「おうち焼肉」は事前対策が重要!ニオイ・汚れを防いで後片付けを楽にするコツ

焼肉後の気になるにおいをなくす方法

自宅で焼肉をする時に気になるのが、部屋にこびりつく「ニオイ」。

焼肉後は衣類だけでなくソファー・カーテン・床など、部屋中のあらゆるものに焼肉のニオイが残ってしまいます。

また、調理で汚れたホットプレートの後片付けや周りに飛び散った油の処理も大変なので、ついホットプレートでの調理を避けてしまいがち。

今回の記事では、後片づけの大変さや調理残臭などを気にせず、おうち焼肉を楽しむ方法をご紹介します。

焼き肉後の気になるニオイの原因(油煙)と事前対策

焼肉をするときに気になる油煙
焼肉をした後に残るニオイの原因は、油を含んだ煙=「油煙」と言われています。

この油煙が、カーテンや衣類などのファブリック類や床や壁にも吸着して、あの焼肉後の独特の残り香が発生するのです。

焼肉後の気になるニオイを防ぐには、油煙が部屋に残らないようにすることが「鍵」となります。

まず気をつけたいのは、ニオイがついてほしくない部屋の扉を閉めておくこと。
焼肉のニオイが侵入しないように、しっかりと閉めておきましょう。

特に、寝室の布団はニオイがつきやすいので要注意です。

カーテンなどのニオイ対策

また、焼肉をする部屋のカーテンはなるべく、カーテン留め(タッセル)などで端にまとめておきます。
畳めないカーテンにはあらかじめ消臭スプレーをしておくと、ニオイがつきにくいです。
焼肉をする前にカーテンに消臭スプレーをしておく
着ている衣類にも、焼肉をする前にあらかじめ消臭スプレーをしておいた方が、ニオイがつきにくくなりました。

焼肉の事前準備として欠かせない「換気」のコツ

他にもニオイ対策として事前にやっておける重要なポイントは「換気」です。

換気することで、空気の流れ道を作っておきます。
換気扇を回すのはもちろん、新しい空気を入れるため、窓を少し開けておくことが大切。
焼肉をする前の換気でニオイ対策
ホットプレートを中心にして、窓と換気扇が対角線上になるように窓を開けておくとベストです。

窓からの風だけで風量が弱いときは、開けた窓の前に扇風機を置くと効率よく換気できます。
扇風機の向きはホットプレートや換気扇のある方向に向けておくと、部屋の中にニオイを効率よく排出できます。
焼肉後に効率よく換気する方法

テーブル・床・壁などの油ハネ対策にも効果あり

机の上やファブリック類の上に新聞紙を敷いておくのも効果的です。
わが家では、焼肉の際には必ずホットプレートの下に新聞紙を敷くようにしています。
焼肉の後片付けを楽にする油ハネ対策
また、油煙は高温になるほど発生しやすくなります。

わが家では、以前はホットプレートの温度を250度にして肉を焼くことが多かったのですが、試しに200度くらいに下げて焼肉をするようにしたら煙が出にくくなりました。
温度に気をつけるだけで、ニオイだけでなく床のべたつきも減りました。

肉の種類でも煙の出やすさが違う?
脂身の多いお肉ほど、煙が出やすいです。煙が多く出れば出るほど、どうしてもニオイも強くついてしまいます。
 
煙の発生が少ない(脂身が少ない):ヒレ肉・もも肉・スネ・ランプ(腰からお尻にかけての赤身の部分)・ササミ
煙の発生が多い(脂身が多い):サーロイン・バラ肉・カルビ・ホルモン
 
※脂身の少ない肉を選んでも、タレつきの肉は煙が出やすいので注意しましょう。

ホットプレートの後片付け方法と油汚れをすっきり落とすコツ

ホットプレートは、使用後にすぐに水を400mlほど入れ、プレートの底に水がたまるようにします。

それから再度ホットプレートの温度を上げて水を沸騰させてからキッチンペーパーを滑らせることで、簡単に汚れを浮き上がります。
ホットプレートのお手入れ
その後、ホットプレートが冷めたら、中性洗剤で洗ってからしっかりとすすぎます。
一度水を入れて沸騰させているので、強力な成分の洗剤を使わなくても、汚れが簡単に落ちていきます。
焼肉後のホットプレートの洗い方

後片付け手順のまとめ
  1. 使用後すぐに水(約400ml)を入れる
  2. ホットプレートの温度を上げて沸騰させる
  3. キッチンペーパーを箸などで軽く滑らせ、汚れを浮き上がらせる
  4. ホットプレートが冷めてから、中性洗剤で洗い、しっかりとすすぐ
こちら(↓)が、掃除後の様子です。
調理した後はコゲや油汚れでギトギトでしたが、スッキリときれいになりました。
綺麗に洗い終えたホットプレート

床やファブリック類などに焼肉のニオイがついた場合の取り方

床の油汚れやニオイには、フローリング用のウェットシートを使うのがオススメ。
重曹やセスキ、アルカリ電解水配合のものは、より油が落ちやすい傾向にありますが、同時にワックスもはがれやすいので要注意です。
ワックスがけした床の掃除には注意
家具やファブリック類におすすめなのが、消臭スプレーです。

家族がいる部屋で広範囲にスプレーするため、「無臭タイプ」がオススメです。
カーテン、椅子、ソファーなどにも忘れずスプレーしておきましょう。
焼肉後はソファにも消臭スプレーを

焼肉後の消臭に効くのはクエン酸?それともアルコール?

