頑固な茶渋をスッキリ!コップ・湯呑・水筒などの茶渋の落とし方ときれいに保つコツ

水筒やコップについた茶渋をスッキリ落とす方法

使おうとしたコップや湯呑などの底に茶渋がついていて、「あっ!」と思った経験はありませんか?
白い部分につく茶渋は、特に目立ちますよね。

また、気になりながらも、すっきり落とせないのが水筒の茶渋です。
毎日使っているマグボトルも、ついつい茶渋落としを後回しにしがち。

せっかくなら、お茶は気持ちよく、美味しく飲みたいですよね。
というわけで。コップや水筒の茶渋を、簡単に落とす方法と注意点をご紹介します。

茶渋はなぜつく?気になる「茶渋」の正体(原因)とは

緑茶に含まれているポリフェノール
お茶の渋は、ポリフェノールの一種であるカテキンという成分です。
「タンニンじゃないの?」と思われた方がいらっしゃったらそれも正解です。

タンニンは特定の性質を持つ化合物の総称。カテキンという物質名がまだ決まっていない頃に、お茶の渋はタンニンと呼ばれていました。
茶渋に関しては、タンニンとカテキンは同じものと言えます。

そのカテキンが、水分の中にわずかに含まれる金属イオンと反応して結合し、コップやボトルの内部に付着したものが茶渋です。

コップなどのふちに付着したものが乾燥して時間がたつと、中性洗剤と柔らかいスポンジでは落ちない、とても頑固にこびりついた汚れになります。

「茶渋」と言ってもお茶だけじゃない!?

茶渋というとなんとなく日本茶をイメージする人もいらっしゃるかもしれませんが、実はコーヒーや紅茶などによるカップの汚れも含まれます。

コーヒーや紅茶にも、日本茶と同じくポリフェノールが含まれており、カップやティーサーバーなどに、茶渋が沈着します
(ガラス製のティーサーバーや冷水筒の場合、うっすらと内部が曇ったように見えることもあります)
ガラスの冷水筒についた茶渋
ポリフェノールにはたくさんの種類があり、総称してポリフェノールと呼ばれています。
そのうちの一つがカテキン1赤ワインのアントシアニン、ゴマのセサミンなど5000種以上あります

紅茶にはカテキンコーヒーにはクロロゲン酸が含まれていますが、どちらもポリフェノールの一種です。

それではさっそく。ふつうに洗っても落ちない、頑固な茶渋の落とし方を見ていきましょう。

コップや水筒の茶渋を簡単に落とすのに便利なアイテム

茶渋を落とすのに特別なアイテムは不要。
普段ご家庭で使われているスポンジでも、落とすことができます。

茶渋を取るのにおすすめのスポンジの種類

スポンジには様々な種類があり、素材や形状によっては、使い方にちょっとした注意が必要です。
いくつかのスポンジの種類のメリットと注意点を見ておきましょう。

洗いやすくて便利!底まで洗うには柄つきスポンジ

水筒などの茶渋をとるのに便利な柄つきスポンジ
水筒や高さのあるコップを中までしっかり洗い、茶渋を落とすことを考えるなら柄つきスポンジがおすすめ。
菜箸でスポンジを押し込み、回すという方法もありますが、均一に力をかけるのはなかなか難しいため、1つあると便利です。
¥712 (2020/10/24 19:36:18時点 楽天市場調べ-詳細)

定番はナイロンの不織布のたわしつきスポンジ

茶渋をしっかりこすり落とす不織布スポンジ
やや硬めの不織布のナイロンがついたスポンジも、茶渋を落とす際の強い味方になってくれます。
マグカップや水筒のパーツ洗いは、微妙な形にも沿ってくれるスポンジが便利です。

ただし、固いたわし部分でガシガシこすると洗うところに傷がついてしまいます。湿ったたわしで、摩擦を和らげながら優しくこすりましょう。

¥398 (2020/10/24 19:36:19時点 楽天市場調べ-詳細)

水だけで茶渋を落とすアクリルたわし

エコな手作りのアクリル毛糸で作ったたわし
アクリル100%の毛糸で編んだたわしがブームになった時期があります。
洗剤を使わずに水で汚れを落とすのでエコだと評判になりました。

実は、アクリルたわしは茶渋落としも得意!
アクリルの微細な繊維が絡み合って、茶渋を絡め落すことのできる、とっても優秀なアイテムです。

メラミンスポンジは、素材を選ぶので要注意!

