“ながら掃除”ができるモップスリッパのメリット&選び方!おすすめアイテムも

スリッパとモップが合体したような便利グッズ「モップスリッパ」をご存じですか?

スリッパのように履いて歩くだけで、床に落ちている汚れやホコリが手軽に掃除できるので、忙しい方に人気のお掃除アイテムです。

今回は、このモップスリッパについてご紹介していきましょう。
家事や仕事で掃除の時間がとれない方は、ぜひ参考にしてくださいね。

モップスリッパってどんなアイテム?

モップスリッパ
モップスリッパは、その名の通り「モップ」と「スリッパ」が一体となった掃除グッズです。

スリッパの底面(裏)に、マイクロファイバーなどのモコモコとした毛が付いているのが一般的。
スリッパのように履いて歩くだけで、底面のモップ部分が小さなゴミやホコリなどを吸着し、床を掃除できるという仕組みです。

モップスリッパのメリット

毎日履くスリッパとして、掃除のときの時短アイテムとして、手軽に“ながら掃除”ができるのがモップスリッパの最大の魅力です。

例えば、キッチンで履きながら料理をすれば、何かをこぼしてしまったときもサッと汚れを拭き取れます。
立ったまますぐに拭けるので、急いで料理をしているときは特に便利ですね。

また、音を立てずに掃除できるのもメリット。
仕事帰りの夜の時間や子供のお昼寝中など、音が気になる時間でも気にせず床掃除できます。

飲み物がこぼれた床もすぐに拭けるモップスリッパ

▲飲み物がこぼれた床もすぐに拭ける

 
こういった点から、仕事や家事・育児などで忙しく、こまめに掃除する時間がない方に重宝されているのがモップスリッパです。

モップスリッパのデメリット

一方で、「歩かないところや細かいところはキレイにならない」「時間がたった頑固な汚れには不向き」というデメリットも。

部屋の隅や家具の隙間・凹凸のある場所などを掃除したい場合は、掃除用具と併用しましょう。

また、汚れたモップスリッパを履き続けるのは逆効果。
モップスリッパを定期的に洗い、こまめに部屋を掃除することで、「履いて歩くだけでキレイになる」というメリットを最大限に活かせると覚えておきましょう。


モップスリッパでどのくらい床がキレイになるのかはとても気になるところですよね。

モップスリッパの使用感や効果が気になる方は、おそうじブロガーさんによる「モップスリッパの使用実例」も要チェックです。

予想外のお掃除力!?モップスリッパの使い方比較&お手入れ方法を解説

モップスリッパの種類とお手入れ方法

モップスリッパには、スリッパ全体に繊維が付いたもの、家にあるスリッパにかぶせて使えるものなど、いくつかのタイプがあります。

ここからは、それぞれのタイプの特徴とお手入れ方法をご紹介していきます。
日常的に履きたい、掃除のときだけ使えるアイテムがいいなど、実際に使うシーンを思い浮かべながらタイプの違いを見ていきましょう。

モップスリッパの3つのタイプ

モップスリッパには、大きく分けて3つのタイプがあります。

  • スリッパとモップが一体になっている「一体型」
  • 家にあるスリッパにかぶせて使う「即席型」
  • スリッパからモップ部分が取り外せる「セパレート型」

タイプによって使い方やお手入れ方法が異なりますので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

モップスリッパのタイプ|モップ一体型

モップ一体型のモップスリッパ
スリッパの裏面または全面にモップが付いた一般的なモップスリッパのタイプです。
本体とモップ部分が一体となっているので、履いたときに安定感とフィット感があります。
動物モチーフなど可愛いデザインが多いのも特徴です。
汚れた時のお手入れ方法
洗剤で洗う前に掃除機やコロコロで大きなゴミやホコリを取り除きます。
型崩れを防ぐため手洗いがおすすめですが、中には洗濯機で丸洗いできるものもあります。

モップスリッパのタイプ|かぶせて使う即席型

かぶせて使う即席型のモップスリッパ
家にあるスリッパをモップスリッパに変身させることができるタイプ。モップ部分だけの商品なので、コンパクトに収納できます。
お家のスリッパの数を増やすことなく使える点も魅力です。掃除したいと思ったときだけ、台所仕事をするときだけなどの使い方もできますよ。

フローリング用のワイパーヘッドに被せて使える2wayタイプもあります。これならフロアモップとしても便利に使えそうですよね。

汚れた時のお手入れ方法
モップ部分だけなので、そのまま洗濯機で洗えます。
汚れがひどいときは事前に手洗いをしてゴミを落としておきましょう。

モップスリッパのタイプ|取り外せるセパレート型

スリッパ本体からモップ部分が取り外せるタイプもあります。
マジックテープが広めのもの、モップ部分の密度が高い・薄めのものだと、歩いたときの安定感が増します。

モップ部分を付けたまま長く使っていると、本体とモップ部分がズレることもありますので、早めのお手入れを心掛けましょう。

汚れた時のお手入れ方法
スリッパ部分とモップ部分に分けて、個別に洗濯できるのが大きな特徴です。
汚れが気になったときにモップ部分だけを外して洗えるので、一体型よりも手軽に洗えて乾きやすいというメリットがあります。

モップスリッパを選ぶときのポイント4つ

タイプ別の特徴が分かったら、次に何を基準に選べば良いのかチェックしていきましょう。
モップスリッパ選びを失敗しないポイントは、下記の4つです。

  • 繊維の密度が高いものを選ぶ
  • 季節に応じたアイテムをそろえる
  • 洗濯しやすいものを選ぶ
  • デザインに注目する

これらを押さえておけば、自分好みのモップスリッパが見つかりますよ。

ポイント【1】繊維の密度が高いものを選ぶ

繊維の密度が高いモップスリッパ
100均で販売されているような安価なモップスリッパの中には、繊維があまり細かくないものもあります。
お試し感覚なら良いのですが、床の汚れをよりキレイにしたいなら「繊維の太さや密度」が重要です。

