細かい隙間のカビ・ホコリもごっそり落とす!洗濯機掃除のコツとおすすめ便利グッズ

洗濯機の掃除

洗濯機のお手入れ方法というと、以前SNSでも話題になった洗濯槽内の「オキシ漬け」などが有名ですね。
洗濯機のオキシ漬けは、洗濯槽内の水垢、石鹸カス、衣類の汚れ、洗剤の溶け残り、カビなどを酸素系漂白剤でつけ置き洗いするという方法。

でも、洗濯機の汚れは洗濯槽内だけじゃないですよね。
実は洗濯機は色々と汚れがつきやすい家電なので、洗濯槽以外にもお手入れが必要な場所があります。

今回は、普段見落としがちな洗濯機の細かい隙間部分の汚れや、洗いにくいパーツ部分のお手入れ方法について詳しくご紹介します。

いつもの洗濯槽のお手入れにプラスするだけで、洗濯機がピカピカになり、気持ちよく使うことができますよ。

洗濯機の中でも特に汚れやすい場所・代表的な汚れとは?

洗濯機まわりは、近くで衣類を脱いだり、洗濯機へ入れたりすることが多く、とてもホコリが出やすい場所。そのホコリが、洗濯機にたまりやすくなります。

特にホコリがたまりやすいのが、洗濯機の洗濯機の蓋のすき間や、給水口のつけ根など。
ホコリ以外にも、蓋の開け閉めするパーツ部分には手垢による汚れもついています。
洗濯機のフタの隙間
一方で洗濯機の内側は、柔軟剤投入口、洗剤投入口、糸くずフィルター、給水ホース周りが特に汚れやすいです。

洗濯機の内部は通気性も悪く、カビが発生しやすいです。
汚れを放っておくと、ヌメリが出たり黒ずみがついて、悪臭の原因にもなってしまいます。

どれも掃除しにくく手ごわそうな場所が多いですが、ちょっとした道具があれば簡単にお手入れ出来ます。

洗濯機の隙間掃除に必要な道具やあると便利なグッズ

洗濯機掃除の便利アイテム
今回のお手入れで使用するのは、下記の3つです。
また、黒ずみなど水洗いでは落とせない酷い汚れがある場合のみ、酸素系漂白剤も使用します。

洗濯機掃除の便利アイテム

  • 乾いたタオルやクロス
  • 古ハブラシ
  • 「洗濯機すきまクリーナー」

「洗濯機すきまクリーナー」について

洗濯機掃除に便利なまめいたの掃除スティック
今回使った「洗濯機すきまクリーナー」は、縦型洗濯機にもドラム式洗濯乾燥機にも使える便利アイテム。
細かい隙間部分掃除に便利な極細繊維(マイクロファイバー)のついた「細型スティック」が2本、先端にアクリル不織布がついた「薄型スティック」が5本入っています。
細型スティックが使いやすい
特に細型スティックの方は使いやすいです。
先が丸くなって弾力があり、毛羽だっているので隙間の奥まで届き、1本1本の極細繊維が汚れやホコリを絡め取り、簡単にかき出すことが出来ます。

