howsie magazine

おすすめのIHフライパン

【2023年版】IHフライパンのおすすめ17選。後悔しない選び方のポイント

キッチン

年々、需要の高まりとともに種類が増えている、IHコンロ対応のフライパン。でもIHで使うフライパンを選ぶときは、大きさや素材に気をつけないと、そもそも調理自体ができないということにもなりかねません。

今回はそんなIHフライパンの選び方やおすすめのアイテム、最新の人気のランキングなどを一挙にご紹介します。

ネットショップで10年間、商品ページの制作を担当。キッチングッズやゴミ箱などの商品を知り尽くすプロ。豊富な商品知識と主婦歴20年の家事経験で、ライフスタイルにマッチしたアイテムをご提案します。

IHフライパン選びで失敗しないためのチェックポイント

IH対応のフライパンには、安全基準を定めた「SGマーク」の一種「SG CH・IH」または「SG IH」と表記されています。

まずはこのマークがあるかどうかを確認するようにしましょう。

【チェック1】コンロにあったサイズか

IHフライパンの選び方のポイント「IHコンロに合ったサイズかをチェック」

▲写真撮影:ハナ

IH調理器は、火を使わずに磁力線によって発熱させる仕組み。フライパンを選ぶときは、コンロのヒーターに描かれている円(コイル部分)の大きさに合うフライパンの底の広さを選ぶ必要があります。

IHコンロの規格にもよりますが、加熱スペースが3つある一般的なコンロの場合、手前の2つのIHは底径約12~26cm、後方にあるIHは底径約12~18cmが目安。またトッププレートに描かれた円よりも小さい12cm以下の底面のフライパンだとIHがうまく稼働しません。また26㎝より大きすぎると均一に熱が回りません。

フライパンに表記されているサイズは、フライパン最上部の淵、その内側の直径を測ったものです。一派天気には底面の直径については書かれていません。ただ、底面の直径は表示サイズよりもやや小さめであることがほとんどです。そのため、一般的に使いやすいとされている18cm~26cm範囲のものを選べば、まず失敗は少ないでしょう。

フライパンのサイズの目安

  • 18~20cm…目玉焼き(1~2枚)が焼けるくらいのサイズ。ちょっとした朝食のおかずや、お菓子作りなどにも。
  • 24~26cm…炒め物(2~3人前)ができるサイズ。あらゆる焼き物・炒め物がしやすい。
  • 28cm以上…メインのおかず(例えばハンバーグなら4~5人前)をまとめて焼けるサイズ。4人以上の家族向け。

どんな料理をどのくらいの頻度で使うかを考えて、ぴったりのサイズを選ぶと失敗しませんよ。

【チェック2】熱ムラが出にくいか

IHコンロで調理をする際に、真ん中だけ焦げてしまったとか、まわりにや焼き色がつきにくいといった経験をされた方もいらっしゃるかもしれません。IHでは電磁コイルが真ん中付近にあるため、どうしてもこういった熱ムラが出てしまいがちです。

使う際には、IHコンロからあまり離さず使うこと、IHコンロにあったフライパンのサイズを選ぶこととと最後に大事なのが素材です。

一般的なIHヒーターなら、鉄とステンレスが使え、オールメタル対応のIHヒーターなら、すべての金属製のフライパンが使用可能です。

  • 鉄 
    蓄熱性と耐熱性に優れているのが特徴。重さがあってあおりにくいのでIHで使うのにぴったり。ただし使い始めに必要な「空焼き」作業はIHではできないので、「空焼き不要」と書いてあるアイテムを選ぶ必要がある
  • ステンレス製
    加熱効率も高く、高熱にも耐え丈夫。余熱調理もできるので、煮込み料理を作ることも可能。ただし、熱伝導率が低くなかなか温まらない難点。そのため熱伝導率の高いアルミ製との多層構造のものを選ぶのがおすすめ
  • アルミ製
    軽くて扱いやすい。熱伝導率が高いので手早く調理することが可能。ただし耐久性には優れていないのが難点。デメリットを補い合うステンレスと多層構造のものを選んでも◎

