シャワーヘッドの水垢や黒カビを一掃!家庭でできるつけ置き掃除の方法とコツ

シャワーヘッドafter

意外と汚れやすい、お風呂のシャワー。
使用する時はシャワーヘッドをまじまじと見る機会はほとんどなく、汚れに気がつきにくいです。

毎日のお風呂の掃除で、シャワーを「すすぐ道具」に使うことはあっても、シャワーヘッド自体を洗うという機会は少ないでしょう。

しかし、一見きれいに見えるシャワーでも、ヘッドの内部や周辺、つけ根などは、黒カビや水垢(みずあか)などで汚れています。

よしママ(おそうじブロガー)

ヘッドが汚れていると、目詰まりして水が出にくくなることもあるので、定期的なお掃除は大切です。
今回は、家庭でもできるつけ置き掃除の方法目詰まりなどの直し方などについてお伝えします。

シャワーにつく主な汚れとは?

シャワーヘッドを分解して洗う
お風呂で発生する汚れには、様々な汚れがあります。
手垢、水垢、皮脂(ひし)汚れ、石けんカス、黒カビ、赤カビなどが代表的な汚れとして挙げられます。

シャワーヘッドにつく汚れも同じです。
他にも、蛇口などでよくみられる銅の酸化によるサビの「緑青」(りょくしょう)も、まれにシャワーヘッドにつくことがあるようです。

シャワーのお掃除の頻度と方法について

シャワーヘッドを浴室用洗剤で洗うのは、2~3週間に1度のペース。
普段から中性の浴室用洗剤で洗っていれば、軽い汚れは落とすことができます。

しかし、蓄積した頑固な水垢や黒カビなどは、つけ置きしないと汚れがゆるみません。

汚れの種類別で異なる「つけ置き」の洗剤について

シャワーヘッドをつけ置きするときは、落としたい汚れの種類によって使う洗剤が異なります

汚れの種類とつけ置きの洗剤
水垢(アルカリ性の汚れ):酸性のクエン酸を使ってつけ置きします。
皮脂・石けんカス・黒カビなど(酸性の汚れ):セスキや重曹、オキシクリーンなどのアルカリ性の洗剤でつけ置きします。
皮脂・石けんカス・黒カビなどは酸性の汚れを落としたい場合は、「お風呂のオキシづけ」を行う際にシャワーヘッドを一緒につけ置きするという手もありますね。

内部までしっかりつけ置きする掃除は、浴室をオキシづけするタイミングや、汚れが気になったらその都度行うとよさそうです。

今回は、クエン酸でのつけ置き方法と、漂白効果も期待できるオキシクリーンでのつけ置き方法について紹介します。

シャワー掃除の手順とコツ

シャワーヘッドのお手入れ
シャワーのお掃除と言えば、シャワーヘッドがメインですが、実はホースやフック部分も汚れやすいです。
せっかくなので、シャワーヘッドと一気に洗ってしまいましょう。

お手入れ前のご注意点
お手入れ前に、ご家庭のシャワーの取り扱い説明書をご確認してからお掃除してください。
分解する場合は、細かいパーツがある場合は紛失しないよう気をつけてください。
シャワーが分解できない場合でも、下記の方法でそのままつけ置きして洗えます。

クエン酸によるつけ置き方法

水垢やカルキ汚れがつきやすい、シャワーヘッド。
特に、水の出てくる散水板の部分には、白っぽい塊やウロコのような汚れが付きやすいです。

軽くこするだけでは落ちない固い汚れですが、つけ置きして汚れをゆるめることができます。

つけ置き液の材料

  • ぬるま湯(2L)
  • クエン酸(大さじ3)
手順1
つけ置き液を作る
まずは、つけ置き液を作ります。
2Lのぬるま湯に大さじ3のクエン酸を入れて混ぜます。
クエン酸でのつけ置き
手順2
つけ置きする
先ほど作ったつけ置き液に、シャワーを2時間ほどつけ置きします。
クエン酸でシャワーヘッドの浸け置き
手順3
ブラシで磨く
ブラシで磨きます。今回のお手入れでは、100均の急須ブラシを使用ました。
目が詰まっている場合は、爪楊枝や針で穴を通します。
シャワーヘッドの詰まりの解消
手順4
すすぐ
しっかりすすいで完了。
クエン酸につけるだけで、くすみや黒ずみも軽くなりました。

