頑固な水垢を一掃♪お風呂や洗面所の鏡の掃除方法とキレイを保つコツをご紹介

お風呂や洗面所の鏡って、気が付くと曇ったり汚れたりしていませんか?

特に、お風呂の鏡は汚したつもりもないのに、だんだんと水垢や汚れで見えにくくなっていきますよね。
バスルーム用の洗剤を使って掃除してもきれいにならないし、そのうち諦めて放置している方もいらっしゃると思います。

そもそも、なぜ鏡は汚れてしまうのでしょうか
その原因を知れば、きっと鏡をきれいに掃除できるはず。

今回は鏡が汚れてしまう原因を知るとともに、鏡の掃除方法や、きれいな鏡を保つコツなどをご紹介します。
年季の入った水垢で汚れた鏡をピカピカに掃除した実録レポートもあるので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

鏡が汚れるのはなぜ?

時間の経過とともに、なぜか汚れてしまう鏡。特に汚したつもりもないのに、いつの間にか汚れていますよね。
その原因を探ってみましょう。

洗面所の鏡の汚れ

洗面所の鏡


洗面所の鏡が汚れる原因には、水や歯磨き粉の飛び散り、手垢や化粧品などの油分などが考えられます。
手洗いや洗顔・歯磨きなどの際についてしまったまま汚れを放置しておくと、だんだんと目立つ頑固な汚れになってしまいます。

お風呂の鏡の汚れ

お風呂の鏡


「シャンプーや洗剤が飛び散っても、水で洗い流すのになぜ汚れてしまうの?」と疑問に思いませんか?
その答えは、水に含まれている成分にあります。水にはカルシウムやケイ素といったミネラルが含まれているのですが、それらは時間の経過とともに結晶化します。
その結晶が蓄積していった結果が、鏡のうろこ汚れです。

また、水で流しきれなかった石鹼カスも汚れの原因になります。

洗面所の鏡の掃除方法

こちらでは、洗面所の鏡の掃除方法を解説していきます。
まずは、身近にあるものを使った掃除方法からご紹介しましょう。

洗面所の鏡の汚れは、手垢や化粧品などの油分といった酸性のものが多いので、その性質を利用します。

窓用洗剤で鏡の掃除

窓ガラスを掃除する洗剤は鏡にも使うことができます。
鏡に窓用のスプレー洗剤などを吹きかけ、布で拭き取りましょう。
洗剤の成分が残ると跡になるので、仕上げ拭きを忘れずに。

新聞紙で鏡の掃除

水で濡らした新聞紙を丸めて、汚れた部分をこすってみましょう。
窓ガラスを掃除する際にも利用できる新聞紙ですが、鏡もきれいになります。
仕上げは乾いた布で拭けば完了です。

重曹で鏡の掃除

ナチュラル掃除グッズの定番ともいえる重曹は、鏡の掃除にも役立ちます。
重曹はアルカリ性の洗剤なので、酸性の汚れと相性抜群です。水100~200mlに対し、小さじ1杯の重曹を水に溶かして使いましょう。
布やキッチンペーパーに含ませ、汚れた部分を拭きます。
スプレーボトルに入れ、汚れに吹きかけて布で拭き取ってもOKです。

注意
洗面所の鏡は、種類によっては表面に曇り止めのコーティングがされています。強くこすると洗剤の種類によってはコーティングがはがれたりすることもあるので、事前に取扱説明書を確認しましょう。
重曹1重曹でキレイに汚れが落ちる使い方とは?基本の掃除方法と注意点

お風呂の鏡の掃除方法

お風呂の鏡の汚れは、皮脂汚れや石鹸カスなどアルカリ性です。
そのため、先ほど紹介したお掃除グッズではきれいになりません。
アルカリ性の汚れに効く、酸性のお掃除アイテムを使用しましょう。

「クエン酸」を使った鏡掃除

こちらもナチュラル掃除によく使われるアイテムです。
クエン酸はその名の通り酸性の性質。鏡掃除に利用するには、まず水100mlあたり小さじ1杯のクエン酸を溶かします