消臭スプレーにも、さまざまな成分の物があります。
例えば、ぱっと思いつく代表的な消臭スプレーと言えば、下記の3つが挙げられます。

  • 酸性のクエン酸スプレー
  • 中性のアルコールスプレー
  • アルカリ性の重曹スプレー
焼肉の油煙は「酸性」なので、同じ酸性の成分である「クエン酸スプレー」は、残念ながら効果がありません。

効果はあるが取り扱いには注意が必要なアルコールスプレー

アルコールスプレーには油を溶かす性質があるので、消臭スプレーとして使うことが可能。
アルコールに耐えられる素材の机の上やホットプレートなどの掃除には使えます。

スプレーだけでなくアルコール成分入りの除菌シートも、拭き掃除などに便利に使えますね。
ただし、使用する時には注意点がいくつかあります。

アルコールを使う時の注意点

ワックス・ペンキ・ニスなどの塗装部は、アルコールを吹き付けると傷んでしまう可能性があります。また、白木や桐の家具にも使えません。
プラスチックでも、アクリル製やスチロール製のものには使用できません。

先ほども少し触れましたが、床のワックスとも反応して白くなってしまう可能性もあります。

アルコールは火気厳禁
気をつけたいのが、ホットプレートなど電化製品のコンセントや配線付近。スパークによる引火の危険があるため使用できません。
アルコールスプレーは火気厳禁なので、ホットプレートの使用後に使うようにしましょう。

重曹スプレーも効果あり!簡単な手作りスプレーの作り方もご紹介

もう一つ、焼肉後の消臭に使えるのが、アルカリ性の「重曹スプレー」です。
焼肉の後の酸性臭を、アルカリ性の重曹が中和してくれます。
重曹で作る消臭スプレー

重曹スプレーの材料

  • 200mlの水
  • 小さじ2杯(8g)

上記の材料をスプレー容器に入れ、重曹が溶けるまでよく振って混ぜます。
カーテンやテーブル、ソファー、机の上、ホットプレートなどあちこちで使えます。

※ホットプレートのお手入れは機種によって異なりますので、あらかじめ取扱説明書を確認してください。
ホットプレートに使える手作りの消臭スプレー

重曹を使う時の注意点

重曹スプレーを床にも使いたいときは、ワックスがはがれる可能性があるので、規定量より薄めに作るとよいでしょう。

衣類にもスプレーできますが、アルミや銅に反応してしまうことがあるので装飾品や金属製のボタンなどには直接スプレーしないように気を付けてください。

その他、漆器や木製の家具なども傷む可能性があるので使用できません。

アルコールフリー!天然素材100%の除菌消臭スプレーもおすすめ

手作りするのが面倒な場合や、使えない素材などが多くて注意点が気になる場合は、市販の消臭スプレーがオススメ。

わが家では「ジオナチュレ」という天然成分の消臭スプレーを愛用中。
ジオナチュレ 除菌消臭スプレー 除菌消臭スプレー 250ml
アルコールフリーなのに、除菌もしてくれるので手荒れの心配がいりません。

火気厳禁ではないので、ホットプレートを使用中にも安心して使えます。
もちろん消臭力もしっかりあって、焼肉前の自分の衣類にも安心してスプレーすることができました。

ペットや赤ちゃんのいる家庭にも、特におすすめです。
水、貝殻焼成カルシウムだけで作られているので、食器に触れても安心なのが主婦には嬉しいポイントですね。

衣類には焼肉前にあらかじめスプレーしておいたので、焼肉後には全くニオイがついていませんでした。

まとめ

楽しいおうち焼肉
事前にいくつかの対策をして、焼肉後もしっかりと掃除をすれば、部屋につくニオイはだいぶ抑えることができます。

焼肉後はすぐに換気をやめてしまわず、できるだけ長い時間外気を取り込みながら換気を続けましょう。
そうすれば、うっかりついてしまったニオイも軽減されます。

ホットプレート自体の汚れも臭いの原因となるので、なるべく先延ばしせずに早めに後片付けするのもポイント。

今回ご紹介した方法やコツで、おうち焼肉を楽しんでみてくださいね。
 
▼記事内でご紹介した消臭スプレー

¥1,250 (2021/12/03 12:12:14時点 楽天市場調べ-詳細)
 
誰でも簡単に作れる重曹やクエン酸を使った消臭・除菌スプレーの作り方と使い方家じゅうの気になるニオイと菌を対処!アルコール入り消臭・除菌スプレーの作り方 水アカ除去・除菌・消臭できるクエン酸掃除で梅雨の時期もスッキリ