洗濯槽の黒カビ汚れを徹底洗浄!洗濯槽クリーナーの選び方と洗濯機のお手入れ方法

朝の家事は洗濯機を回すところから、という方も多いのではないでしょうか。
頼りになる家事の助っ人、洗濯機。
でも、その洗濯機本体のケアはどうしていますか?

普段なかなか掃除できない洗濯槽の裏側は、放っておくとカビやホコリが蓄積していきます
せっかく洗濯しても肝心な洗濯機が汚れていては台無しです。

今回は、洗濯槽クリーナーの種類や、洗濯槽クリーナーを使った洗濯機のお掃除方法をご紹介します。

洗濯槽クリーナーの特徴を知ろう(塩素系・酸素系の違い)

酸素系洗濯槽クリーナー
洗濯機のお手入れのメインはやはり「洗濯槽の洗浄」です。

市販されている洗濯槽用のクリーナーには、大きく分けて「塩素系漂白剤」「酸素系漂白剤」の2種類があります。
どちらを使用した方がよいのか迷ってしまう…という方も多いはず。

まずは、この2つの洗浄剤の違いと特徴を考えていきましょう。

洗濯槽クリーナー|塩素系漂白剤

主成分は次亜塩素酸ナトリウム、カビ取り洗剤等にも含まれる成分です。

酸性のものと混ぜると有毒ガスが出るため、お馴染みの「混ぜるな危険」の文字があります。
作用は強く、見えない場所のカビ菌や雑菌を徹底的に殺菌。
汚れは分解し溶かしてしまいます。

特徴として、塩素系漂白剤特有のツンとした刺激臭があります。

洗濯槽クリーナー|酸素系漂白剤

過炭酸ナトリウムが主成分、弱アルカリ性を示します。

発泡力がありモコモコの泡が汚れを浮かせ剥がしとります。
剥がれた汚れは洗浄中に浮いてくるのでどれだけ汚れていたのか目で確認しやすいのも特徴です。

また、酸化力があるので除菌もできます。
使用後は炭酸ソーダと酸素、水に分解され環境負荷が低く使用感もマイルドな印象です。

洗濯槽クリーナーは上手に使い分けよう

2つの洗浄剤を一言でまとめると、「殺菌力の塩素系漂白剤」「汚れを剥がす酸素系漂白剤」といったところでしょうか。

それぞれの性質を考えると、長年お手入れをされていない(1年以上)洗濯槽の場合は、まず酸素系漂白剤でしっかり汚れを落とし、次に塩素系漂白剤で残った菌までがっちり殺菌する、という2ステップで徹底洗浄をすると良いと思います。

その後は小まめに(1~2か月に一度のスパンで)環境負荷も低い酸素系漂白剤で気軽にお手入れを続けるようにするとよいでしょう。

酸素系の洗濯槽クリーナーを使って洗濯槽を掃除

こちらでは、実際に洗濯槽クリーナーを使って洗濯槽を掃除する手順をご紹介します。
洗濯槽クリーナーを使ったことがないという人は、ぜひ参考にしてください。

【準備作業】洗濯槽内部のお掃除

洗濯槽内部のお掃除
洗濯槽クリーナーを使用する前に、洗濯槽内部をお掃除しておきます。

ゴミポケットや取り外せるパーツを外し、溝などにたまった汚れを掻き出して簡単に掃除をしておきます。

洗濯槽クリーナーの使い方と注意点

洗濯槽内部が綺麗になったら、洗濯槽クリーナーでつけ置き洗いをしていきます。
今回は酸素系漂白剤を使用します。

洗濯槽の掃除手順1
洗濯槽クリーナーの使い方
50度程度のお湯を使って高水位、洗いコースで洗濯槽クリーナーを溶かします。
入浴直後のお湯を利用すると50度のお湯を作りやすくなると思います。

溶かすとすぐに発泡して大量の泡が出てきます。

洗濯槽の掃除手順2
洗濯機のコンセントを抜く
洗浄剤を溶かしきったら、誤作動防止のためにいったんコンセントを抜き、およそ8時間ほど放置します。

このとき、お湯の温度が下がらないよう蓋をしっかり閉めておきます

洗濯槽の掃除手順3
洗濯槽の汚れを取る
漬け置き後、洗濯槽の中に汚れが浮いていた場合はお風呂用のゴミとりネットで汚れをすくいます。

さらに剥がれた汚れを掃き出すために、高水位で洗い→すすぎをします(すすぎの水が溜まった時点で終わるように設定)。
電源をいったん切り、洗濯槽が回転することで浮いた汚れが出てくるのでここでもゴミとりネットで汚れをすくいます。

