【脱大掃除!】ストレスを溜めないわが家の年末掃除スタイル

年末掃除

がんばって年末の大掃除をしたら、年が明ける頃には、疲れきってグッタリなんて経験はありませんか?

しっかりと年末の大掃除をできるのはベストかもしれませんが、特に共働き世帯などは、色々な事情でできないこともあると思います。

夫婦共働き世帯のわが家も、完璧に家をきれいにしようと毎年がんばっていましたが、数年前から大掃除をやめ、決まった場所だけを、短時間で効率良く掃除するスタイルに変えました。

皆川英世

この記事では、そんなわが家の新しい年末の掃除スタイルをご紹介します。

わが家が年末の大掃除をやめたワケ

わが家は妻、私、中2長女、小3長男の4人家族で夫婦共働きなのですが、「年末には必ず大掃除を行うもの」という固定概念もあり、長い間、仕事納めの次の日から、休む間もなく大掃除に取り組んでいました。

ただ、夫婦ともに「掃除しなきゃ」という義務感で、準備もせずに大掃除をしていたので、なかなか作業が進まず、年内に終えられなかったり、途中でギブアップしてしまうなんてこともしばしば。

それが原因で、せっかくの年末年始なのにゆっくり休めないという、残念な年末年始を過ごしていました。

大掛かりな掃除をしなくても年は越せる

毎年のようにそんなことを繰り返していましたが、3年前に仕事で大掃除ができないことがありました。

その時に「掃除しなくても、年を越せるんじゃないか?」と開き直って、思い切って大掃除をやめてみたら、思いのほか充実した年末年始を過ごせたことがありました。

短時間で終われる年末掃除スタイルに変更

それ以降、力の入った年末の大掃除はせず、場所を決めて、短時間で、パパっと掃除するスタイルに変えました。

大掃除をしないという後ろめたさは少しだけありますが、家庭内のピリピリ感もなくなり、リラックスした時間を過ごせるようになったと思います。

効率的に掃除を進めていくスタイルなので、「大掃除、めんどうだなぁ」と思っているご家庭とっては、かなりおすすめのスタイルかもしれません。

掃除の効率は準備次第!年末掃除がうまくいく3つのポイント

年末に大掃除をしないかわりに、わが家では「手早く」「短時間で」「ムリなく」「簡単に」をテーマに、効率のよい掃除を目指しています。
そのために、準備はかなり細かく行います。

12月初旬頃から準備し始めますが、どの様な準備をしているか、そのポイントを3つご紹介します。

【1】掃除のスケジュールを決めましょう

カレンダーに掃除の日を書き込む
まず、掃除をする日を決めるのが第1歩です。

わが家では、家族全員が年末の予定をそれぞれ報告し合い、12月初旬頃には掃除をする日程を決めます。

仕事や部活動、習い事などで、多少変わることもありますが、早めにスケジュールを決めておくことで、「予定を合わず、結局掃除できなかった」ということを防ぎます。

カレンダーに書きこんでおけば、掃除をする日をうっかり忘れて、予定を入れてしまうなんてこともなくなりますよ。

毎年1日で終わってしまうのですが、無理なく掃除できるように、一応掃除日として2日間あてるようにしています。

【2】掃除する場所とその担当を決めましょう

年末掃除の分担表
掃除する日が決まったら、掃除をする場所とその担当を決めましょう。

掃除をする場所は、以下の2つの基準で家族全員で話し合って決め、不公平感が出ないようにします。

  1. 家族全員が掃除した方がよいと思う場所かどうか。
  2. 部屋に対して、汚れが目立つかどうか。
「ここをキレイにした方がよい」という意見をそれぞれ持ち寄り、家族全員が賛成したら、年末に掃除をするようにします。
みんなで協力して掃除をする雰囲気を出していくとよいでしょう。

ちなみに今年は、「壁が汚いと、部屋全体が汚く見える!」という長男の意見で、壁の掃除を行うことになりました。

これら2つの基準に当てはまらないときは、多少汚れていても生活に困らないと判断して掃除しないようにしています。

「これぐらいならすぐ掃除できちゃう」と少しずつ追加して、結局手に負えなくなってしまった経験があるので、基準に満たない場合は、スッパリあきらめることも大切です。

掃除の分担は子どもたちの意見を優先

掃除の担当も話し合いで決めますが、家族全員が納得して気持ちよく掃除したいので、なるべく子供たちの希望に沿うようにしています。

そうすると、子どもたちからの不満もあまり出ず、それぞれ責任感を持って掃除するようになると思います。

我が家の年末掃除の場所と担当者リスト

これが今年の掃除場所と掃除担当のリストです。
お掃除リストを作って、冷蔵庫に貼り、いつでも見えるようにしています。

そうじする場所 そうじする たんとう そうじする日
〇/×/△
キッチン ガスコンロ拭き ×
換気扇拭き ×
シンク排水溝拭き ×
冷蔵庫拭き/整理 ×
食器棚整理 ×
電子レンジ拭き 長女 12月26日
洗面所 鏡拭き ×
排水口そうじ ×
小物整理 ×
風呂 鏡拭き ×
床などカビ取り ×
トイレ 便器拭き 12月26日
床掃除/雑巾がけ 12月26日
リビング他 フローリング掃除機 妻/私 12月27日
フローリング拭き ×
エアコン ×
飾り棚ホコリ取り 長女 12月26日
かべのよごれを落とす 長男 12月26日
カーテン掃除 ×
ソファカバー洗濯 妻/私 12月27日
窓ガラス、網戸掃除 12月26日
寝室 寝具洗濯 妻/私 12月27日
子供部屋不用品整理 全員 12月27日
子供部屋おもちゃ整理 全員 12月27日
玄関 掃き掃除 妻/私 12月27日
クローゼット整理 ×

ちなみに今年は、初日に、トイレ掃除(妻)、窓と網戸拭き(私)、飾り棚のホコリ取りと電子レンジ掃除(長女)、壁の汚れ拭き(長男)を掃除することになりました。

掃除2日目は、おもちゃなどが散らかっている、長男の部屋を全員で整理整頓する予定です。

【3】掃除道具を準備しましょう

100均で揃えた掃除道具
いざ大掃除を始めようとして、掃除道具や洗剤がなくてモチベーションが落ち、掃除をやめてしまったなんてことはありませんか?