メラミンスポンジは便利だけど使い方に注意が必要
水に濡らしてこするだけで、こびりついた茶渋を削り落とすメラミンスポンジ。
ガラスやマグカップ、湯呑などの茶渋を落とすのに、とても便利です。

メラミンスポンジを使わないほうが良い素材

ただし、プラスチック素材のマグカップやコップには向いていません。プラスチックのマグの場合、表面に傷がついたり、表面の柄や模様を削り取ってしまうことがあります。
塗装や光沢のあるステンレスや陶器などについても、表面を削られてしまうため向いていません。

メラミンスポンジの注意点
メラミンスポンジを使用する時はコップや水筒などの素材に注意して使いましょう。
また、次亜塩素酸ナトリウム・塩素系漂白剤と一緒には使えないので、洗剤の種類にも気をつけてください。

簡単に茶渋を落とす方法【重曹・塩・歯磨き粉・漂白剤】

飲み終えた後はすぐにコップを洗おう
中性洗剤とスポンジでも落ちない頑固にこびりついた茶渋を落とす方法はあるでしょうか?

実は「こする時に一つまみ塗る」だけで、茶渋を簡単に落とす身近なモノがあります。

「一つまみ塗ってこする」だけで茶渋を取る方法

ここで使うのは、重曹・あら塩・クレンザー・歯磨き粉とどれも身近なものばかりです。
それぞれの使い方をお伝えするので、ご家庭にあるもので是非お試しくださいね。

重曹

茶渋に重曹一つまみを塗り、絞ったスポンジでこすります。
重曹の細かな粒子が研磨剤となり、酸性の茶渋とアルカリ性の重曹が中和することで、茶渋が落ちやすくなります。

あら塩

茶渋にあら塩を一つまみを塗り、固く絞ったスポンジでこすります。
コツは塩が溶けてしまわないように手早くこすり取ること。塩の粒子が茶渋を落としてくれます。

クレンザー

クレンザーには台所用中性洗剤とは異なり、研磨剤が入っています。
少量を塗り、こすり洗いすると、研磨剤と界面活性剤の働きで茶渋を楽に落とすことができます。

POINT
市販のクレンザーには、「ガラスやステンレスにも傷をつけない研磨剤のクレンザー(クリームクレンザージフなど)」と「固い研磨剤が入っているクレンザー」があります。
食器やガラスコップの茶渋取りをするときは、クリームタイプなどの「傷をつけない研磨剤」を選ぶようにしましょう。

歯磨き粉

歯にはステインという着色物質がつくため、歯磨き粉(ペースト)にはごくごく微細な研磨剤が配合されています。
この研磨剤を利用して、茶渋を取ることができます。
茶渋に歯磨き粉を塗りつけてスポンジでこすると、頑固な茶渋を落とすことができます。

重曹も、粗塩も、クレンザーもないという時は、歯磨き粉が便利ですね。

頑固な茶渋にも効果的な「浸け置き」の方法

浸け置き洗いだと頑固な茶渋も取りやすい
こするのは大変!あるいは、こすっても取れない頑固な汚れの場合は「浸け置き」をして茶渋を取るのもおすすめです。
キッチンの洗い桶などで浸け置きをしておくだけで、茶渋がするりと取れる方法もあります。

洗剤の種類によって効果や使える素材が異なるので、それぞれ用途によって使い分けてくださいね。

重曹

茶渋は酸性の汚れなので、アルカリ性である重曹で中和させ、茶渋を落とすことが可能です。

【使い方と手順】
 

  1. 60度くらいのお湯1Lに重曹30~50gを溶かします。
  2. 茶渋を落としたいものを1時間ほど、漬け込みます。
  3. 取り出して、すすぐと茶渋は落ちています。

浸け置き後も茶渋が残っている場合は、スポンジでこすり洗いしましょう。
茶渋を落としたいものが大量にある時は、洗い桶などで、まとめて浸け置きがおすすめです。

やかんや、コーヒーポットなど、内部が茶渋でコートされているような長年蓄積された茶渋もペロリと剥がしてくれます。

重曹の量の目安と注意点

重曹の量については、明確な量は決まっていないようです。
個人の経験談になりますが、私はコーヒーポットの渋取りには1Lに50gを使っています。このくらいの量で、面白いほど落ちますよ。

重曹は、クリスタルガラスとアルミ製品には使えませんので、ご注意ください。
クリスタルガラスに含まれる酸化鉛と重曹のアルカリ成分が反応してガラスが曇ってしまいます。
また、アルミ製品は黒っぽく変色しますので気をつけてください。

塩素系漂白剤(キッチンハイターなど)

陶磁器・ガラス・プラスチックなどの茶渋をすっきり落とします。
においが強いので充分にすすぎましょう。

塩素系漂白剤は、ステンレスには使えません。サビの原因になります。
また、メラミン製品にも使えませんのでご注意ください。

【使い方と手順】
 
キッチンハイターの場合は、5Lの水に、50mlの塩素系漂白剤を入れ、茶渋のついたものを30分浸け置きします。
漬け込み後、充分に水ですすぎましょう。
 
※使用量・用法はお使いになる塩素系漂白剤の説明書きをご確認ください。
※この分量は花王の公式サイトを参考にしています。

酸素系漂白剤(オキシクリーンなど)