洗剤なしで使えるのも嬉しいポイント。汚れても水洗いすれば何度も使えるので、とても重宝します。

洗濯機の隙間をピカピカにするお掃除方法と手順

まずは、乾いたホコリ取りから行います。
乾いたホコリは乾いたまま掃除し、内部の濡れている汚れはスティッククリーナーを濡らしてから磨くと汚れを落としやすいですよ。

スティッククリーナーに汚れがついたら、ホコリを取り除きましょう。そうすれば何度も利用できます。

洗濯機のふた(外側)のお手入れ

洗濯機の給水口と風呂水吸水口は、つけ根部分にホコリがたまりがち。
細型スティックを差し込むと、中に詰まったホコリのかたまりが取り出せます。

STEP1
給水口付近のホコリをかき出す
蓋と洗濯機本体のつけ根部分にも、ホコリがたまっていました。
STEP2
とくに薄い隙間には、薄型スティックが入りやすいです。
奥から手前にひくようにすると、上手にかきだせます。
薄型スティックで隙間を掃除
洗濯機の薄い隙間に便利な薄型スティック
STEP3
隙間掃除が終わったら、古タオルでふた全体の汚れを落とします。
タオルは濡らさずに乾いたまま使った方が、ホコリを簡単に落とせます。
古タオルで洗濯機掃除
乾拭きでしっかりとホコリを落としてから、最後に軽く濡らしたタオルで磨けばピカピカに。
古タオルは、洗濯機掃除以外にも、色々なお掃除で便利に使えますよ。
幅木の掃除いつものお掃除にプラスワン♪部屋の隅々までほこりやカビを取り除く簡単掃除のコツ

洗濯槽の上部の汚れをきれいにする方法

洗濯槽の上部は水気がたまりやすく、黒カビが発生しやすい場所です。

STEP1
クリーナーを水かぬるま湯でぬらして、かきだすように磨くと汚れが落ちやすくなります。
洗濯槽上部のお手入れ
STEP2
しっかりと汚れが落とせたら、最後に古タオルで拭き取ります。

黒っぽい汚れがつきやすい洗剤投入口のお手入れ

洗剤投入口は、黒っぽい汚れがつきやすい場所です。

STEP1
細型スティックで、入口を丁寧に洗います。
STEP2

すすぎ用に水を流しこむと、残った汚れもきれいに洗い流せますよ。

STEP3
最後の仕上げに、濡らした古タオルを使って、取りきれなかった汚れを拭き取りましょう。

洗濯機の柔軟剤投入口のお手入れ

STEP1
柔軟剤投入口のケース側は柔軟剤が残っていたり、カビが生えていたりするので、古ハブラシかクリーナーでぬるま湯を使って洗い流します。
柔軟剤投入口のお手入れ
STEP2
本体側もホコリやカビが生えている事が多いので、しっかりと汚れをかきだして、きれいに拭き取ります。
べとついた柔軟剤投入口をきれいにする方法
STEP3
最後に濡らした古タオルで拭き取ります。

糸くずフィルターのお手入れ

STEP1
フィルター自体は、古ハブラシで優しくゴミを落とします。
糸くずフィルターの掃除
STEP2
黒ずみが取れない場合は、オキシクリーンなどの酸素系漂白剤でつけ置きしてすすぎます。
糸くずフィルターのオキシ漬け
STEP3
つけおきしている間に、洗濯機本体側の汚れもかきだしておきます。
糸くずフィルターのお手入れ(洗濯機本体)
こちらもおすすめ
オキシ漬けでピカピカ!オキシクリーンで効率よくキレイにする洗濯槽掃除のコツ

洗濯機掃除のポイントとまとめ

一般的に洗濯機が置かれていることの多い洗面所は、とても湿気が多い場所。
ちょっとした汚れをそのまま放置していると、べとついてしまったり、カビが発生してしまったりします。

正直、今まで隙間や細かいパーツ部分のお手入れは、古タオルで拭くホコリ掃除くらいしか行なってきませんでした。
でも今回使ったような細かい部分まで届くお掃除アイテムがあれば、隙間までスッキリときれいにできます。

普段のお手入れに「隙間専用クリーナー」をプラスするだけで劇的に掃除がらくになり、見違えるほどピカピカになりました。
ピカピカに掃除した洗濯機
クリーナーの「薄型スティック」は使い捨てですが、「細型ステック」は水洗いすればまた使えそうです。

お風呂場の扉のすき間部分などの掃除にも使い回せば、お得感がありますね。

▼今回のお掃除で使用したアイテムはこちら

悪臭とつまりの原因を解決!洗濯機の排水口掃除と汚れの予防方法 洗濯槽の黒カビ汚れを徹底洗浄!洗濯槽クリーナーの選び方と洗濯機のお手入れ方法