そのまま鏡にかけても液ダレしてしまうので、キッチンペーパーにクエン酸液を含ませて鏡に貼り付け、ラップで覆うのがおすすめです。
片栗粉を混ぜて粘度を高めるという方法もあります。

数時間置いて、スポンジまたはメラミンスポンジを使って汚れを落としましょう。
頑固な汚れの場合は、半日以上放置するのがおすすめです。
水アカ除去・除菌・消臭できるクエン酸掃除で梅雨の時期もスッキリ

「お酢」を使った鏡掃除

お酢も酸性の性質です。こちらもクエン酸と同じく、キッチンペーパーに含ませて貼り付けてラップで覆いましょう。
数時間放置したのち、スポンジやメラミンスポンジなどで汚れをこすり落とせば完了です。

「歯磨き粉」を使った鏡掃除

実は、歯磨き粉でも鏡の汚れが落とせます
歯磨き粉には研磨剤が入っているので、水垢も落とせるのです。
ただし、顆粒入りのものは鏡を傷つける恐れがあるので、顆粒が入っていないタイプを選びましょう。

掃除の仕方は、歯磨き粉を布やスポンジに付け、鏡を磨いていきます。
一度では落ちないことが多いので、シャワーで流して汚れが残っているようであれば、繰り返し作業しましょう。

頑固な鏡の汚れに!おすすめのお掃除アイテム

上記のもので落ちない場合や、頑固な汚れには、より鏡掃除に特化した専用のアイテムを使うことをおすすめします。
ここでは2つご紹介しましょう。

水垢用のメラミンスポンジ

水垢が効果的に取り除けるメラミンスポンジがあります。
水で濡らしてメラミンスポンジで磨くだけで、頑固な水垢もきれいに落とせるアイテムです。

少々の汚れなら単品できれいになりますが、より頑固な汚れには洗剤を併用するとよいでしょう。

水垢用の洗剤

重曹や酢よりも強力に水垢を分解したいなら、水垢専用の洗剤を使いましょう。

特に、長年放置した頑固な汚れには研磨剤入りの洗剤がおすすめです。専用のスポンジを使用すると、より効果的に汚れが落ちますよ。

注意
アルカリ性の洗剤を使用する際は、手荒れを防止するためにゴム手袋などを使うようにしましょう。
また、塩素系漂白剤(カビ取り剤)などと一緒に使用すると、有毒ガスが発生し大変危険なので、絶対に併用はやめてください。

【実録】10年以上掃除していない鏡をきれいにできるか!?

10年以上掃除していない年季が入った鏡があったので、実際に鏡を掃除してみました。
今回掃除に使用するのは、「ダイヤモンドうろこ取り」と「ウロコとり一発」という2つのアイテムです。
ダイヤモンドうろこ取り


「ダイヤモンドうろこ取り」は先ほどご紹介したメラミンスポンジとは違い、研磨部分に人工ダイヤモンドを使用したスポンジです。
より汚れをかき取れるよう「ハニカム模様」になっています。
ウロコとり一発
「ウロコとり一発」は鏡やガラスの掃除に特化した研磨剤。ガラスを傷つけにくい微粒研磨剤が使われているので、こすっても鏡やガラスを傷つけにくいアイテムです。
 
果たしてきれいになるのでしょうか。
水垢がついた鏡
こちらがお手入れをする前のBefore画像です。
 
白っぽくなっているのは、水滴などによる一時的な鏡の曇りのせいではないんです。
乾燥している状態にも関わらず、前が見えないほど白い水垢がついています。今まで見たどの鏡よりも手ごわかったです。
水垢がついた鏡の掃除
水垢を落とす効果を分かりやすくするために、マスキングテープで区切ってみました。