塩素系漂白剤とは違い、独特のツンとした刺激臭がありません。
陶磁器・ガラス・プラスチックはもちろん、ステンレス、パッキンも漂白することができますので、塩素系漂白剤より穏やかで、使い勝手の良い漂白剤です。

【使い方と手順】
 

  1. 30度~50度のお湯2Lに対して大さじ1杯程度を入れます。
  2. 茶渋をとりたいものを30分~1時間浸け込んだあと、水で充分にすすぎます。
※使用量・用法はお使いになる酸素系漂白剤の説明書きをご確認ください。

クエン酸

クエン酸は茶渋落としより、カルシウムなどの水垢に効果があります。
コップや水筒の内側が茶渋ではなく白っぽくざらついてきた時や曇ってきたときは、クエン酸のつけ置きを試してみましょう。

【使い方と手順】
 

  1. ボトルにぬるま湯(40℃くらい)を入れます。500~600mlに対して小さじ2杯程度入れて溶かします。
  2. ふたをせずに2~3時間放置後、スポンジできれいに洗い、充分にすすぎます

水筒・マグボトルの茶渋を落とす方法・注意点

水筒
水筒の口の部分や、ふたやパッキンのなどについた茶渋は重曹や塩など、塗りつけてこする方法で落とすことができます。深さのあるボトルと複雑な形の中ぶたは、浸け置きで茶渋を落とす方法が便利ですね。

ボトルは立てて、内側だけを浸け置きをする

マグボトルなど水筒を浸け置きする際には、少し注意が必要です。
特に、下記のポイントには気をつけてください。

浸け置きの注意点
  • 洗い桶などに全体を浸けない。
  • フタをしない
  • 必要に応じて張り紙をする
洗い桶などに丸ごとつけてしまうと、マグボトルの場合は柄のシールが剥がれる隙間に水が入って錆びるなどの原因になります。
また、浸け置き時にふたはしないようにしましょう。フタをすると、浸け置き液作用で内部の圧が上がり、膨張したり、フタが飛ぶ可能性があります。

お子さんなど自分以外の家族の誤飲を防ぐために、必要であれば『洗浄中の張り紙』をしておくと安心ですね。

その他の注意点
こすり洗い時は、こすりすぎて傷をつけないように注意する。
ステンレスには塩素系漂白剤は使わない。
洗った後は完全に乾くまでふたをしない。
※水滴が残った状態でふたをすると雑菌が発生して臭いの元になります。

茶渋の予防方法は「ひと手間&当日中に洗うこと」

緑茶を飲んで放置しておくとついてしまう頑固な茶渋
茶渋をつけないためには、使い終わったらすぐに洗うことです。
なかなか難しいかもしれませんが、せめて湯呑やマグカップは、飲み終わったら残った飲み物を捨て、すすいでおきましょう。

水筒やマグボトルは、パーツも外さなくてはならないし、結構面倒なものです。
帰宅後すぐにバッグから出して、流し台に持っていくのを習慣にしましょう。

最低限、ここまではやっておき「その日のうちに、忘れずに洗う」ことが大切です。

米のとぎ汁で炊くという方法は陶器(和的な焼き物)には有効ですが、水筒や磁気(洋食器)のマグカップには有効ではありません

茶渋予防は日々の習慣の見直しから

お子さんがいらっしゃるなら、『帰宅したら、水筒のふたを開けて残りを捨て、水を入れておく』ことを習慣づけましょう。
学生の間ずっとこの習慣を守ってくれれば、水筒の茶渋落としの手間がぐっと減りますよ。

茶渋予防のためには、毎日きれいに洗うことが大切ですが、もう少しゆるく考えて『週に一度、重曹か酸素系漂白剤での浸け置き洗いを習慣にする』のはいかがでしょうか。
これも、しつこい茶渋になる前にできる予防方法の一つです。

さいごに

お茶を飲む時間は、ほっと一息つくときでもあります。
お気に入りのマグカップや水筒がきれいであれば、お茶も美味しく、心も軽くなりますね。

もし今悩んでいる茶渋があれば、一旦汚れをリセットして、そこからきれいなコップと水筒でスタートしてみましょう。

「明日の美味しいお茶のために、今日中に洗う」が目標です。

 
しっかり洗える、おすすめの水筒洗いグッズとは? スポンジ、ブラシ、不織布の3タイプを徹底比較 取り出しやすさ抜群!きれいに片づくコップ・マグカップの収納方法&実例アイデア