オキシクリーンつけ置き

クエン酸のつけ置きでは落ちない汚れがある場合は、オキシ漬けをプラスします。
黒カビ、赤カビ、石けんかす、皮脂汚れなどを落としてくれます。

先にオキシクリーンでつけ置きしてから、クエン酸でつけ置きすることもできます。

つけ置き液の材料

  • ぬるま湯(2L)
  • オキシクリーン(キャップ半分)
手順1
つけ置き液を作る
つけ置き液を作ります。
2Lのぬるま湯に、キャップ半分のオキシクリーンを入れて混ぜます。
オキシクリーンでつけ置き液を作る
手順2
つけ置きする
2時間つけ置きします。
ホースが浮くので、タワシで抑えながらつけ置きしました。
オキシクリーンでシャワーの浸け置き
手順3
ブラシで磨く
ブラシで磨きます。100均の急須ブラシを使用しました。
ホースとの接続部分の黒ずみ、ヘッドの中の黄ばみも落ちやすくなっていました。
シャワーヘッドの内部
手順4
すすぐ
しっかりすすぎます。
汚れが比較的軽い場合は、オキシ漬け後に磨くだけできれいになります。

頑固な汚れには重曹ペーストがおすすめ

クエン酸や、オキシクリーンでつけ置きしても落ちない場合は、研磨効果のある重曹で磨きます。
傷が気になる場合は、目立たない場所で最初に確認してから磨いてください。

重曹に対して水を3:1の割合で薄めたものを使って磨いていきます。
あまり薄めすぎると研磨効果が落ちるので気をつけましょう。

手順1
汚れにすりこむようにして磨きます。
シャワーヘッドのぬめりを取る
手順2
しっかりすすぎます。

シャワーのホースやフックにつく黒カビの対処方法

浴室の壁や浴槽に接している部分には、ポツポツと黒点のような黒カビがつきやすいです。
汚れが軽い場合は、つけ置きと重曹ペーストで磨くことで落とすことができます。

手順1
オキシクリーンで、シャワーヘッドと一緒につけ置きします。
(ホースが外せる場合は外してつけ置きします)
手順2
重曹ペーストでカビを磨きます。
炊事用手袋をし、重曹ペーストをすりこむように握ってこすると落としやすいです。
シャワーホースの汚れを重曹ペーストで落とす

ホースの頑固な黒カビには塩素系漂白剤が有効!

ホースにこびりつく黒カビには根の深い頑固なものもあります。
最初から塩素系漂白剤をつけて落とすことも有効です。

塩素系漂白剤は必ず単品で使用し、酸性のクエン酸などと併用しないようにしてください。

塩素系漂白剤を使う際は、したたり落ちにくいジェル状のものを使うと便利です。
シャワーホースのカビ取りに便利なジェルタイプの洗剤

付け根や細部の黒ずみまでスッキリ!フックのお手入れ方法

シャワーをひっかけるためのフックにも、黒ずみなど汚れが目立つことがあります。
基本的に、浴室用洗剤とブラシがあればキレイにできます。

手順1
浴室用洗剤をかけます。
手順2
ブラシで磨きます。
つけ根部分や細部に黒ずみが残らないように、隙間にそってブラシを動かすのがポイントです。
シャワーフックのお手入れ
手順3
しっかりすすぎます。

【Before・After】つけ置きや洗剤の効果にびっくり!

それでは、実際にどのくらい効果があったか、BeforeとAfterの写真で見比べてみましょう。

シャワーヘッド

掃除するまではそんなに汚れていると自覚していなかったシャワーヘッド。
分解していくと、意外と内部が汚れていてびっくり。
シャワーヘッド掃除のBeforeとAfter
散水板まわりにあったくすみが消えて、全体の黄ばみや黒ずみも落ちました。
シャワーヘッドの内部
ヘッド内部の黄ばみも落ちました。
接続部分にあった黒ずみも、キレイに落ちてピカピカです。

ホースの黒カビ

最後に、ポツポツと黒カビが目立っていたホースのBeforeAfter。
オキシ漬けだけでは落ちなかったので、重曹ペーストで磨くとかなり目立たなくなりました。

もっとも効果的だったのは、ジェル状の塩素系漂白剤「かびとりいっぱつ」による漂白。
全てのカビがスッキリとなくなりました。
カビが消えたシャワーホース
掃除後に改めてシャワーを見て、こんなにきれいだったんだと驚きました。
定期的なお掃除は大切ですね。

落ちにくかった汚れもクエン酸でスッキリ

クエン酸
お風呂の浴槽用の洗剤は中性やアルカリ性のものが主流です。
シャワーヘッドは、普段あまり使わない酸性の液(クエン酸など)につけるだけで、今まで落ちにくかった水垢を落とすことができます。

重曹・セスキ・オキシクリーンなどのアルカリ性の洗剤でしかつけ置きしたことない場合は、まずはクエン酸水につけ置きしてみてください。
アルカリ性の洗剤では落とせない、カルキ汚れや水垢がきれいに取れます。

つけ置きに使った洗面器のザラザラまで落とすことができるので、一石二鳥ですよ。

▼今回使用した洗剤

OXICLEAN(オキシクリーン)
¥496 (2022/05/24 11:15:10時点 Amazon調べ-詳細)
重曹活用術キッチンの油汚れ以外にも!重曹ホイップ・スプレー・ペーストの使い分けと活用方法 オキシ漬けでピカピカ!オキシクリーンで効率よくキレイにする洗濯槽掃除のコツ