MEMO
洗浄剤によって剥がれた汚れを一度槽を回転させることで掃き出します。
汚れの再付着予防のため、排水の際に詰まらないために、しっかりゴミとりネットで汚れを取り除いておきましょう。
洗濯槽の掃除手順4
洗濯槽の汚れを取る
再び電源を入れ、高水位設定で1サイクル脱水まで運します。
途中すすぎの水がまだ汚れているようであれば、ネットで汚れをすくいとります。

まだ汚れが気になるようであれば再度1サイクル運転させて、洗浄剤と汚れをしっかり流します。

洗濯槽クリーナーを使うときのポイント

洗濯槽クリーナーを使うときは、使用するお湯の温度に注意してください
酸素系漂白剤には「得意な温度」があります。

60度以上の高すぎるお湯を使用すると、酸化するスピードが上がりすぎて汚れを分解し終える前に酸素が全て出てしまい、酸化力がなくなってしまいます。
そうすると汚れの分解力、除菌効果が下がってしまうのです。

酸素系漂白剤を使用する時は…
酸素系漂白剤は発泡力が高いため、泡が洗濯槽からあふれ出て故障の原因になることもあります。
メーカーによっては酸素系漂白剤クリーナーの使用を禁止している機種もあるので、洗濯機の取扱説明書をよくお読みください。

洗濯機のゴミポケットや洗剤投入口もあわせて掃除しよう

洗濯機のゴミポケットや洗剤投入口のお掃除
洗濯槽のお手入れが終わったら、他の部分も綺麗にしておきましょう!

ゴミポケットは、ぬるま湯を入れたバケツに漬けておくと、取り切れなかったこびりついた細かい埃やゴミが浮いてきます。
浮いてきたところで、お湯の中で柔らかいブラシで汚れを掻き出し水ですすいでから乾燥させます。

洗濯機の液体洗剤投入口
液体洗剤投入口などは固まってしまうと効率よく洗剤が流れません。
細い穴タイプなら細口の急須ブラシなどを使って汚れを綺麗にしておきましょう。

忘れがちな洗濯機の隙間もしっかり掃除!

洗濯槽のふちの掃除
洗濯槽に水がたまっている=重さで槽が下がっています。
普段見えない洗濯槽の縁の溝の汚れの拭き掃除のチャンスです。

ここは洗濯物から出る糸くずや埃がたまっていて意外と汚れています(事故防止のためしっかりコンセントを抜いた状態で掃除してください)。

洗濯機の隙間掃除について詳しく見る
洗濯機の掃除細かい隙間のカビ・ホコリもごっそり落とす!洗濯機掃除のコツとおすすめ便利グッズ

洗濯機の外側の埃も拭き掃除を

洗濯機の外側の拭き掃除
洗面所に洗濯機を設置している場合、衣類の脱衣の際に出る埃が洗濯機にもしっかりこびりついています。
コードや凹凸の多い蓋の裏等はお掃除手袋などで拭き掃除をしてスッキリさせましょう。

スイッチパネルも洗剤や手垢で汚れていますよ。

洗濯槽の黒カビや汚れを防止するために

洗濯槽の掃除頻度
洗濯槽内部の汚れは洗剤や皮脂汚れを好む黒カビ汚れがほとんどです。
一度しっかり洗浄したら、再びカビ汚れが発生しないよう防止策をとりましょう。

主な対策方法は3つです。

  1. 洗濯機の使用後は、洗濯槽乾燥コースなどでしっかり乾燥させ、蓋は開放しておく。
  2. 洗濯機を使用する度に、ゴミポケットは外してゴミをとり乾燥させる
  3. 月に1度は洗濯槽クリーナーでお手入れをする

一度徹底洗浄した後は、是非こまめなクリーナーでのお手入れをおすすめします。
我が家では忘れないように、「毎月第4金曜日の夜は洗濯機の日」と、洗濯機・洗濯槽の掃除を家事スケジュールに組み込んでいます。

見えない槽の裏側までピカピカになった洗濯槽で、気持ちよくお洗濯をしたいですね!

お掃除手袋が便利!掃除しにくい場所をすっきりきれいにする使い方アイデア キッチンやお風呂の細かい隙間汚れに!あると便利な掃除ブラシ