【チェック3】焦げつきにくいか

IHフライパンの選び方のポイント「焦げ付きにくい加工か」

先ほど紹介したいずれの素材も、表面加工がされていないものは扱い慣れていないと焦げ付きやすいものも。焦げは手入れもしにくいので、プチストレスになりますよね。そこで表面加工をされているものを選ぶのもひとつの手です。

  • フッ素樹脂加工
    価格も手ごろ。軽くて扱いやすいが、高熱には耐えられない。また摩耗にも弱く、金属ヘラが使えない場合も
  • ダイヤモンドコート加工
    フッ素樹脂加工にダイヤモンド粒子を混ぜて耐久性を高くしたもの
  • マーブルコート加工
    フッ素樹脂加工のものより耐久性があって金属ヘラを使ってもOKのものがほとんど。ただし高熱には弱いので、強火では使えない
  • チタンコート加工
    耐久性が高く、くっつきにくさが他のコーティングに比べ比較的長持ちする
  • セラミック加工
    耐熱温度が高いことと遠赤外線効果が期待できる。ただ他のコーティングよりくっつきやすい

ただし、いずれのコーティング加工の場合でも寿命はあります。少しでも長く使うために、金属ヘラの使用や強火、空だきはしないようにしましょう。

【チェック4】底面は平たいものを

IHフライパンの選び方のポイント「底が平たいものを選ぶ」

IHコンロではヒーター部分にフライパンの底がしっかりと密着することが重要です。そのため、IHフライパンは底面が平らなものを選ぶようにしましょう。中華鍋のように底面が丸いものは、IHヒーターとの接着する面が少ないため適していません。

【チェック4】使い勝手・扱いやすいか

IHフライパンの選び方のポイント「適温温度を知らせる機能付きのフライパン」

熱ムラが出てしまうのが心配なら、適温温度を知らせるものも発売されています。

また、食洗機をお持ちの方は、食洗機対応かどうかもチェックするとよいでしょう。

1本目に最適【お手頃価格】で買えるIHフライパン

一般的な相場3000円よりもお手頃な価格で買えるIH対応のフライパンをセレクト。誰でも扱いやすい軽量タイプのもので、なるべくコーティングに優れたものを厳選しました。サイズは26センチでそろえています。

炒め物がラクにできる軽量フライパン

<p><b>フワリード</b><br />
たまご1パック分よりも軽いフライパン。鍋をあおる炒め物の時も疲れずに調理することができます。内面は「ファインダイヤモンドコート」特殊フッ素樹脂加工で、こびりつきにくく耐久性にも優れています。</p>

フワリード

アイテムを見る

フワリード
たまご1パック分よりも軽いフライパン。鍋をあおる炒め物の時も疲れずに調理することができます。内面は「ファインダイヤモンドコート」特殊フッ素樹脂加工で、こびりつきにくく耐久性にも優れています。

熱伝導がよく初めてでも扱いやすいフライパン

<p><b>タフコ 軽量ダイヤモンドマーブルキャスト</b><br />
お手頃な価格でありながらオール熱源に対応。熱伝導率もよく、軽量で扱いやすいフライパンです。サイズ展開も豊富にあり、初めてIH対応フライパンを買う人にもおすすめです。</p>

タフコ ダイヤモンドマーブルキャスト

アイテムを見る

タフコ 軽量ダイヤモンドマーブルキャスト
お手頃な価格でありながらオール熱源に対応。熱伝導率もよく、軽量で扱いやすいフライパンです。サイズ展開も豊富にあり、初めてIH対応フライパンを買う人にもおすすめです。

フッ素+マーブル加工でお手入れ簡単

<p><b>「IHピオーネ」フライパン</b><br />
優れた熱伝導性と軽さが自慢のフライパンです。アルミニウム鋳物製のため熱まわりがよく、お料理をおいしく仕上げます。フッ素樹脂塗膜にマーブル加工がプラスされ、お手入れが簡単なのがうれしいポイント。</p>

