howsie magazine

魚焼きグリルのお手入れ

効率よく簡単にギトギトの油汚れをすっきり!魚焼きグリルの掃除方法とコツ

掃除

毎日のお料理で欠かせないのが魚焼きグリル。我が家ではお魚は週に5日は食べているので、グリル掃除は欠かせません。
でも、グリルってお掃除しにくくないですか? 油がギトギトだったり、コゲつきが残って取れにくかったり、魚の生臭さが残る時もあります。

とはいえ「お魚料理は、やはりグリルで焼くのが美味しい!」
これからもグリルを活躍させていくために、今回は我が家の簡単に効率よくできる「魚焼きグリルの掃除方法」を紹介します。

元小学校家庭科教諭。子どものハウスダストアレルギーをきっかけにおそうじにはまり、ブログ「節約ママのこだわり掃除」をスタート。時短家事や節約を楽しみながら日々研究中です。 著書「家族が笑顔になる おそうじの魔法」など。

わが家の魚焼きグリル

きれいに掃除した魚焼きグリル

魚焼きグリルと呼ばれるものには色々な形状がありますが、我が家で使っているのは、ガスコンロと一体になっている昔ながらの一般的に「水あり片面焼きグリル」と呼ばれるものです。
普段魚を焼くときは、「受け皿(トレー)に水を入れる」→「網で魚を焼く」という手順で使います。
ここからは、魚を焼いた後のグリルの基本的なお掃除の方法とコツをお伝えします。

効率のよい魚焼きグリルの掃除方法とポイント

<用意するもの>

  • 古布(ウエス)
  • 固形石けん(台所用)
  • コゲ落とし用タワシ

使う道具は、固形石けんと「ナイロンたわし」などコゲ落とし用のタワシ。固形石けんは台所用の物がおすすめです。洗濯用などに入っている物もある「蛍光増白剤」などが入っていないからです。

<p>スコッチ・ブライト</p>

スコッチ・ブライト

アイテムを見る

石けんは「アルカリ性」なので油汚れやコゲなどといった酸性の汚れにとても強いです。台所用の液体洗剤は中性タイプが多く、汚れが全く落ちないということはないのですが、何度もつぎ足して洗う必要があります。

<掃除の手順とポイント>

1.グリルが冷めたら受け皿の水を流します。油汚れがひどい場合は、古布(ウエス)で吸って、そのまま捨てています。

スコッチブライトでこする

2.コゲ落とし用のタワシに、固形石けんをつけます。その間、受け皿にぬるま湯を流して、網を少しでもふやかします。

魚焼きグリルの焼き網をこする

3.ぬるま湯を流して、網を挟むようにして網にそってタワシをずらします。なるべく1~2本ずつ丁寧に洗うと、洗い残しが少ないです。また同じように裏返して洗います。

グリルの焼き網の焦げ取り

4.最後に網の周囲も、挟むようにして洗うと網の堺までしっかり落とせます。この一手間で綺麗になります。

グリルの受け皿を洗う

5.網をどかして、受け皿も洗います。一度石けんをつけ直して洗うと油もスッキリ落ちますよ。くぼみに油がたまっているので、しっかり洗います。

魚焼きグリルの受け皿をすみずみまで洗う

6.受け皿の裏側も洗います。特に周囲のへこんだ場所に油汚れがたまりやすいので、全体の隙間まで洗います。

魚焼きグリルを拭き掃除する

7.ガスコンロ本体の汚れをマイクロファイバークロスで拭き取ります。汚れがひどい場合はアルカリ電解水をスプレーしてふき取っています。

グリルの中を拭き掃除

8.グリルの庫内など内部にコゲつきがある時は、ささっとマイクロファイバークロスで拭き取ります
染み付いた魚のにおいが気になる場合は一般的な市販の除菌スプレーか、クエン酸スプレーなどで拭き取ります。コゲはアルカリ電解水クリーナーで落ちやすくなります。

なかなか取れない頑固なコゲは?

一度コゲついて取れなくなってしまった頑固な汚れは、セスキや重曹、アルカリ電解水などのアルカリ性の洗剤につけ置きして、汚れをふやかしてから研磨剤入りの洗剤でこすり洗いをすると取れやすいです。

<p>ハイホーム</p>

ハイホーム

アイテムを見る

魚焼きグリルを汚さず綺麗に保つコツ

魚焼きグリルは少し開けておくといい

焦げ付かないようタイマー管理
料理する段階で、焦げないよう気をつけています。魚を焼きすぎると、コゲも網に頑固にこびりつきます。タイマー管理して、焼きすぎに注意していれば、掃除も楽ちんです。

その日のうちに洗う
魚を焼いたまま、放っておく時間が長くなると、においがグリル内部につきやすくなります。その日のうちに洗うようにすれば、においにくいです。洗い忘れないよう、グリルを使ったら、引き出しトレーを閉めずに少し開けておきます。

終わりに

細部まで届くコゲ落としタワシと石けんの組み合わせで、簡単に効率よくグリル掃除できます。
台所用せっけんは布巾や食器、鍋洗いにも使えるので、キッチンに一つあると便利です。

グリルを綺麗を保つことで、次に使う時も気持ちよく魚を焼くことができそうですね。

関連記事