そういう時って、せっかくのやる気が削がれて、立ち直るまで時間がかかりますよね。

そうしたムダや非効率をなくし、掃除を手早く終わらせるために、あらかじめ便利なお掃除グッズを準備しておきましょう。

お掃除グッズは必要なモノだけ購入

わが家では、掃除する場所と日程が決まったら、すぐに100円均一ショップに行き、必要なグッズを買い揃えるようにしています。

決まってないうちに道具を揃えてしまうと、必要なくてムダになってしまったなんてこともあるので、掃除する場所と日程が決まってから購入します。

ただし、年末ギリギリになると売り切れてしまうアイテムもあるので、注意しましょうね。

今年のお掃除グッズの目玉は、トイレや壁掃除用として購入した「マイクロファイバーぞうきん」。今年初めて使うのですが、どれだけ汚れが落ちるのか、今から使うのが楽しみです。

100円均一ショップのお掃除道具って、本当に種類も豊富で、見ているだけでも楽しくなりますよね。

新しいアイテムで掃除すれば、モチベーションも上がって、断然スピードもアップするので、ぜひ新品のお掃除グッズを揃えることをおすすめします。

掃除のモチベーションを持続させるために必要なコトは?

掃除のモチベーション
ここまで、効率的に年末の掃除を行うための準備についてご紹介してきました。

準備したことを活かし、短時間で手早く掃除を終わらせるために必要なことは、モチベーションとやる気を、いかに最後まで持続させるかではないでしょうか?

ここでは、効率的に年末の掃除を終わらせるために、我が家で実践していることを3つご紹介します。

家族全員で同時に掃除しましょう

仕事などで、メンバーの一部だけ関係ないことや休憩をしていると、他の人にも影響して、全体の効率が落ちてしまうということはありませんか?

作業効率を落とすことなく年末の掃除を終わらせるために、わが家ではルールを2つ決めています。

  1. 掃除は、家族全員で同じ時間に同時に行う。
  2. 自分が担当する場所が終わったら、終わってない場所を手伝う。
一人でも掃除を怠けると、全体の効率は落ちてしまいますが、反対に、全員が刺激し合いながら掃除することができれば、効率はよくなると思います。

それを狙って、わが家では一緒に掃除をすることをルールにしているのですが、子どもたちはお互い競争しながら掃除するので、結果的に短時間で掃除を終えることにつながりますよ。

また、自分だけ終わっても全員分の掃除が終わらないと終了にならないので、自ら積極的に手伝うようになります。それも掃除のスピードアップの要因になっています。

小言はガマンしましょう

子どもが掃除した場所はチェックも細かくなり、ついつい、一言言いたくなってしまうものですよね?

妻と私も、以前はガマンできずに口出しして、子どもがへそを曲げてしまうこともありましたが、最近は、言いたいことが山ほどある時でも、子どもの掃除に対して口出しせず、グッと堪えるようにしています。

子どもたちの掃除へのモチベーションの維持が、年末の掃除を効率よく終わらせる最大のポイントの一つなので、少なくとも年末の掃除が終わるまでは、ガマンすることをおすすめします。
家族で大掃除
小言をガマンすると、掃除の効率化という面だけなく、自らベストの掃除方法を考え、実践するようになるので、子どもたちの主体性を育むという面でもメリットがあると思います。

餅は餅屋・苦手な掃除はプロに任せましょう

誰でも苦手な掃除ってありますよね?

妻と私の共通した苦手な掃除が、年末の大掃除のメインイベントというべき、換気扇やガスコンロなどのキッチン周りとエアコン掃除です。

例えば換気扇やガスコンロは、拭いても、拭いてもこびり付いた油のベタベタが取れず、ゴールが見通せない感じが苦手です。

気合を入れて自分で掃除していた時もありましたが、苦手な掃除でなかなかはかどらず、途中でギブアップして後悔するという悪循環を繰り返していました。
コンロの掃除
そうしたマイナスをなくし気持ちよく年を越すためにも、苦手な掃除は、お掃除をしてくれる専門の会社に委託してしまうのはいかがでしょうか?

実際わが家では、苦手なキッチン、お風呂、エアコンの掃除を、清掃の会社に委託しています。

費用は掛かってしまいますが、1日ですべてをピカピカにしてもらえるので、掃除時間の大幅な短縮にもつながります。

苦手な掃除から解放されるので、気持ちに余裕をもって年末を過ごせますよ!

まとめ

わが家の、年末の掃除事情をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

色々な事情で今年は大掃除が出来そうにない、今から出来る範囲で少しでもキレイにはしておきたいと思っている方の参考になればと思います。

「大掃除しなきゃ」とがんばりすぎると疲れてしまうので、あまり気負いすぎず、自分のペースで、自分のやり方で、年末の掃除に取り組むことが大切なポイントです。

効率よく掃除を行えば、その分リラックスしたり、どこかに行ったりする時間も作れるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 
大掃除マニュアル画像大掃除マニュアル【実践編】―場所別の掃除手順と役立ちアイテムをご紹介―大掃除の準備大掃除マニュアル【準備編】―正しい順番と「やることリスト」で効率アップ!―