「IHピオーネ」

アイテムを見る

「IHピオーネ」フライパン
優れた熱伝導性と軽さが自慢のフライパンです。アルミニウム鋳物製のため熱まわりがよく、お料理をおいしく仕上げます。フッ素樹脂塗膜にマーブル加工がプラスされ、お手入れが簡単なのがうれしいポイント。

少量の油で調理できるセラミック製

<p><b>トレンド セラミックIHフライパン</b><br />
セラミックコーティング加工が施されたフライパン。少量の油でもこびりつきにくいのが魅力。調理の状態が分かりやすい白いボディもポイントです。オール熱源に対応。</p>

トレンド セラミックIHフライパン

アイテムを見る

トレンド セラミックIHフライパン
セラミックコーティング加工が施されたフライパン。少量の油でもこびりつきにくいのが魅力。調理の状態が分かりやすい白いボディもポイントです。オール熱源に対応。

すぐ温まる!【熱伝導に優れた】IHフライパン

IHコンロでも失敗なくおいしく調理できる、熱伝導性に優れたフライパンです。熱ムラが起きにくいので、わざわざ調理中にフライパンの位置をずらすなどをする必要がありません。こちらも大きさは26センチでそろえてみました。

熱がムラなく伝わりおいしく仕上がる

<p><b>「エヌトーン」フライパン</b><br />
ブラックカラーの本体と木目調のハンドルが特徴の「エヌトーン」シリーズのフライパン。本体は変形に強いアルミダイカスト製です。底厚なので熱がムラなく伝わるのも特徴。外面にもセラミック加工を施してあるため、汚れを落としやすくキズがつきにくいので安心して使えます。</p>

「エヌトーン」

アイテムを見る

「エヌトーン」フライパン
ブラックカラーの本体と木目調のハンドルが特徴の「エヌトーン」シリーズのフライパン。本体は変形に強いアルミダイカスト製です。底厚なので熱がムラなく伝わるのも特徴。外面にもセラミック加工を施してあるため、汚れを落としやすくキズがつきにくいので安心して使えます。

すばやく調理がスタートできるフライパン

<p><b>「IH-LEON レオン」フライパン</b><br />
IHとの相性がよい全面2層構造のフライパン。熱伝導性はもちろん、加熱性にも優れており、短時間で調理が開始できます。熱ムラもなく焼き目がきれいに仕上がるのもポイント。側面を薄く延ばすスピニング加工が施されているため、とにかく軽くて扱いやすいフライパンです。</p>

「IH-LEON レオン」

アイテムを見る

「IH-LEON レオン」フライパン
IHとの相性がよい全面2層構造のフライパン。熱伝導性はもちろん、加熱性にも優れており、短時間で調理が開始できます。熱ムラもなく焼き目がきれいに仕上がるのもポイント。側面を薄く延ばすスピニング加工が施されているため、とにかく軽くて扱いやすいフライパンです。

独自コーティング耐久性抜群のフライパン

<p><b>ビタクラフト「ソフィアII」フライパン</b><br />
キッチンツールブランドとして有名なビタクラフトの人気フライパンです。ステンレスとアルミの全面2層構造で、抜群の熱効率を実現。内側には独自の高密度3層フッ素樹脂コーティングが施されているので、食材がくっつきにくく摩耗にも強いのが特徴。長く快適に調理できるフライパンです。</p>

ビタクラフト「ソフィアII」

アイテムを見る

ビタクラフト「ソフィアII」フライパン
キッチンツールブランドとして有名なビタクラフトの人気フライパンです。ステンレスとアルミの全面2層構造で、抜群の熱効率を実現。内側には独自の高密度3層フッ素樹脂コーティングが施されているので、食材がくっつきにくく摩耗にも強いのが特徴。長く快適に調理できるフライパンです。

揚げ物や蒸し料理もOKの深型フライパン

<p><b>貝印「O.E.C.」脇雅世フライパン</b><br />
料理研究家脇雅世さん監修の、熱伝導性と保温性の両方に優れたフライパン。5.7cmの深さがあるので、炒める、焼くはもちろんゆでる、揚げる、蒸す、炒め煮など様々な料理がこれ1つでOK! ハンドル部分は耐熱温度230度でオーブン調理にも対応しています。</p>

