比較
新品の物と比べるとさすがに違いはありますが、気になっていた黄ばみはだいぶ落とすことが出来ました。

黄ばみ落としのコツと注意点

金属やシールなどの部品や付属品があるプラスチックはつけ置きできません。
どうしても黄ばみ落としをしたい場合は、これらは取り除いておきます。

また、サイズが大きすぎてつけ置き出来ない場合は、キッチンペーパーなどにワイドハイターをしみこませてからラップで覆い、日光にあてます。
蒸発しやすいので、時々様子を確認し、ペーパーが乾いていたら随時ハイターを追加します。

色々なプラスチック製品を黄ばみ落とししてみよう


他にも、トイレットペーパーホルダー、キッチンの電球のカバー、ミシンカバーなどを、この方法で黄ばみを落とすことが出来ました。

ただ、黄ばみとりをしてから、ずっと白いままの物もあれば、1年も経つと再びまた黄ばみだしてしまうものもあります。
酸素系漂白剤を薄めてつけ置きすることもできますが、なるべく原液で長くつけ置きした方が早く漂白でき、さらに長期間白さをキープできると実感しています

さいごに

プラスチックの黄ばみはつけ置きするだけで意外と簡単に落すことができます。

つけ置きした後は、真っ白とは言わないまでも、購入したときの色にみるみる近づくので楽しいですよ。

また、白くなる過程を見るのも結構面白いので、晴れた日にぜひ試してみてくださいね。

洗剤でシリコンのにおいとり検証実験【比較実験】シリコン調理器具の悩みを解消!ニオイ落としに効果のある洗剤は? 靴洗いグッズと靴の洗い方検証スニーカー・上履き洗いを楽にする!においや汚れをスッキリ落とす洗い方を徹底検証