上が「ダイヤモンドうろこ取り」、下が「ウロコとり一発」で掃除をします。

アルカリ性洗剤を使用するので、ゴム手袋をはめて作業しました。
窓を全開にして換気にも気を付けています。
水垢がついた鏡の掃除


それぞれのアイテムを使用して掃除をしてみました。ともに10分間ずつ作業した結果がこちら。
「ウロコとり一発」の方は、3回くらいこすっては流す作業を繰り返しています。

「ダイヤモンドうろこ取り」の方は左側がきれいになったのと、全体的に汚れが薄くなったように感じます。
しかし、10年ものの手ごわい汚れに対し、「ダイヤモンドうろこ取り」だけでは歯が立ちませんでした。
時間をかければスポンジ類だけでも掃除できるかもしれませんが、かなり根気強く掃除する必要があるでしょう。

それに比べると、「ウロコとり一発」の場合は、あれだけ真っ白な状態で見えなかった鏡が見違えるほどきれいになっています。
スポンジで掃除をするよりも力を入れる必要がなく、楽に掃除できました。
水垢による浴室の鏡のくもりを掃除


さらに、鏡全体を掃除しました。
「ウロコとり一発」と「ダイヤモンドうろこ取り」を併用して、根気強く掃除。

全体を磨く際も、3回ほどこすっては流す作業を繰り返しています。
まだ右側の汚れが十分に取れていないものの、見違えるほどきれいになりました。
数年は掃除していないと思われる頑固な汚れには、洗剤や研磨剤とスポンジの併用がおすすめです。
ちなみに10年ものの汚れだと、どちらかひとつでは落とせませんでした。

鏡をキレイに保つコツとは?

一生懸命汚れを落としてきれいに掃除した鏡。
きれいな状態を少しでも長く保ちたいですよね。その方法を知っていれば、日々のお掃除も楽になるはずです。

洗面所の鏡の場合は、何といっても汚れを見つけたらすぐに拭き取ることです。
マイクロファイバークロスや、洗剤を洗面所の収納に用意しておき、気になったらサッと掃除できるようにしておきましょう。

お風呂の鏡の汚れは先ほど説明した通り、水のミネラル分が原因です。
そのため、水滴がついた状態が長くなるほど、水垢が付きやすくなります。
対策方法として以下の点を心がけましょう。

【1】鏡に水が付いた状態にしない

水切りワイパー


水切りワイパーなどを使って、お風呂から上がる際に水を取りましょう。習慣化すれば面倒に感じなくなります。
お風呂場にかけておいて、サッと掃除できるようにしておくと便利です。
¥1,077 (2020/06/06 17:19:45時点 楽天市場調べ-詳細)

【2】撥水加工をする

鏡の曇り止め


水垢を掃除したあと、撥水加工をするとよりきれいな状態が長持ちします。
お風呂の鏡専用の曇り止めグッズもあるので、ぜひ利用してみましょう。

【3】こまめな掃除

鏡掃除のアイテム


長年放置することで、鏡掃除はより大変になります。
ちょっと汚れてきたなと思ったら、メラミンスポンジなどで掃除しましょう。

少々の汚れならスポンジ類だけでも十分きれいになります。汚れをため込まないことが大切です。

鏡のお掃除ポイントまとめ

鏡掃除のポイントをもう一度おさらいしましょう。

POINT
・洗面所は油汚れなので酸性の洗剤、お風呂はミネラルが結晶化しているのでアルカリ性の洗剤で掃除
・頑固な汚れには研磨剤入りの洗剤やダイヤモンドパッドのスポンジが効果的
・汚れを見つけたらこまめに掃除(特にお風呂)
・水滴を放置しない

こまめな掃除は面倒に感じるかもしれませんが、放置して頑固な汚れになった方が大変です。
鏡がピカピカだと気持ちがいいものなので、きれいな状態を保てるよう、日ごろからお手入れをしてみましょう。

気になるお風呂のカビを撃退!【タイプ別】カビ取り剤の使い方と掃除のコツ 備え付けの収納棚は必要ない?掃除しやすい&リラックスできる「お風呂」の工夫