貝印「O.E.C.」

アイテムを見る

貝印「O.E.C.」脇雅世フライパン
料理研究家脇雅世さん監修の、熱伝導性と保温性の両方に優れたフライパン。5.7cmの深さがあるので、炒める、焼くはもちろんゆでる、揚げる、蒸す、炒め煮など様々な料理がこれ1つでOK! ハンドル部分は耐熱温度230度でオーブン調理にも対応しています。

目で見て分かる!【適温のお知らせ機能付き】IHフライパン

まだ温まっていなかったり逆に熱しすぎてしまったりと、フライパンに食材を入れるタイミングは難しいもの。また調理中も温度を管理できると料理の失敗が少なくなります。適温が目で見て分かるお知らせ機能付きのフライパンをご紹介します。

取っ手の色でベストなタイミングが分かる

<p><b>D&S「サーモフィール」</b><br />
取っ手の金具全体の色が黒から赤に変わってきたら、余熱完了の合図。料理初心者でも食材を入れるタイミングが簡単に分かります。フチと底を厚くすることで熱が均一に伝わり料理がおいしく仕上がります。またサイドを薄くすることで軽くなるように作られているのもうれしい点。</p>

D&S「サーモフィール」

アイテムを見る

D&S「サーモフィール」
取っ手の金具全体の色が黒から赤に変わってきたら、余熱完了の合図。料理初心者でも食材を入れるタイミングが簡単に分かります。フチと底を厚くすることで熱が均一に伝わり料理がおいしく仕上がります。またサイドを薄くすることで軽くなるように作られているのもうれしい点。

1度刻みの温度管理でプロ級の調理ができる

<p><b>ビタクラフト テンプパンII</b><br />
センサーで計測した温度を、取っ手のパネルに1度刻みで表示できるIHフライパンです。リアルタイムで調理面の温度が分かり、誰でも簡単に素材の良さを引き出すことができます。表示パネルはワンタッチで取り外せてお手入れもラクにできます。</p>

ビタクラフト テンプパンII

アイテムを見る

ビタクラフト テンプパンII
センサーで計測した温度を、取っ手のパネルに1度刻みで表示できるIHフライパンです。リアルタイムで調理面の温度が分かり、誰でも簡単に素材の良さを引き出すことができます。表示パネルはワンタッチで取り外せてお手入れもラクにできます。

使い勝手抜群!【取っ手がとれる】IHフライパン

取っ手がとれるタイプのIHフライパンは、収納する時も場所をとらず、いろいろな使い方ができるのでおすすめ。取っ手が取れるフライパンというとティファールが有名ですが、実は他のメーカーからも、使い勝手のよいシリーズが出ています。

取っ手がガタつかずしっかり持てる

<p><b>サーモス「取っ手のとれるフライパン」 5点セット</b><br />
取っ手は、ワンタッチで簡単につけ外しが可能。フライパンの固定部がシリコーンなので、ガタつきが少なくしっかり固定することができます。フライパン20cm・26cm、鍋18cm、フライパン専用取っ手、鍋専用フタ18cmのセットです。</p>

取っ手のとれるフライパン 5点セット

アイテムを見る

サーモス「取っ手のとれるフライパン」 5点セット
取っ手は、ワンタッチで簡単につけ外しが可能。フライパンの固定部がシリコーンなので、ガタつきが少なくしっかり固定することができます。フライパン20cm・26cm、鍋18cm、フライパン専用取っ手、鍋専用フタ18cmのセットです。

丈夫で長く使える内面3層コーティング

<p><b>「スタックプラス」ブルーダイヤモンドコートフライパン5点セット</b><br />
ブルーダイヤモンドコートの鍋・フライパンセットです。全て重ねてコンパクトに収納できます。内面3層コーティングで、耐摩耗に優れ丈夫で長持ち。マルチポット18cm、フライパン20cm・26cm、ガラスぶた18cm、専用ハンドルのセットです。</p>