できるだけ細かい繊維がびっしりと並んでいる方が、小さなゴミやホコリまで絡め取ってくれますよ。
キッチンで使いたいなら吸水性のある素材かどうかもチェックしてみてください。

ポイント【2】季節に応じたアイテムをそろえる

冬用のモップスリッパ
モップスリッパのモップ部分は、モコモコとしたマイクロファイバー素材を使用したものが一般的です。

マイクロファイバーは空気を含むという特徴から、洗濯しても乾きやすい、冬は足元が冷えを感じにくいというメリットがあります。
しかし、夏には暑い空気を溜め込んでしまうので、履きづらさを感じてしまうというデメリットに変わります。

そのため、暑い時期や寒い時期など使う季節に応じて、素材の異なるモップスリッパを使い分けるのもおすすめです。

ポイント【3】洗濯機で洗えるものを選ぶ

モップスリッパを洗濯する
モップスリッパの使用頻度が高いなら、洗濯機で手軽に洗えるかもチェックしましょう。

また、洗濯したあとに乾きやすいかどうかもポイント。
底面にクッションが入っているものなどは、乾くまでに1日以上かかってしまうこともあります。
クッションなどが入っていないスリッパなら、洗濯機の「脱水」にかけても傷みが少なく長く使えますよ。

乾くまでのストレスを減らしたいなら、マイクロファイバーのような速乾素材を選びましょう。

お手入れが面倒・衛生面が気になる場合は、1足200円前後の安価なモップスリッパを選んで、使い捨てにするもひとつの手です。

ポイント【4】デザインに注目する

おしゃれなモップスリッパ
日常的に使うなら、デザイン性にも注目しましょう。

モップスリッパは機能面に目がいきがちですが、一見すると普通のスリッパに見えるようなレザー素材を使ったものや、来客にそのまま出せるようなシンプルなデザインもあります。
動物モチーフのモップスリッパ
また、モコモコの可愛い動物モチーフなら、子供も喜びそうです。
家族みんなで履けば、その分床掃除ができて家事の時短にもつながります。

¥2,640 (2021/09/25 14:31:23時点 楽天市場調べ-詳細)

モップスリッパの便利な機能とおすすめアイテム

ここからは便利な機能をもったイチオシのモップスリッパをご紹介していきましょう。
迷ったらこちらを参考にしてくださいね。

雑巾のように洗って絞れるモップスリッパ

洗っても型くずれしにくいものなら、じゃぶじゃぶと水で洗ってそのままぎゅっと絞ることができますよ。
簡単にお手入れできるので、いつでも清潔に使えます。

こちらは吸水性が良いので、こぼれた水やジュースを拭くときにもおすすめ。
雑巾代わりに置いておいても重宝しそうです。

¥1,100 (2021/09/25 18:03:39時点 楽天市場調べ-詳細)

スリッパ全体でしっかりと汚れをキャッチ!

スリッパ全体にモップが付いた商品なら、家具の隙間に足を入れてホコリを一発キャッチ!
モコモコとした厚みがあるので、部屋の角も楽々掃除できます。

超極細繊維マイクロファイバーで汚れをしっかり落としてくれますよ。

¥980 (2021/09/25 18:03:39時点 楽天市場調べ-詳細)

履き心地の良さにも注目

素足で触れることが多いモップスリッパ。どのメーカーも気持ちのいい履き心地にこだわっています。

中でもこちらは、素足に触れる部分がタオルによく使用されるシンカーパイルになっており、履き心地が抜群。
モダンなレザー仕様で、モップスリッパに見えないデザイン性もおすすめポイントです。

¥1,848 (2021/09/25 18:03:39時点 楽天市場調べ-詳細)

ゴム入りの履き口がかぶせやすい

かぶせて使う即席型は、履き口にゴムが入っているものが便利。伸縮性があるので、スリッパのサイズに関わらず着脱が楽です。

こちらは、子供から大人まで幅広く使えるモップのみのアイテム。
スリッパ以外にも、フローリング用のワイパーヘッドに装着可能で、洗濯機で丸洗いできます。

¥570 (2021/09/24 21:00:09時点 楽天市場調べ-詳細)

可愛いデザインで掃除の気分をあげよう

可愛らしい動物デザインのモップスリッパなら、面倒なときでも楽しく掃除できそうですね。
動物デザインが多いのもモップスリッパの特徴です。

こちらはモップ部分がマイクロファイバー素材で、クッション性が良くふかふかの履き心地。
長い毛足で空気の層を作るので、寒い冬でも足元を温かく快適にしてくれますよ。

¥1,712 (2021/09/25 04:19:14時点 楽天市場調べ-詳細)

おわりに

いかがでしたか?
普段履きのスリッパとして、お掃除のお供として、雑巾の代わりに…。モップスリッパには幅広い使い方ができることが分かりましたね。

家事に仕事にと忙しい毎日を送る方にこそ、「ながら掃除」ができるモップスリッパを使っていただきたいです。
自分の生活スタイルに合ったものを選んで、より快適に毎日を過ごしてくださいね。

見えない汚れは危険!大掃除でやっておくべきスキマ掃除のコツとおすすめ便利グッズ 年末掃除【脱大掃除!】ストレスを溜めないわが家の年末掃除スタイル