「スタックプラス」ブルーダイヤモンドコート

アイテムを見る

「スタックプラス」ブルーダイヤモンドコートフライパン5点セット
ブルーダイヤモンドコートの鍋・フライパンセットです。全て重ねてコンパクトに収納できます。内面3層コーティングで、耐摩耗に優れ丈夫で長持ち。マルチポット18cm、フライパン20cm・26cm、ガラスぶた18cm、専用ハンドルのセットです。

煮込み料理から炒め物までマルチに活躍

<p><b>「ToMay」 IH2WAYマルチパン</b><br />
取っ手をつけるとフライパンになる鍋で、これひとつあれば煮込みから炒め物までマルチに調理できます。とにかくアイテム数は少なく済ませたい方におすすめ。マルチパン本体に、取っ手とフタがついたセットです。</p>

「ToMay」IH2WAYマルチパン

アイテムを見る

「ToMay」 IH2WAYマルチパン
取っ手をつけるとフライパンになる鍋で、これひとつあれば煮込みから炒め物までマルチに調理できます。とにかくアイテム数は少なく済ませたい方におすすめ。マルチパン本体に、取っ手とフタがついたセットです。

長く使える!【高品質】のIHフライパン

一般的に、フッ素樹脂やセラミック、ダイヤモンドといった加工が施されているフライパンの寿命は1〜3年程度が平均と言われています。普段の使い方やお手入れによっては、さらに短くなることも。「少しでも長持ちするフライパンが欲しい!」「高品質なフライパンを選びたい」という場合は、人気メーカーやブランドから選ぶのもひとつの手です。ここでは、長く使える高品質なフライパンをご紹介します。

初心者でも使いやすい鉄フライパン

<p><b>ビタクラフト「スーパー鉄」ウォックパン</b><br />
より長く使いたい方には、やはり鉄製がおすすめ。こちらのフライパンは、鉄の弱点であるサビやすさをクリアした、ビタクラフト独自の「窒化4層加工」が施されています。焼き入れや油引きなどの面倒なお手入れも不要で、鉄のフライパン初心者でも安心。</p>

ビタクラフト「スーパー鉄」

アイテムを見る

ビタクラフト「スーパー鉄」ウォックパン
より長く使いたい方には、やはり鉄製がおすすめ。こちらのフライパンは、鉄の弱点であるサビやすさをクリアした、ビタクラフト独自の「窒化4層加工」が施されています。焼き入れや油引きなどの面倒なお手入れも不要で、鉄のフライパン初心者でも安心。

見た目も美しいヒスイコーティングのフライパン

<p><b> ヒスイ&ダイヤモンド Wストーン</b><br />
天然石ヒスイをセラミックコーティングした、見た目も美しいライトグリーンのフライパンです。こげつきにくく、お手入れも簡単。耐熱性がよいため、空だきしてしまっても安心です。遠赤外線効果もあり、エコクッキングにおすすめ。</p>

ヒスイ&ダイヤモンド Wストーン

アイテムを見る

ヒスイ&ダイヤモンド Wストーン
天然石ヒスイをセラミックコーティングした、見た目も美しいライトグリーンのフライパンです。こげつきにくく、お手入れも簡単。耐熱性がよいため、空だきしてしまっても安心です。遠赤外線効果もあり、エコクッキングにおすすめ。

旨味を閉じ込めるマグマプレートの鉄フライパン

<p><b>「匠」マグマプレート</b><br />
日本製の高品質鉄材を使用したフライパンです。内側と外側に細かい凹凸のついた独自開発の「マグマプレート」が、熱伝導率をさらに高めて食材の旨味を閉じ込めます。また鉄フライパンで気になりがちな、食材のこげつきやこびりつきを防ぐ特殊加工が施されているため、ストレスなく調理できます。</p>

「匠」マグマプレート

アイテムを見る

「匠」マグマプレート
日本製の高品質鉄材を使用したフライパンです。内側と外側に細かい凹凸のついた独自開発の「マグマプレート」が、熱伝導率をさらに高めて食材の旨味を閉じ込めます。また鉄フライパンで気になりがちな、食材のこげつきやこびりつきを防ぐ特殊加工が施されているため、ストレスなく調理できます。

化学物質を使わない加工で安心して使える

<p><b>「グリーンパン」メイフラワー</b><br />
世界で初めてフッ素樹脂を使わないノンスティッククックウェアを開発したベルギーのブランド「グリーンパン」の人気シリーズ。充分な厚みのあるアルミ素材の本体底部には熱効率のよいマグニート加工が施されているので、IHを含むあらゆる熱源で効率的に発熱します。</p>

「グリーンパン」メイフラワー

アイテムを見る

「グリーンパン」メイフラワー
世界で初めてフッ素樹脂を使わないノンスティッククックウェアを開発したベルギーのブランド「グリーンパン」の人気シリーズ。充分な厚みのあるアルミ素材の本体底部には熱効率のよいマグニート加工が施されているので、IHを含むあらゆる熱源で効率的に発熱します。

【番外編】2023年IHフライパンの売れ筋ランキングTOP7を紹介

ここからは、今年もっとも売れている人気のIHフライパンを、ランキング形式でご紹介します(姉妹店「リビングート 楽天市場店」2023年調べ)。

1位:使いやすい鉄フライパン
使い始めの「空焼き・油ならし」がいらない鉄フライパンです。油がなじんだ状態に仕上がっているため、鉄フライパン初心者でも扱いやすいのが魅力。さまざまなサイズ展開があり、各サイズとも上位30位以内にランクインするという人気ぶり。1位は28cmのものでした。
>>アイテムを見る

2位:ビタクラフト「ソフィアII」ウォックパン
熱効率に優れたステンレスとアルミの全面2層構造のフライパン。どのサイズも軒並み人気ですが、もっとも売れていたのは28cmのフライパン。20~28cmまでの幅広いサイズ展開なので、自分のライフスタイルに合ったものを探してみてください。
>>アイテムを見る

3位:「ピコット」ミニフライパン
ちょこっと調理したい時に便利な「ピコットシリーズ」のミニフライパンです。14cmのサイズでお弁当のおかずや一人分の朝食を作るのに重宝します。内側はこびりつきにくいふっ素樹脂加工が施され、外側は丈夫なステンレス鋼製で、耐久性抜群。
>>アイテムを見る

4位:タフコ 軽量ダイヤモンドマーブル 炒め鍋
28cmの深型フライパンですが、実際に手にした時の軽さに驚くこと間違いなし!焦げつきにくく、万が一焦げついた場合でも水だけで落とすことができます。浅型のラインナップも人気です。
>>アイテムを見る

5位:グリーンパンウッドビー」ウォックパン
安心、安全なセラミックコーティング加工のフライパン。熱変形に強く、熱をムラなく均一に伝えることができるので料理がおいしく仕上がります。ホワイトカラーとウッド調の取っ手のナチュラルデザインも◎。
>>アイテムを見る

6位:ビタクラフト「スーパー鉄」ウォックパン
長く使える鉄フライパンとしてご紹介したアイテム。ビタクラフト独自の加工でサビにくいのが特徴です。使うほどに油がなじみ料理がおいしく仕上がります。長く使いたい人におすすめの1本。
>>アイテムを見る

7位:「ネオキャスチール」鉄製フライパン
IHはもちろん、オール熱源に対応した鉄フライパン。強い火力で短時間調理ができるので、炒め物はシャキッと、チャーハンはパラッと仕上がります。24~30cmのラインナップのうち、ランクインしたサイズは26cmでした。
>>アイテムを見る

使いやすいIHフライパンで楽しいお料理ライフを

最新の人気ランキングでは、鉄製のフライパンが多く目立つ結果となりました。熱ムラが少なく長く使えるという観点から、鉄製フライパンはかなり優秀です。選び方のところでも書きましたが、IHコンロでは「空焼き」ができないため、できれば空焼き不要のアイテムを選ぶようにしてください。

一方で、フッ素コーティングやセラミックコーティングなどの技術は、日々進歩していて、軽くて丈夫で使い勝手のよいフライパンは増え続けています。今回のおすすめには、注目の最新アイテムも含めてご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

今回の記事が、家族の人数やよく作る料理のメニューなど、ライフスタイルに合ったフライパンを見つけるきっかけになれば幸いです。

関連記事